昭和天皇御在位60年記念10,000円銀貨の価値は?

御在位60年,10000円,価値,昭和天皇,昭和天皇御在位60年,御在位60年記念,記念銀貨,銀貨,昭和61年,1986年,日の出,瑞鳥,吉祥,菊の御紋

表面は即位の大礼が行われた紫宸殿が描かれている


昭和天皇御在位60年記念10,000円銀貨は、御在位60年を記念して、1986年(昭和61年)に100,000円金貨、500円白銅貨とともに発行されました。発行枚数は10,000,000枚と当時発行された記念銀貨の中では決して多い部類というわけではありません。ただ、手に入りやすい記念貨幣ということもあり、貨幣商やインターネット販売では未使用品でも12,000~14,000円前後で販売されているケースが大半です。

直径は35mm、品位は銀1000、量目は20gとなっています。それまで発行された東京オリンピックの1,000円銀貨ならびに100円銀貨は、銀だけではなく銅も含まれていた(100円銀貨の場合には亜鉛も)ため、日本の純銀の記念貨幣としては、昭和天皇御在位60年記念10,000円銀貨が初の貨幣にあたります。図案は、表面の日の出は極東における日本の自然を、瑞鳥等は吉祥を表現、裏面には菊の御紋章がデザインされています。

プリスターパック(プラスチックのパッケージ)入りで発行されたこともあり、未使用で保有されている方が多いことかと思います。手に入りやすいこともあり、今後大きなプレミアムは見込みにくいとはいえますが、収集はしやすいですし、今後の銀価格によっては価値が上がる可能性もあるため、是非1枚は入手しておきましょう。
 

偽造銀貨に注意!

実は昭和天皇御在位60年記念10,000円銀貨を収集するうえで、一つ注意しなければならない点があります。2013年12月3日に、財務省が公表した内容によれば、外国郵便の中から46枚の偽造らしき在位60年銀貨が発見され、鑑定を行ったところ、偽造貨幣と判明。また、日本銀行は、2013年12月20日に、日本銀行および取引先の金融機関においておよそ100枚の偽造銀貨が見つかったと発表しました。

偽造10,000円銀貨の特徴は、材質は純銀、重さも本物とほぼ同じ。ただし、直径が本物よりもやや大きく、全体的に文字の線が太く、角に丸みがあるのが特徴だそうです。周囲にあるギザの数は本物よりも少なく、角張っているところも異なるようです。

銀の実際の価値に比べて、記念貨幣の価値の方が高いためにおきた現象といえます。一方で、最近発行されている記念貨幣は金や銀の価値よりも額面金額の方が低いために、こうした偽造はおきにくいといえます。貨幣商での購入ではなく、特にインターネットオークションなどで購入される際には、十分注意してください。

【関連記事】
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。