歴史から考える天皇制シリーズ、今回はなにかと噂はありながら、実像があまり知られていない大正天皇を中心に、父・明治天皇、子・昭和天皇との関連性を見ていきます。大正天皇の残したものとは何でしょうか。

1ページ目 【ともに「生母が側室」だった明治天皇と大正天皇の違いとは】
2ページ目 【超越的権威よりも「普通の人生」を望んだ大正天皇とその波紋】
3ページ目 【大正天皇の「退位」と天皇権威の急速な凋落】

【ともに「生母が側室」だった明治天皇と大正天皇の違いとは】

世襲君主制の危うさ

過去、子どもが1人もいなかった天皇は何人かいます。天皇家だけではありません。初めて関白になった藤原基通は養子でしたし、室町幕府の5代将軍足利義量(よしかず)は子どもを生まず19歳で亡くなり、将軍位はしばらく空位になりました。

江戸幕府では、将軍家直系が絶えたときに備えて御三家というしくみを用意していました。そして江戸幕府開始から1世紀少しで直系は絶え、御三家から徳川吉宗が将軍に就いているのです。

吉宗の直系の孫である家治には子がなく、傍系の一橋家斉が継ぎます。彼は50人あまりの子を残しますが、それでも直系の孫である13代将軍家定の子はなく、跡継ぎをめぐっていわゆる「安政の大獄」が起こっているのです。

世襲君主制は、血を継承していくという危うさを常に秘めています。諸外国の王室と姻戚関係を結んで安定を保ったのがヨーロッパのシステムでしたが、アジアではそうはいかず、一夫多妻制でその安定を保とうとしました。

それでも、「血が絶える」危機は存在していましたし、そのための安全装置もまた必要とされていたのでした。



明治天皇・大正天皇は「側室の子」

系図
明治天皇の生母慶子の出身中山家、大正天皇の出身柳原家はともに藤原北家の支流。昭憲皇后の名前は美子(はるこ)で、藤原摂関家の1つ一条家の出身。
さて、このような伝統から、明治天皇は正式な皇后(昭憲皇太后)のほかに、「典待(または権典侍)」という側室を持っていました。

皇后との間に子は生まれませんでした。複数の側室が子を産み、男児も生まれましたが、結局生き残ったのは後の大正天皇となる嘉仁(よしひと)親王だけでした。

側室制度は、明治時代までは普通のことだったわけです。実際、明治天皇自体、側室の子ですし、その父・孝明天皇もそうです。

ただ、明治天皇の生母は中山慶子(よしこ)といい、幕末に権大納言であった有力な公家、中山忠能(ただやす)の娘でした。中山忠能は岩倉具視とともに王政復古の中心人物となるなど活躍したため、生母慶子もまたしばしば重要儀式などの表舞台に登場しています。

しかし、大正天皇の生母、柳原愛子(なるこ)が表舞台に出てくることはありません。彼女もまた華族の出身であり、それなりの地位を得ていますが、少なくとも明治天皇が崩御するまでは皇族としての地位もなく、わりと日の当たらない存在でした。公式な明治天皇の伝記(『明治天皇紀』)にも、その記載は極端に少ないのです。

(もっとも、『明治天皇紀』は公開されていますが、大正天皇の公式な伝記は存在するとされるものの、宮内庁は公開を差し控えています。公開されれば、柳原愛子についての評価も変わるかもしれません)

生母から完全に隔離された若き大正天皇

大正天皇、つまり嘉仁親王は、生後まもなく柳原愛子の手から離され、中山忠能のもとに預けられることになったのでした。これは宮中における伝統的な制度でした。

明治天皇も生後すぐ里子に出されましたが、その先は嘉仁親王と同じ中山忠能の家でした。そして明治天皇は4歳には宮中に戻り、生母慶子の教育を受けています。

しかし、嘉仁親王は6歳まで中山家にとどまり、その後も生母ではなく皇后の子として教育を受けているのです。嘉仁親王自身も、生母が柳原愛子であることを知るのは幼少期をすぎてからになるのです。

この違いはどこからくるのでしょうか。

「近代絶対国家君主」に求められたもの

鉄橋
大正天皇には明治天皇とは違い、生まれたときから「雲の上のような絶対的権威」を備えることが求められた。それが大正天皇の生涯にどのような影響を与えたのだろうか
1つには、「天皇権威の高揚」があげられるでしょう。明治天皇が生まれた江戸時代末期、宮中では日本が開国問題に瀕していることを全く知らず、庶民の中にも天皇の存在を知っているものは、実はまれでした。

そういう意味で江戸時代までの天皇家は、幕府の規制さえ守れば、充実したプライベートを送ることができた環境でした。

しかし、大正天皇が生まれたとき、日本は天皇を中心とする絶対君主国家として成長する途上でした。天皇となるべき嘉仁親王には国家元首、さらには「現人神」としての絶大な権威が必要とされていました。

そのため、「将来の天皇が皇后陛下のお子さまでない」というのは権威に関わる問題でしたし、将来の絶対君主としての有識者による教育も幼少から必要とされていました。

そのため、生母柳原愛子は(彼女自身、詩歌や文学には詳しかったようですが)実子・嘉仁親王の教育に携わることは、決して許されませんでした。

2つめは、よくいわれる大正天皇=嘉仁親王の健康問題です。出生時から、その健康が大きく危ぶまれていたことが記録されています。その結果、有力華族である中山家で大切に育てられ、満を持して宮中に送られたのではないかと推察できます。

しかし、これからあとも健康問題はついてまわります。幾度も重病になった結局、嘉仁親王は学習院を卒業することができずに学校を去っています。

大正天皇は本当に「精神的に……な天皇」だったのか?

とはいえ、よくいわれるように、大正天皇=嘉仁親王はまったく病弱で、しかも精神的にも問題があった、といい切ることはできません。

確かに皇太子の健康状態はよくはありませんでしたが、宮中保守派たちによる過度な教育の負担を減らせば元気になると考えた人たちもいました。その中心となったのが皇族である有栖川宮・威仁(たけひと)親王でした。

有栖川宮は皇太子となった嘉仁親王の後見役に任ぜられると、ほどなくして皇太子の地方巡幸(皇族が皇居をでること。天皇の場合は行幸ということも)を計画、実行します。

ちょうど、20歳になった皇太子は華族出身の九条節子(のちの貞明皇后)と結婚していたときでした。このお披露目もかねて、有栖川宮は皇太子の地方巡幸を計画、実行したのでした。

そしてこの一連の地方巡幸で見せた皇太子の姿は、のちにいわれるような「病弱」「神経衰弱」といったイメージからは程遠いものだったのです。次のページで見ていきましょう。