Twitterにある動画を保存するには別アプリが必要

Twitterに投稿された動画を保存する機能は、公式にはありません。そのため、別のアプリを使う必要があります。

この記事では、iPhone・Android端末いずれも無料で利用でき、比較的簡単に操作できる「Clipbox」というアプリを使った方法を紹介します(iOSはこちら、Androidはこちらです)。

大まかな流れとしては次のようになります。
  1. TwitterのURLをコピーする
  2. Clipboxアプリに動画をダウンロードする
  3. (iPhoneの場合)カメラロールにコピーする

<目次>  

動画保存手順1. TwitterのURLをコピーする

・iPhoneの場合
Twitterアプリで、動画があるツイートの右上にある「∨」をタップし、[その他の方法でツイートを共有]を選択したら、[ツイートへのリンクをコピー]をタップします。
(左)「∨」をタップし、[その他の方法でツイートを共有]をタップ。(右)[ツイートへのリンクをコピー]をタップ(表示されないときには左にスワイプ)

(左)「∨」をタップし、[その他の方法でツイートを共有]をタップ。(右)[ツイートへのリンクをコピー]をタップ(表示されないときには左にスワイプ)

・Android端末の場合
Twitterアプリで、動画があるツイートの下にある共有ボタンをタップし、[リンクをコピー]を選択します。
(左)共有ボタンをタップ。(右)[リンクをコピー]をタップ

(左)共有ボタンをタップ。(右)[リンクをコピー]をタップ

 

動画保存手順2. Clipboxアプリに動画をダウンロードする

ここはiPhone・Android端末で共通です。Clipboxアプリを開き、まず[クリップ]をタップしてから[ブラウザ]をタップします。
(左)[クリップ]をタップ。(右)[ブラウザ]をタップ

(左)[クリップ]をタップ。(右)[ブラウザ]をタップ


アプリ内でブラウザが開くので、URL入力欄に、先ほどコピーしたURLを貼り付けます(ペースト)。そして、動画を再生した状態で、画面下にある[+]をタップします。
(左)URL入力欄にURLを貼り付けてキーボードの決定をタップ。(右)動画の再生中に[+]をタップ

(左)URL入力欄にURLを貼り付けてキーボードの決定をタップ。(右)動画の再生中に[+]をタップ


確認画面が2回出るので、それぞれ[Are you ok?]、[Really?]をタップします。
(左)[Are you ok?]をタップ。(右)[Really?]をタップ

(左)[Are you ok?]をタップ。(右)[Really?]をタップ


そして、動画のファイル名を入力したら[OK]をタップします。これで、最初の画面にある[マイクコレクション]内に動画が保存されます。
(左)ファイル名を入力したら[OK]をタップ。(右)「マイクコレクション」に動画が保存された

(左)ファイル名を入力したら[OK]をタップ。(右)「マイクコレクション」に動画が保存された


Android端末では「ギャラリー」アプリ内に「Clipbox」フォルダが自動で作られ、その中に保存した動画があるので、次の「3. カメラロールにコピーする」は不要です。また、Clipboxアプリを削除してもはギャラリー内に動画は残ります。
Android端末では「ギャラリー」アプリ内に「Clipbox」フォルダができる

Android端末では「ギャラリー」アプリ内に「Clipbox」フォルダができる

 

動画保存手順3. (iPhoneの場合)カメラロールにコピーする

iPhoneの場合、Clipboxアプリを消すと動画も消えてしまうので、カメラロールにコピーしておくと安心です。画面右上にある[Actions]をタップし、コピーしたい動画を選択してから、下のメニューにある[カメラロール]をタップします(左にスワイプすると表示されます)。
(左)[Actions]をタップし、コピーしたい動画を選択して[カメラロール]をタップ。(右)写真アプリに保存できた

(左)[Actions]をタップし、コピーしたい動画を選択して[カメラロール]をタップ。(右)写真アプリに保存できた

 

Twitter動画の保存する際の注意点!鍵アカの動画は保存できるか

相手が鍵アカ(友達以外は非公開の設定)でも、友達になっていれば、この方法で動画を保存できます。ただし、ダイレクトメッセージ(DM)で届いた動画は、URLを取得できないため、この方法で動画を保存することはできません。また、動画を保存しても相手に通知が届くことはありません。

なお、保存した他人の動画を自分のものとしてTwitterに載せてはいけません。保存した動画は、個人で楽しむ範囲に留めましょう。

【関連記事】

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※OSやアプリ、ソフトのバージョンによっては画面表示、操作方法が異なる可能性があります。