真剣さゆえ、自ら「婚活疲れ」を招いてませんか?

ガイドとして執筆をする以外に恋愛の電話相談を行う中で、「婚活を真剣に頑張っている女性からの相談が増えている」と実感しています。

一生懸命に頑張っている女性の中には、「積極的な女性」と「控えめな女性」がいらっしゃり、それぞれの悩みがあるようです。それぞれの共通点や解決法はあるのでしょうか?

中には、相手の問題ではなく、自分自身で「婚活疲れ」を招いている例も少なくないようです。実際に相談を受けたいくつかの例をもとにお伝えしていきます。


ケース1:「積極的になるあまり、肉体関係を……」

結婚への焦る気持ちが後悔へと繋がる可能性も…

結婚への焦る気持ちが後悔へと繋がる可能性も…


積極的に婚活パーティに参加したり、結婚相談所や結婚情報サービス、婚活系アプリに登録してマッチングした相手と積極的に会ってみたり。結婚したいと思っている女性は常に行動的です。ですが、その行動が先走り過ぎて後悔しているケースがあります。例えば、次のようなケースです。

■積極的な女性の失敗例

「婚活パーティでいいなと直感で思える男性に出会いました。それまでなかなか良い出会いに巡り会えなかったので、もうこの人しかいないという気持ちから、その日のうちに身体の関係を持ってしまいました。

その後、何回か会ったのですが、だんだん連絡も滞りがちになり、自然消滅……。会ったその日に身体の関係を持ったのはいけなかったと反省はしているのですが、どうすればよかったのでしょうか?」


ケース1への返答:「焦りは視野狭窄を生む」

確かに直感は大切ですし、これまで良い出会いに巡り会えなかった分、その出会いには特別な気持ちが湧いたのかもしれません。

ただ「この人しかいない」という気持ちに気づき、その日のうちに身体の関係を持ってしまったのは、ご自身が認識している通り、「焦りが引き起こした失敗」だと言えます。

無限の出会い方がある昨今だからこそ、直感的にいいなと思える出会いに巡り会えると、自然とテンションが上がります。自分の中では相手と深いコミュニケーションを取らなくても、「この人だ!」と即決心がつくこともあるでしょう。

でも、それが焦りに繋がってしまうのは「視野狭窄(シヤキョウサク)」でしかありません。

婚活に積極的に行動していれば、出会いは無くなりません。「これが最後かも」と決めつけてしまうと、かえって自らの視野を狭めてしまい、ほかに良い相手がいたとしても、見落としてしまう可能性が高めてしまいます。

また、婚活の場で出会ったその日のうちに身体の関係を持ってしまうのは、「結婚への焦り」と「軽薄な印象」を同時に伝えてしまい、相手はあなたとの結婚を身構えてしまいます。あなたは相手を「この人だ」と直感でいいと思っていたとしても、まだ深いコミュニケーションが取れていないフェーズであれば、相手男性はまだ決心がついていないかもしれません。その後のコミュニケーションが上手くいかなくなるのもやむを得ないでしょう。

いい出会いがあった時こそコミュニケーションは慎重に。まずはお互いの信頼関係を築くためにも焦らず、冷静さを保つように心がけましょう。焦りから、いい結果は得られません。

一方、婚活をしている女性は積極的な方ばかりではなく、消極的ゆえにうまくいかない例もあります。