フォロワー増加施策!広告を出す

企業のTwitter運用において、フォロワー獲得に有効なのが、ターゲットユーザに広告を配信することです。Twitterの広告はYahoo!プロモーション広告経由で簡単に出稿することができます。

予算や配信期間も管理画面から自分でコントロールできるので、効果が出なければ停止したり、内容を変更したり、効果が出れば予算を追加投入するといったことが簡単にできます。

Twitter広告である「Twitterプロモ商品」は、フォロワーを獲得したり、ツイートの拡散をさせたり、ツイートから外部サイトに誘導するといった活用ができます。広告は、ターゲットユーザーのタイムラインや検索結果、おすすめユーザーなどに表示されます。

今回は、フォロワー獲得のための広告設定について紹介します。

最初にビジネスアカウントを取得しよう

Yahoo!プロモーション広告を利用するためには、最初にYahoo!プロモーション広告の申込とTwitterのアカウントを登録する必要があります。

Yahoo!プロモーション広告は、以下より申込することができます。
http://promotionalads.yahoo.co.jp/service/signup.html

Yahoo!プロモーション広告に申し込むと、Yahoo! JAPANビジネスIDが発行されます。このIDで管理ツールにログインすることになります。

フォロワー獲得のための広告を設定する

早速、広告を作成してみましょう。

Yahoo!プロモーション広告の管理画面から、「Twitterプロモ商品」をクリックするとTwitterの広告管理ができます。「キャンペーン作成」をクリックして広告を作成します。

Yahoo!プロモーションの管理画面

Yahoo!プロモーションの管理画面


キャンペーン作成画面から広告を設定していきます。

「基本情報」では、キャンペーン名、開始日/終了日、キャンペーン予算、配信方法を設定できます。

配信日、予算などを設定しよう

配信日、予算などを設定しよう


「広告掲載方式と入札価格」のキャンペーンの目的から「フォロワー」を選択しましょう。ターゲティングは趣味・関心カテゴリーとフォロワーになります。入札価格は1フォロワーを獲得するための最高価格です。推奨入札価格を参考に設定します。

今回の広告の目的はフォロワー

今回の広告の目的はフォロワー



ツイート設定

フォロワー獲得のためのツイートを設定します。設定内容が広告として表示されます。新しく設定することもできますし、過去にツイートした内容を広告にすることもできます。

広告として配信するツイートを設定する

広告として配信するツイートを設定する


「ターゲティング設定」では、広告を表示するターゲットを指定します。「フォロワーと類似ユーザー」では、任意のユーザーアカウントを指定すると、そのユーザーにフォローやフォロワーの傾向が似ているユーザーに広告を表示します。

すでにある程度のフォロワーを獲得している場合は「広告主様のTwitterアカウントのフォロワーをターゲティング対象として設定」をチェックするといいでしょう。


類似フォロワーを指定する

類似フォロワーを指定する



「趣味・関心カテゴリー」では登録されているカテゴリーからマッチするものを選択します。

ターゲットにマッチする趣味・関心を選択

ターゲットにマッチする趣味・関心を選択



「地域」、「デバイス」、「性別」も必要に応じて設定し、「保存」をクリックします。

必要に応じて設定しよう

必要に応じて設定しよう



キャンペーンが保存され、広告の内容が審査されます。広告が承認されると設定条件にあわせて配信が開始されます。広告配信の結果は管理画面から逐次確認することができます。

広告を作成すると審査され、承認されると設定した時間に合わせて配信される

広告を作成すると審査され、承認されると設定した時間に合わせて配信される


まとめ:効果を検証しながら運用しよう

管理画面はリアルタイムで更新され、広告の効果を確認できます。フォロワー獲得でなかなかフォロワーが伸びない場合はクリエイティブやターゲットを変更しましょう。

リアルタイムで広告の配信状況を確認できる

リアルタイムで広告の配信状況を確認できる




※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※OSやアプリ、ソフトのバージョンによっては画面表示、操作方法が異なる可能性があります。