「男系・男子」を重視する理由

koushitutennpann

皇室典範ってどんな法律?

ではなぜ男系の「男子」にこだわる必要があるのでしょうか?

小学校の歴史の授業でも習いましたよね。「推古天皇は日本初の女性天皇だった」って! いったいなぜ?

ここでも実はこの「Y染色体問題」が絡んでくるのです! もし女性天皇を認めると、その夫が皇族外であった場合、その子どもには皇統の「Y染色体」が受け継がれなくなってしまうのです! では推古天皇は女性なのになぜ天皇になれたのでしょうか。

歴代の「女性天皇」は8人いた

日本の歴史上、女性天皇は8人(10代)います。この8人のうち推古天皇・皇極天皇(斉明天皇と同一)・持統天皇・元明天皇の4人は、夫が天皇または皇族でした。よって、その子どもには皇族のY染色体が受け継がれています。

また元正天皇・孝謙天皇(称徳天皇と同一)・明正天皇・後桜町天皇の4人は生涯独身を貫き、子どもが天皇の位につくことはありませんでした。これにより、歴史上の女性天皇は万世一系の皇統継承には影響はなかったと言えるのです。

2019年(平成31年)4月31日をもって今上天皇が退位され、現在の皇太子徳仁親王が即位されると、その次の皇位継承資格者は秋篠宮文仁親王・悠仁親王・常陸宮正仁親王の3名となってしまいます。

皇室典範では「女性皇族が皇族以外の男性と結婚した場合、皇族ではなくなる」と規定されているため、たとえ女性天皇を特例として認めるにしても、眞子内親王はもう一般男性とのご結婚が決まっていますし、皇位継承者は今後どんどん減少していってしまうことが予想されています。
皇居のたたずまい

皇居のたたずまい


今後ますます「女系天皇」「女性天皇」から目が離せなくなっていきそうですね。

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。