昭和天皇御在位60年記念100,000円金貨の価値は?

在位60年記念硬貨…昭和天皇御在位60年記念10万円金貨とは

昭和天皇御在位60年を記念してつくられた

昭和天皇御在位60年記念100,000円金貨は、御在位60年を記念して、1986年(昭和61年)及び1987年(昭和62年)に発行されました。

我が国初の記念金貨であり、発行当時は1万円銀貨とともに抽選券が発行されるほどでした。

発行枚数は昭和61年発行が10,000,000枚、昭和62年発行が1,000,000枚と記念金貨としては多いといえます。そのため、貨幣商やインターネット販売では未使用品でも110,000円前後で販売されているケースが大半です。特に発行枚数が多い昭和61年のものは価値があまり高くない状況です。

直径は30ミリ、品位は金1000、量目は20gとなっています。他の記念金貨と比較すると量目もやや見劣りする(他の記念金貨の方が量が多いケースあり)ことも価値が高まっていない要因といえます。図案は、表面には平和の象徴である鳩と日本の自然、稲作文化を表現する水が、裏面には菊の御紋章がデザインされています。

手に入りやすいこともあり、今後大きなプレミアムは見込みにくいとはいえますが、収集はしやすいですし、今後の金価格によっては価値が上がる可能性もあるため、是非昭和61年、62年いずれも1枚は入手しておきましょう。
 

在位60年記念硬貨、ミントセットは大きなプレミアムが付く!

実は昭和天皇御在位60年記念100,000円金貨の中でも、プレミアムが大きくついているものがあります。それはミントセット(貨幣セット)になります。ケースに収められており、4種類発売されていますが、いずれも通常の100,000円金貨よりも販売数が少ないため、今後もプレミアムは期待できそうです。一つ目が天皇陛下御在位60年記念プルーフ金貨。124,513セット販売され、貨幣商やインターネット販売において、130,000円~150,000円で販売されています。

二つ目が天皇陛下御在位60年記念金貨(単独)。8,308セットのみの発売であり、貨幣商やインターネット販売において、170,000円~200,000円前後で販売されています。セット数が少ないため、こちらは大きくプレミアムが付いているといえます。

三つ目が天皇陛下御在位60年記念金貨(61年・62年銘入り)。3,296セットしか販売されなかったため、大きくプレミアムがついており、貨幣商やインターネット販売において、680,000円~700,000円前後で販売されています。このセットを入手するのは結構大変かもしれません。

最後に、天皇陛下御在位60年記念金・銀・白銅貨(61年銘)。13,832セット販売され、幣商やインターネット販売において、220,000円~230,000円前後で販売されています。

いずれもミントセットの場合にはプレミアムがついています。すべてそろえるのはなかなか大変かもしれませんが、コンプリートしたいですね。

【関連記事】
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。