ツイート検索機能の実装

2021年11月ごろから、iPhoneの公式Twitterアプリに「ツイート検索機能」が実装されました。自分や他のユーザーの過去のツイートを簡単に検索できるものです。キーワードで過去の自分のツイートを振り返ったり、他のユーザーのうろ覚えなツイートを探したりできます。

(※)本記事執筆の2021年12月末時点ではAndroidやパソコン版では利用できません。iPhoneでも、Safariなどのブラウザ版では利用できません。
 

特定のユーザーのツイートを検索する方法

ユーザーのアイコンをタップするなどしてユーザーの画面に移動したら、右上にある虫眼鏡アイコンをタップします。
虫眼鏡アイコンをタップ

虫眼鏡アイコンをタップ

検索欄が出てくるので、検索したいキーワードを入力します。
検索したいキーワードを入力

検索したいキーワードを入力

すると、そのユーザーが過去にツイートした中から、キーワードを含むツイートの一覧が表示されます。
検索結果の画面

検索結果の画面

「話題」は、いいねやリツイート数が比較的多いものが表示されます。「最新」をタップすると、直近のツイートから順に出てくるので、必要に応じて使い分けましょう。
 

Androidやパソコン版で検索したいとき

執筆時点で虫眼鏡アイコンが表示されているのはiPhoneの公式アプリですが、ツイート検索機能自体はAndroidやパソコンにもあります。工夫すれば、自分や特定のユーザーだけのツイートを検索できます。

先ほどの検索結果画面の上には、「from:allabout_news 掃除」とあります。これは、「@allabout_newsが過去にツイートした中で『掃除』を含むもの」を検索しています。このように、「from:アカウント名 キーワード」を入力すれば、どのデバイスでもツイート検索ができます。
「from:アカウント名 キーワード」を入力すれば検索できる

「from:アカウント名 キーワード」を入力すれば検索できる

他にも、Twitter検索では、年月を指定したり、100いいね以上ついたツイートだけに絞ったりする検索もできます。より高度な検索をしたいときには、以下の記事を参考にしてください。

Twitter「高度な検索」が優秀すぎる! 細かく検索したい場合のコマンドや使い方



【おすすめ記事】
Twitterに動画投稿する方法! サイズや形式、撮影方法や注意点
ツイッタラー必見!? 超便利なTwitter「ショートカット」機能の使い方
Twitter「ブックマーク」機能の使い方! 「いいね!」との違いは?
Twitterの音声ライブ機能「スペース」ってどう? 参加方法や使い方を解説!

 


■容量たっぷり20GB、国内通話5分無料も付いて、2970円(税込)


※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※OSやアプリ、ソフトのバージョンによっては画面表示、操作方法が異なる可能性があります。