パウダースノーを満喫「クラブメッド・北海道 トマム」とは?

クラブメッド・北海道 トマム外観

クラブメッド・北海道 トマム

ファミリーからの口コミ評価も高い人気のオールインクルーシブリゾート「クラブメッド」。世界25カ国以上、約70カ所でリゾートを運営し、フランス風バカンスを提案しています。そんなクラブメッドの新たなスノーリゾート「クラブメッド・北海道 トマム」が2017年12月にオープンしました。サホロに次ぐ国内2軒目。場所は北海道のほぼ中心にある占冠村(しむかっぷむら)です。
「霧氷テラス」(星野リゾートundefinedトマム運営施設)

「霧氷テラス」(星野リゾート トマム運営施設)からの風景

リゾートからは直接トマムスキー場のゲレンデに出られるように設計されているので、小さな子連れでもストレスフリー。初級者コースから上級者コースまでバランスよくそろっているので、家族みんなが北海道ならではの極上パウダースノーを満喫できます。

■INDEX
  1. 【雰囲気】国際色豊かなリゾートスタッフ
  2. 【内観・客室】フランス人デザイナーがデザイン
  3. 【料金システム】手ぶらOK!オールインクルーシブ
  4. 【アクティビティ】キッズプログラム、スキー&スノーボードレッスン
  5. 【料理】食事も多彩、離乳食や電子レンジも
  6. 【ドレスコード】日替わりのドレスコード
  7. 【施設】星野リゾート トマム運営のミナミナビーチなど
  8. 【夏シーズン】夏のアクティビティ
  9. 【基本情報】場所・アクセス・予約方法
 

まるで海外!?国際色豊かなリゾートスタッフG.O

G.Oショー

毎晩行われるG.Oショーは子どもたちにも大人気

トマムに限った話ではありませんが、クラブメッドのリゾートに一歩足を踏み入れると、そこはまるで海外。国際色豊かなリゾートスタッフは「G.O(ジーオー)」(ジェントル・オーガーナイザーの略)と呼ばれ、とてもフレンドリー。さらにゲストも世界中から集まってくるので、日本にいながら海外旅行気分が味わえます。

毎晩行われるG.Oたちによるエンターテインメントショー「G.Oショー」やその後のパーティは子どもも参加OK。ときには子どもたちがステージに乗って踊ることもあります。ステージは、メインバー「UNKAI(ウンカイ)」内にあるので、大人はお酒を飲みながら楽しめるのもいいですよ。
 

フランス人デザイナーによるオシャレな空間

クラブメッド北海道 トマムのロビー

ロビー。日本のシンボルである桜や北海道らしい白樺をモチーフにしたデザインがお出迎え

客室はトータル341室。内観はフランス人インテリアデザイナー、ジャン・フィリップ ニュエル氏が手がけたもので、日本の文化と自然をモダンに融合。日本の四季からインスパイアされたというヴィヴィッドな色遣いは写真映えも抜群で、家族の記念写真もとってもオシャレに仕上がります。
客室

客室(クラブルーム、38~42平方メートル)。ベビーベッドの貸し出しもあり

スタイリッシュな空間ながら、リゾート内はカジュアルな雰囲気で子連れにとっても居心地◎。実際、お客さんの多くが家族連れでした。4カ月の赤ちゃんから対応した「ベビーウェルカム」サービスもあり、ベビーベッドやベビーバスも貸し出してくれます。
 

手ぶらOK!オールインクルーシブシステム

サッポロクラシック

ドリンクバーにはビールサーバー。北海道らしく「サッポロクラシック」

クラブメッドの最大の特徴がオールインクルーシブシステム。宿泊費、朝・昼・夕食(ビールやワイン、基本的なカクテルも無料)、ゴンドラ&リフトフリーパス、スキー&スノーボードレッスン、キッズプログラム、G.Oショーやパーティ…などすべて含まれているので、アクティブに楽しむほどお得! パッケージプランであれば、さらに往復の航空運賃、空港~クラブメッド間の送迎も含まれます。
リストバンド

ルームキー付きリストバンド。子どもと大人で色がちがう

滞在中はルームキー付きリストバンドを手にはめておきます。基本的にリゾート内でお金を使うことはないのですが、売店でお土産を買ったり、有料アルコールを頼んだりした場合もこれで部屋付けにできます。リゾート内はいつでも手ぶらで移動でき、部屋に戻るたびにカギを探す手間もなくとても便利です。
 

キッズクラブ、スキー&スノーボードレッスンも無料

ミニクラブ

ミニクラブ。部屋のデザインも明るくてかわいい

「クラブメッド・北海道 トマム」では年齢に合わせた「キッズクラブ」として、2~3歳向けのプチクラブ(※)と4~10歳向けの「ミニクラブ」があり、「プチクラブ」以外は無料で利用できます(※学校の長期休暇中は11~17歳の「ジュニアクラブ」も実施予定)。

子どもたちにとっては、インターナショナルな体験ができる格好のチャンス。日本人のG.Oもいるので、海外ホテルのキッズクラブより心理的なハードルは低いと思います。
スキーレッスン

準備してからゲレンデへ。インストラクターの国籍もさまざま

「ミニクラブ」の子どもたちは、昼間はスキーやスノーボードのレッスンへ。レッスンは4歳からなので、「プチクラブ」の子どもたちは、おもに雪遊びを楽しみます。
スキーレッスン

スキーレッスン。子ども専用のスキーエリアにはマジックカーペット(ベルトコンベア式登板装置)もあるので、リフトに乗れない子でも安心

ほかにはゲームやダンスの時間もあり、朝から夕方までケアしてもらえます。1日だけ・半日だけなど利用の仕方も自由。追加料金がかかりますが、寝かしつけをお願いできる「パジャマクラブ」もあります。たまにはパパやママも思いっきり滑ったり、バーで飲んだり、大人だけの時間を過ごしてみるのもいいですよね。
マジッククラウンショー

夕方、子どもたちのためのマジッククラウンショーが行われる日も

ちなみに大人のスキー&スノーボードレッスンも無料。レベルが細かく分かれているので、上級者にもおすすめ。滑らない人にはスノーシューを履いてのスノートレッキングも人気です。
スノートレッキング

スノートレッキング。動物の足あともあってワクワク!

 

食事もインターナショナル、赤ちゃんのための離乳食や電子レンジも

クラブメッド北海道 トマムのレストラン

シェフがその場で作ってくれる料理が多数

食事もオールインクルーシブ。メインレストラン「ITARA(イタラ)」では、国際色豊かなメニューをビュッフェスタイルで楽しめます。
クラブメッド北海道 トマムの料理

盛りつけも美しいサラダ

ビュッフェといっても、すべてが作り置きではありません。8カ所ほどライブクッキングステーションがあり、多くの料理をシェフがその場で調理し、盛り付けてくれます。
クラブメッド北海道 トマムの料理

自分で作るハンバーガーなど子ども好みのメニューも充実

北海道の味覚やフレンチシックなメニュー、イタリアン、インド、中華、コリアンなどジャンルも多彩なインターナショナルビュッフェです。
ベビーコーナー

赤ちゃん連れにうれしいベビーコーナー

メインレストラン横には24時間利用できる小さな部屋「ベビーコーナー」があり、ベビーフードや電子レンジも用意されています。

このほかメインバー「UNKAI」では、ティータイムにちょっとした軽食やスナックがでたり、遅めの朝食や昼食がとれる焼き肉レストラン「HAKU(ハク)」もあったり、おなかがすく暇がないほど!
BIG SNACK

週に数回行われる「BIG SNACK」。子ども用に特別なおやつが用意される(もちろん大人が食べてもOK!)

 

「クラブメッド・北海道 トマム」のドレスコード

クラブメッドは夕食時にドレスコードがあります。「クラブメッド・北海道 トマム」でも、オールホワイト、エレガント、アジアントラディショナル、ブラック&ゴールド、エレガンスなど毎日異なるテーマが設定されています。

ドレスコードというと構えてしまうかもしれませんが、クラブメッドにおけるドレスコードはかなり緩やか。あらかじめチェックして準備してきてもいいし、手持ちの服でできる範囲で装ってもいいし、気分次第でOK。あくまでリゾートをより楽しむためのひとつのイベントであり、気負う必要はまったくナシ。レスコードの情報は事前にアプリでチェックできます。また、基本的に日中はみんなカジュアルな装いです。
 

星野リゾート トマム運営のミナミナビーチやアイスヴィレッジで遊べる!

「ミナミナビーチ」(星野リゾートundefinedトマム運営施設)

「ミナミナビーチ」(星野リゾート トマム運営施設)

オールインクルーシブには、星野リゾート トマム運営施設も含まれています。日本最大級の波のプールを備えたインドアウェイブプール「ミナミナビーチ」はクラブメッドのすぐ目の前の便利な立地で、スキーやスノーボードの後、身体を温めるのにもぴったり。水深30cmのキッズプールもあります。
 
アイスヴィレッジ

アイスヴィレッジ(※)(星野リゾート トマム運営施設)では、「雪の結晶キーホルダーづくり」(※)など子どもが楽しめる体験も (※)天候状況によりご利用いただけない場合もあります。

3月中旬までは星野リゾート トマムの冬の風物詩である氷の街「アイスヴィレッジ」もオープン。氷の滑り台やアイスリンクもあり、子どもも大喜び。このほか、露天風呂「木林の湯」も使えます。
 

「クラブメッド・北海道 トマム」の夏のアクティビティ

空中ブランコ

「サーカスアカデミー」では、空中ブランコやジャグリング、ディアボロにトライ!

ちなみに夏はマウンテンリゾートに姿を変えます。マウンテンバイクやトレッキングなどを楽しむ「マウンテンアカデミー」、空中ブランコやジャグリングに挑戦する「サーカスアカデミー」など、冬とはちがうユニークなアクティビティを多数用意。また、雲海テラス・青い池・美瑛や富良野の絶景など、北海道が誇る自然美を訪ねるオプショナルツアーも用意されるとのことです。
 

「クラブメッド・北海道 トマム」の場所・アクセス・予約方法

クラブメッド・北海道トマムの外観

クラブメッド・北海道 トマム

トマムリゾートの場所は、北海道の中央に位置する勇払郡占冠村。飛行機を利用する場合は、新千歳空港からバス(リゾートライナー)で約 80 分、帯広空港からはバス(リゾートライナー)で約 75 分です。パッケージプランであれば、送迎も料金に含まれます。

電車の場合、新千歳空港駅よりJR快速エアポートで南千歳駅で特急に乗り換えトマム駅まで約90分。トマム駅からは随時無料送迎バスが出ています。

予約は公式サイトやバカンスダイヤルなどで。早めの予約で割引もあります。なお、今冬シーズンの最終宿泊日は2020年3月28日(土)までです。

スキー以外のお楽しみも多く、非日常感を味わえる「クラブメッド・北海道 トマム」。ひと味ちがう子連れスキーを楽しみたい家族におすすめです。

クラブメッド・北海道 トマム
場所:北海道勇払郡占冠村
お問い合わせ・お申し込み:クラブメッド バカンスダイヤルお客様専用フリーコール 0120-790-863

【関連記事】
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。