関東三大梅林の一つに数えられる越生梅林

冬の寒さが落ち着きをみせはじめると様々な花が順を追って咲き始め、季節の移り変わりを感じさせてくれます。梅の花が咲き始めると、春の訪れを感じることでしょう。花見といえば桜が最初に思い浮かびますが、その習慣が根づいたのは平安時代で、奈良時代まで日本人が最も愛した花は梅だったのです。

越生梅林で観梅を楽しむ人々

越生梅林で観梅を楽しむ人々

越生梅林では、埼玉県北西部の越生町に約2ヘクタールの敷地一面に梅の木が植栽されています。水戸偕楽園、熱海梅園とともに関東三大梅林の一つに数えられています。

越生の梅栽培の歴史は南北朝時代にまで遡ります。1350年頃、大宰府より天満宮を分祀して現在の梅園神社が造営されるときに、菅原道真にちなんで梅が植えられました。これをきっかけとして越辺川沿いに梅林が広がったのです。

越辺川の河原に並ぶ梅

越辺川の河原に並ぶ梅


園内には樹齢650年を越える古木も

園内には白加賀、紅梅、越生野梅など約1000本が育てられています。白梅が全体の7割を占めており、古木も100本を超え、樹齢650年を越える越生野梅の魁雪(かいせつ)の大きくねじれた姿には圧倒されます。例年2月下旬から紅梅が花を開き始め、それに続いて白梅が開花します。3月上旬まで梅の香が園内に漂います。

紅梅と白梅による色のコントラスト

紅梅と白梅による色のコントラスト

梅林の北東側に設けられた入口を入り整備された歩道を歩けば、前後左右360度のパノラマで梅の木が延々と繋がります。公園の南西部には見晴台が設置されているので、梅の花を上から角度を変えて眺めることができます。

梅の花のトンネルを縫う歩道

梅の花のトンネルを縫う歩道
 

越生梅林の園内に設けられた見晴台

越生梅林の園内に設けられた見晴台


見晴台から眺める越生梅林

見晴台から眺める越生梅林



越生梅林・梅まつりは毎年2月下旬から3月上旬に開催!

梅の開花に合わせて毎年、梅まつりが開催され、2018年は2月17日から3月21日の4週間です。梅まつりの期間中は土日祝日の10:30~15:00の時間帯にミニSLが運行され、全長253メートルの公園一周路線を、蒸気をあげながら梅のトンネルを走り抜けます。

梅まつりのチケット

梅まつりのチケット
 

園内を一周するミニSL

園内を一周するミニSL

梅まつりの期間中には、公園北西部の広場付近には屋台村が開かれ、様々な種類の露店がベンチを取り囲みます。広場に設けられたステージでは、和太鼓や獅子舞、伝統芸能などの演舞が行われ、埼玉県のゆるキャラが登場することもあります。

露天がベンチを取り囲む屋台村

露店がベンチを取り囲む屋台村


特設ステージに県内各所から集まったゆるキャラ

特設ステージに県内各所から集まったゆるキャラ


売店では梅を使った様々な商品が勢揃い!

観梅帰りの土産も豊富です。何しろ越生町の一帯には2万本を超える梅が栽培されていますから、梅を使ったあらゆる種類の商品が勢揃いしています。梅林直販所や観光協会の特産品販売所には、梅干、梅じそうどん、ねり梅、乾燥梅、うめまんじゅう、梅羊羹などが所狭しと並んでいます。梅の盆栽を買って帰れば自宅でも梅の花を楽しむことができます。

梅林直販所

梅林直販所


梅林直販所に並ぶ梅商品

梅林直販所に並ぶ梅商品



梅林直販所に並ぶ梅の盆栽

梅林直販所に並ぶ梅の盆栽

 

越生梅林へのアクセス

梅まつり期間中に運行される越生駅からのシャトルバス

梅まつり期間中に運行される越生駅からのシャトルバス


【越生梅林】
住所:埼玉県入間郡越生町堂山113番地
TEL:049-292-1451(越生町観光協会)
公式ホームページ
アクセス: 東武・JR越生駅よりバス黒山行きで約13分、梅林入口停すぐ
梅まつり期間中は越生駅からシャトルバスが運行
駐車場:有料駐車場(約500台収容)あり
地図情報


※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。