青函トンネル開通記念500円白銅貨の価値は?

青函トンネル

青函トンネル開通を記念した通貨

青函トンネル開通記念500円白銅貨は、世界最長の海底トンネル「青函トンネル」が1988年3月に開通したのを記念して発行されました。

発行枚数は20,000,000枚であり、それまでに発行された記念硬貨に比べれば少なめではあるものの、貨幣商やインターネット販売では未使用品で700円~1300円前後で販売されているケースが大半です。記念硬貨の中でも入手は容易な部類に入ります。

直径は30ミリ、品位は銅750対ニッケル250、量目は13gとなっています。図案は、表面は青函トンネルと津軽海峡を表す波とかもめがイメージされており、裏面は北海道と本州の地図がデザインされています。
残念ながら今後大きく価値が上がることは見込みにくいといえるものの、入手しやすいため、是非とも一枚は入手しておきましょう。

青函トンネル開通には40年あまりの歳月がかかっている

青函トンネルは、実は戦前から構想が計画されています。そして本格的な調査が終戦後に行われ、幾多の試練と挫折を繰り返しながら、1985年3月に本杭全貫通。その3年後の1988年3月13日に北海道と本州を陸続きにする「青函トンネル」が完成することになります。

全長53.85キロメートル、海面下240メートル。トンネル内は四季を通して気温20度、湿度80~90%と一定の環境が保たれているとのこと。ちなみに、青函トンネルの入り口は青森側で、出口は北海道側と定義されています。

青函トンネル竜飛斜坑線「もぐら号」にのって当時の現場雰囲気を味わおう

こうして完成した青函トンネルですが、今も当時の作業現場の雰囲気を味わうことができる場所があります。それは「青函トンネル竜飛斜坑線」になります。これは、一般財団法人青函トンネル記念館が運営するケーブルカーであり、青函トンネル記念館内に存在します。

日本一短い私鉄としても知られており(総走行距離778メートル、うち海面下部分は140メートル)、青函トンネル工事における作業員の移動や物資の輸送などを目的に建設されたものになります。本州側の竜飛定点(旧竜飛海底駅)に通じています。

体験ツアーの所要時間はおよそ45分。完成するまで、完成後の青函トンネルを知るには良い場所です。記念硬貨自体にはさほどプレミアムはついておりませんが、歴史的背景を知ると記念硬貨の重みもまた違ったものになることでしょう。
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。