一人暮らしに揃えたい食器リスト・これは絶対使うもの!

一人暮らしの食器

いくら自炊をあまりしないといっても、食器がないとインスタント食品や冷凍食品すら食べにくいです。最低限の食器は用意しておきましょう

一人分のご飯なら、とりあえずこれだけあれば困らない。そんな食器をリストアップしてみました。もちろん料理が好きな人や器を楽しみたい人、またお客さんをよく呼ぶ人は、種類や数を増やしていってください。でも、まだ自分がどんな暮らしをするのかわからない一人暮らし初心者さんは、最初にこれだけ揃えておきましょう。どれも100円ショップで揃います。

■茶碗
ご飯をよそうお茶碗は、自分の食べる量に合わせた大きさで。持ったときに手になじむものだと食べやすいです。

■お椀
汁物用にお椀も揃えておきたいところ。電子レンジ対応のものだと、ちょっと温め直したいときなどに便利です。

■直径20~25cm程度の平皿
おかずを盛りつけるだけでなく、カレーやスパゲティにも。大きめにしておくと、複数のおかずを盛りつけてワンプレートのように使えます。

■丼
汁気のある麺類や丼物などを盛りつけます。おかず代わりになる、具だくさんのスープや味噌汁などにも。

■小皿・小鉢
副菜を盛りつけたり、しょうゆやソースなどを入れるたれ皿にも。これは同じ形状のものを数個持っておくと便利です。

■箸・スプーン・フォーク
必要に応じてナイフも用意しましょう。

■マグカップ・グラス
熱いものならマグカップ、冷たいものならグラスというのが一般的ですが、両用できるものだと便利です。

 

一人暮らしに揃えたい調理器具リスト・最低限これだけあれば!

一人暮らしの調理器具

最初に揃える調理器具は最低限に。料理に慣れてきてから、本当に必要なものを増やしていきましょう

「一人暮らしを始めたら、自炊をしよう!」と思っていても、いざ生活が始まってみると、なかなか思い通りに時間が作れないことがあります。最初から調理器具をあれこれ揃えすぎても、無駄になってしまうことも。だからといって何もなしでは、「ちょっとトマトを切りたい」「インスタントラーメンを温めたい」というときにも不便。最低限、これだけあれば困らない調理器具をリストアップしました。

■包丁
刃渡りが15~20cm程度のものが使いやすいです。ステンレスはお手入れが楽。100円ショップでも買えますが、安いものはすぐに使いにくくなるので、将来的に料理をする気持ちがあるなら2000円以上のものを。

■まな板
木製のまな板は切りやすいですが、お手入れが大変。自炊できるか不安な方は、手入れが楽でリーズナブルな、プラスチック製のものが便利です。

■フライパン
鍋かフライパンかと聞かれたら、フライパンをおすすめします。できればフタ付きがおすすめ。炒めるだけでなく、茹でたり煮たりするのにも使えます。フッ素樹脂加工だと調理やお手入れが楽です。

■鍋
カレーやシチュー、煮物などを作るのであれば、鍋がほしいところ。片手鍋でも両手鍋でもいいいですが、直径20cm以上あると、カレーなど量が多くなる料理でも対応できます。

■おたま・フライ返し
おたまは汁物をすくうのに、フライ返しは炒め物をするときに使います。フッ素樹脂加工のフライパンや鍋を使うのであれば、シリコンやナイロンといった傷つけにくい素材がおすすめ。

■キッチンばさみ
ちょっとしたものなら包丁を出さずに、キッチンばさみで切ってしまうと、まな板を汚さずに手軽です。包丁が苦手な人もキッチンばさみなら安心。

■トング
料理をつまんだりひっくり返したりするときに使います。菜箸よりも安定してつかめるので、料理が苦手な人も安心です。

 
【関連記事】
一人暮らし流・無駄にならない食器の選び方
一人暮らしの食費を節約!自炊と外食でお得なのは?
一人分鍋の素「鍋キューブ」徹底追究!
新味登場!プチッと鍋シリーズ全9種徹底食べ比べレポ
あと1000円で一週間乗り切るとしたら?



※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。