今回はこんな質問が届きました
「血色が悪くて青白い肌をメイクで再現するにはどうしたらいい?」

Q. ハロウィンメイクで肌を青白く見せる方法が知りたいです。市販のコスメでも青白っぽい顔にできますか?ちなみに私はけっこう地黒なので、メイクしてもあまり不健康に見えないです(10代 学生)



A. グリーンのコンシーラーで肌色を塗りつぶした後、市販のいちばん白いファンデーションを塗ればOKです!

地黒の肌を青白くメイクする方法

地黒の肌を青白くメイクするには?

今、ちょっと流行ってますよね、青白メイク。実は、青白く見えるファンデーションなんかも出ているんです。ただ、これは、青味を効かせてクリアな肌に仕上げ、チークで血色感を引き立てるためのファンデーションなんですけどね。お望みはハロウィンメイクの青白さだから、ちょっと違うかな。いわゆるオバケですよね?また、「地黒でメイクしても……」ということですが、地黒さんが青白く肌を作ると逆に不健康に見えますので、その点はお望み通りかも。

肌に透明感を出したいときには、ブルーやグリーンの化粧下地を使いますが、今回はハロウィンメイクなので、しっかりカラーコントロールができる下地がいいですね。青白メイクだから、「ブルーを使えばいいかな?」と思いがちですが、色黒さんには、ブルーよりもグリーンのコントロールカラーがなじみやすくておすすめです。さらに、使いやすくてしっかり効果が出せるスティックタイプなら完ペキ!

つけ方のコツは、立体感など気にせず、お絵描きみたいな感じで、自分の肌色を塗りつぶすようにつけること。イメージは、目指せガチャピン! 次にスポンジを使って、トントンとなじませていきます。薄く伸ばしたり、ぼかしすぎないのがコツ。

コントロールカラーを顔全体を塗ったら、次にファンデーションを重ねます。選ぶのは市販のファンデーションの中でもいちばん白いもの。これをね、しっかり重ねます。ちょっとギョッとしちゃうぐらいの青白さ。これで特殊メイク用のコスメを使わなくてもハロウィンメイクができますよ。このあと、自分のやりたいメイクをすればOK。黒や赤も映えますね!

ちなみに、ここで使ったグリーンのコンシーラーは、もちろんハロウィンが終わった後でも使えます。ハロウィンのときは、全顔に使うけれど、普段は、ハイライトとして、透明感を出したいところにポイント的に使うといいですね。まぶた、目の下、Tゾーン、頬の高いところや、アゴ先など。前に出っ張っていてメリハリを出したところに使って、スポンジでぼかしてなじませてみて。普段通りにファンデーションを塗れば、色黒さんもメリハリのある健康的な肌に仕上がりますから。

グリーンのコンシーラーは、1本持っていると何かと便利!青白肌からメリハリ顔まで、いろいろメイクを楽しんじゃいましょう。


山本浩未さんのおすすめアイテム

ディオール フィックス イット カラー 400 グリーン

ディオール フィックス イット カラー 400 グリーン

ひと塗りで美肌フィルター!赤みを補正、色ムラをなめらかにカバー

コンシーラーとプライマー、ふたつのテクスチャーのマルチユースアイテム。手間がかからず手軽に肌色を思い通りにカバーできる。ソフトフォーカス パウダーをたっぷり配合した芯が小じわを埋めながら肌の質感をなめらかに整え、ふんわりした光で気になる部分をぼかす。ディオール フィックス イット カラー 400 グリーン/4200円(税抜)/パルファン・クリスチャン・ディオール


 

山本浩未さん プロフィール
さまざまなメディアで大人気のヘア&メイクアップアーティスト。取り入れやすいメイクテクが、幅広い年代の女性に支持される秘密。


※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※個人の体質、また、誤った方法による実践に起因して肌荒れや不調を引き起こす場合があります。実践の際には、必ず自身の体質及び健康状態を十分に考慮し、正しい方法で行ってください。また、全ての方への有効性を保証するものではありません。