失敗しない!卒業式・入学式の母親の服装は?

失敗しない卒業式・入学式の母親の服装は?

失敗しない卒業式・入学式の母親の服装は?

卒業式・卒園式や入学式・入園式での母親・ママの服装選び方の基本、買う時&レンタルする時のポイント、コサージュなどファッション小物の選び方などについて、スタイリストの武井美雪さんに聞きました!

【目次】
  1. 卒業式・入学式の母親の服装の選び方の基本
  2. 最近の卒入ママファッションの傾向
  3. お店でスーツを買う時のポイント
  4. ネット通販でスーツを買う時のポイントとおすすめサイト
  5. レンタルスーツのおすすめサイト
  6. 卒業式・入学式のアクセサリー
  7. コサージュやバッグなど小物の選び方
  8. コサージュ通販のおすすめサイト
  9. 卒業式は防寒対策をしっかりと
  10. 先輩ママの卒業式・入学式の服装体験談

卒業式・入学式の服装の選び方の基本

出典:tisse

出典:tisse


卒業式や卒園式・入学式や入園式の母親の服装は、ベーシックかつ上品なスタイルのスーツやセットアップが基本です。和装より洋装が人気です。

卒業式はおごそかな雰囲気なので、スーツの色はダークトーンが主流で、ブラック、ネイビー、濃いめのグレーなど。ブラックの場合は落ち着きすぎないよう、インナーやネックレスなどの小物で上品な華やかさを添えることが大切です。スカート丈はひざより下のものを。

入学式は、新しく始まる季節なので、ベーシックカラーは春っぽく明るめに。オススメカラーは、ベージュ、おさえめのうすいピンクやグレー系が良いでしょう。

もちろん、卒業式と入学式、同じ服でもOK!その場合は、インナーを変える、アクセサリーやバッグを変えるなどで、全体の印象をかなり変えることができます。
出典:ワールドオンラインショッピング

出典:ワールドオンラインショッピング

【最近の傾向】襟のないノーカラーのジャケットが人気

出典:ワールドオンラインショッピング

出典:ワールドオンラインショッピング

最近はあまりカッチリしすぎないテイストの物が主流です。襟のないノーカラーのジャケットが人気スタイルで、単色のスーツより「グレーのジャケットに黒ワンピース」などの組み合わせも。

スカートは、シフォン系のプリーツスカートや、クラシックな光沢をおさえたケミカルレースなど、ジャケットとは異なる素材のアイテムも人気。

卒業式・入学式だけではなく、授業参観・面談など、学校行事にも着回しできるよう、ジャケット+ワンピース+スカート(+パンツ)など3.4点がセットになったものや、単品でコーディネイトできるように販売されているアイテムもあります。

パンツスーツも、ツイード素材でシルエットが比較的きっちりしているアイテムだと映えます。たとえば上の画像は、パンツの前にセンタープレスがきっちり入ってワイドなシルエットなので、フォーマルシーンでもOK。

お店でスーツを買う時のポイント

サイズ合わせのためにも試着は必須

サイズ合わせのためにも試着は必須

スーツをお店で買う時は、素材や質感をしっかりチェック。見た目で気に入っても実際に着用するとイメージと違うこともあるのに加え、自分のサイズに合うものが大前提なので、試着は欠かせません。時間はかかっても、納得のいく1着を選びましょう。

買い物に行く時、仲良しのママ友に付き合ってもらい、客観的にチェックしてもらうのもオススメです!

ネット通販でスーツを買う時のポイントとおすすめサイト

サイズ展開が豊富なサイトが多い

サイズ展開が豊富なサイトが多い

スーツはネット通販でも購入可能です。お買い得のアイテムからデザイン性の高いアイテムまでバラエティに富んでいます。さまざまなネット通販サイトがありますが、以下の点を参考にセレクトするのがよいでしょう。
  • 細かいサイズが掲載されているサイト
  • 生地の質感が拡大でき、確認できるサイト
  • 着回しのコーディネートがたくさん掲載されているサイト
  • レビュー記事が充実しているサイト

■おすすめネット通販サイトはコチラ!
ワールドオンラインストア
シーン、スタイル、ブランド、サイズなどから好みのものを探せる。トレンドをおさえたおしゃれ感が満載。

マルイのネット通販
豊富なサイズ展開で、カラーバリエーションも豊富。スカートだけなど単品も扱っている。

TISSE(ティセ本店)
女性用のブラックフォーマル、通販専門店。ブラックを基調としたコーディネイトを検討している人におすすめ。

ベルメゾン
商品数が800点以上と多い。オーソドックスなスタイルが多く、安心感がある。

レンタルスーツを借りる時のおすすめサイト

卒業式&入学式の時期にしか着ないものだから、「スーツをレンタルする」という手もあります。

■オススメのスーツレンタルサイトはこちら!

Cariru 
定番カラーで、今時の流行も取り入れながらのわかりやすいサイト。標準的なものからブランドものまで幅広い。

RENCA(れんか) 
スーツ一式レンタルで4000円代~など、比較的お手頃な価格のアイテムが多いのが特徴。

DMMいろいろレンタル 
標準的なブランドからハイブランドまで、バラエティに富んだラインナップ。30万円くらいするハロッズのスーツが数千円で借りられたりするのが魅力。


卒業式・入学式のアクセサリー

パールのネックレスが基本

パールのネックレスが基本

卒業式や入学式では、パールのアクセサリーを身につけるのが正式なマナーですが、持っていない場合やお気に入りのアクセサリーがある場合は、ブラックパール、ダイヤモンド、ゴールド系のものを身につけてもOKです。

コサージやバッグなど、小物の選び方

コサージュ使いでフォーマル感をUP

コサージュ使いでフォーマル感をUP

スーツに欠かせない小物といえば、コサージュ。最近の主流としては、少し前に流行したきらびやかな布コサージュより、 マットな素材の布コサージュ・プリザーブドフラワー・アーティフィシャルフラワーで製作された控えめな色味の品の良いコサージュが人気です。コサージュひとつで全体のイメージが変わるので、慎重に選びたいもの。

卒業式はダーク系のコサージュ、入学式はパステル系のコサージュなど、使い分けるのもよいでしょう。

バッグは服と同じ系統の色を選びましょう。黒や紺のバッグは、どんな色の服にも合わせやすいものです。また、パステルカラーの服なら、ベージュ、白のバッグもOK。

サイズはハンドバッグなどが主流で、荷物が多くなる場合でもA4サイズ位までを目安にするといいでしょう。

式の後は、記念品など持ち帰る場合も多いので、少し大きめの手さげバッグも用意しておくと安心です。

コサージュ通販のおすすめサイト

コサージュをネット通販で購入する場合のおすすめサイトはこちら。

CREEMA
色々な作家さんが集まっているサイト。クオリティが高く、価格も比較的リーズナブなものが多い。

アトリエ染花
人と違ったこだわり感がある方にはこちらがおすすめ・直営店もあり。

ユナイテッドアローズ
ファッションブランドのオンラインサイトから探すのも手。品質が良いのはもちろん、その時の流行が取り入れられておすすめです。

卒業式は防寒対策をしっかりと

底冷えするので防寒対策を

底冷えするので防寒対策を

卒業式は3月下旬に行われることが多いですが、会場である体育館には太陽光が入らないため、かなり寒く感じてしまいます。式典で長時間すわる場合は、想像以上に体が冷えてしまうので、防寒対策をしっかり行いましょう。

ブラウスの下に温かいインナーを着る、使い捨てカイロは必須。スーツになじむストールやショールもあると便利です。

先輩ママの卒業・入学の服装体験談

「卒業式は紺のスーツで参加しました。少しでも華やかさを出したかったので、コサージュ選びにこだわり、時間をかけて選びました。他のママからも好評でしたよ。ワンポイントのこだわりも大切だと思いました」(30代・女の子のママ)

「上の子の入学式の5年後に、下の子の入学式に参加。スーツを新調する時間がなかったので、上の子の時のスーツを同じものを着ていったら、時代おくれ感をひしひしと感じてしまいました。当時は流行のスタイルのスーツだったのに、やはり時代は変わるものですね……」。(40代・男の子のママ)

「卒業式があんなに寒いものだとは知らなかった。防寒対策を何もせずに参加してしまったので、途中でトイレに行きたくなり、気が気ではありませんでした。卒業式に参加する場合は、防寒対策を万全にしてほうがいいですよ」(30代・男の子のママ)

「入学式。周りのママを見回すと、ピンク色のスーツを来た若いママが。“春らしい”というよりは、ビビットすぎて品がないように感じたことを覚えています。明るい色のスーツを着る場合は慎重に選びたいと思いました」。(30代・女の子のママ)

子供の晴れの場所である、卒業式・入学式。フォーマルな中にも自分らしさを取り入れたファッションで、新しい門出を祝いたいものです。

取材協力:スパイス オブ ウエディング スタイリスト 武井美雪


※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。