1.男女ともに「草食系」だと恋は始まりようがない

女性にも草食系はいて、その特徴は受け身。出会いの場で相手も草食系だとお互いに受け身なので始まりません。かといって、肉食系はそもそも合わない。一体どうすれば?

出典: 草食系女子の恋活・婚活事情と成功ポイント [石田陽子の恋愛コラム] All About

2.積極的に攻めれば、彼の「恋愛圏内」に入れる!?

男性の本音に耳を傾けると、最初は好みでないと感じた女性でも、熱心にプッシュされれば恋愛圏内に入る可能性はあるとのこと。これは受け身で待っている場合じゃない!

出典: 男性は積極的にアプローチする女性は好き? [西郷理恵子の恋愛コラム] All About

3.好きになった彼が「年下」だと、さらに受け身に

気になる彼は年下。でも年齢差を考えると、怖くて受け身に……。彼より若くないことに悩むのではなく、彼より人生経験を積んだことを考え、積極的に仕掛けるのが正解!

出典: 年下男子に恋したあなたがするべきことは? [恋愛] All About

4.せっかくの出会いが「自然消滅」する危険性も…

出会いのしっぽは自分から捕まえにいくもの。目の前にチャンスがあるのに受け身で待っていると、そのまま関係が自然消滅……こんな苦い思いをしないための答えはひとつ!

出典: 恋愛初期でやってはいけない行動パターンとは? [久野浩司の恋愛コラム] All About

5.それどころか相手が忙しいと「忘れられ」ちゃう!

特に気になる人が忙しい男性の場合、待っているだけでは仕事の多忙さにまぎれて忘れられるのがオチ。彼らは、気負わずにかる~いノリで誘ってくれる女性へと流れます。

出典: 3/4 仕事命な彼の恋心をつかむには? [恋愛] All About