Twitterに動画を載せてみよう

楽しい動画をアップしたい!

楽しい動画をアップしたい!

Twitterには写真だけでなく動画を載せている人が多くいます。人が話しているときや動くものは、動画のほうがわかりやすく、インパクトもあります。

この記事では、スマートフォン(iPhone・Android端末)とパソコンで動画を投稿する方法と注意点を紹介します。

サイズ・形式・時間などアップロードできる動画の条件

Twitterにアップロードできる動画には条件があります。2018年1月現在の条件は次のとおり。

■動画の形式
スマートフォンのアプリではMP4MOVの動画形式をサポート。ブラウザではMP4(H264形式、AACオーディオ)をサポートしています。

■動画のサイズ(容量)
アップロードできるサイズは最大512MBです。

■動画の時間
アップロードできる動画の長さは2分20秒間以内です。

■ブラウザでアップできる動画の解像度と縦横比
最小解像度: 32 x 32
最大解像度: 1920 x 1200、または1200 x 1900
縦横比: 1:2.39~2.39:1の範囲
最大フレームレート: 40fps
最大ビットレート: 25Mbps

参考:Twitterのヘルプセンター

スマートフォンから動画を投稿する方法

ここではiPhoneの画面で紹介しますが、Android端末でも最初の投稿アイコンが右下にあるだけの違いであり、大まかな流れは共通しています。

スマホから動画を投稿する方法は2つあります。Twitterアプリ内で動画を撮影して投稿する方法と、撮影済みの動画を投稿する方法です。

  • アプリ内で撮影してすぐに投稿する
わざわざ写真アプリなどに切り替えなくても済む方法です。投稿画面で[カメラ]をタップすると撮影モードに切り替わります。
(左)投稿アイコンをタップ(Android端末では右下にある)。(右)[カメラ]をタップ

(左)投稿アイコンをタップ(Android端末では右下にある)。(右)[カメラ]をタップ


次に、左下にある赤いカメラのアイコンをタップすると、動画撮影モードに切り替わります。中央の赤いカメラのアイコンを押している間だけ撮影できます。なお、右上のアイコンをタップするとインカメラに切り替わり、自撮りができます。
(左)赤いカメラのアイコンをタップ。(右)赤いカメラのアイコンを押している間だけ撮影できる

(左)赤いカメラのアイコンをタップ。(右)赤いカメラのアイコンを押している間だけ撮影できる


一度手を離してもまた押せば、複数の動画を撮ることができます。また、ドラッグで順番を入れ替えることもできます。撮影が終わったら[完了]をタップします。
(左)アイコンを押さえる、離すを繰り返すと複数の動画を撮影できる。(右)ドラッグで入れ替えることができる。終わったら[完了]をタップ

(左)アイコンを押さえる、離すを繰り返すと複数の動画を撮影できる。(右)ドラッグで入れ替えることができる。終わったら[完了]をタップ


あとは、[ツイート]をタップすれば動画を投稿できます。写真と同じように文章を添えることもできます。
(左)[ツイート]をタップ。(右)動画を投稿できた

(左)[ツイート]をタップ。(右)動画を投稿できた


この方法では、サイズが正方形に固定されること、順番を入れ替えるだけしかできない(次の方法でできるトリミングができない)ことに注意です。

  • 撮影済みの動画を投稿する
あらかじめ撮影したものを投稿する方法です。投稿画面で写真アイコンをタップすると、スマホ内にある写真と動画の一覧が表示されるので、その中から選びます。左下に再生可能時間が表示されるのが動画です。
(左)写真アイコンをタップ。(右)動画をタップ

(左)写真アイコンをタップ。(右)動画をタップ


すると、動画のうち必要な部分だけを切り取ることができる「トリミング(切り取り)」の画面に変わります。青いバーをドラッグして、前と後ろの不要な部分を含めないようにして、[切り取り]をタップします(Android端末の場合は同じ場所にある[トリミング]をタップ)。あとは[ツイート]をタップすれば投稿完了です。
(左)青いバーをドラッグしてトリミングしたら[切り取り]をタップ。(右)[ツイート]をタップすれば投稿できる

(左)青いバーをドラッグしてトリミングしたら[切り取り]をタップ。(右)[ツイート]をタップすれば投稿できる


この方法では、事前に撮影したサイズに固定されること、トリミングは前後しかできない、複数の動画を投稿できないことに注意です。


PCから動画を投稿する方法

パソコンから動画を投稿する方法は、スマホの2番目の方法とほぼ同じです。トップページで写真アイコンをクリックし、動画を選択してから[ツイート]をクリックします。
写真アイコンをクリック

写真アイコンをクリック

[ツイート]をクリックすれば投稿できる。なお、[トリミング]をタップすれば前後の切り取りが可能

[ツイート]をクリックすれば投稿できる。なお、[トリミング]をタップすれば前後の切り取りが可能


Twitterに動画を載せるときの注意点

最後に、動画を投稿するときの注意点を3つ紹介します。

まず、著作権を侵害するものを投稿することは厳禁です。テレビの映像をそのまま流したり、他人が撮影したものを無断で投稿したりすることなどは、著作権法で禁止されています。

次に、友達が写っているときには注意しましょう。人によっては、Twitterに載ることに抵抗をもつかもしれません。

最後に、Twitterに限ったことではありませんが、動画を撮るときには周囲に気を付けましょう。特に街中で撮るとき、画面に集中していると周りが見えなくなりがちです。周囲の人の迷惑にならないように心がけてください。

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※OSやアプリ、ソフトのバージョンによっては画面表示、操作方法が異なる可能性があります。