『アダムス・ファミリー』観劇レポート
風変りな賑々しさの中で、人生についての
ちょっとした気づきを与えるミュージカル

『アダムス・ファミリー』撮影:引地信彦

『アダムス・ファミリー』撮影:引地信彦

一部に新キャストを迎えて帰ってきた、日本版『アダムス・ファミリー』。首都圏会場は(今はなき)青山劇場からKAAT神奈川芸術劇場へと移ったことで、まずは間口、奥行きともに広々とした空間が“お化けの一族”アダムス家の邸宅という“異空間”にぴったり。客席前方数列をつぶして設けたピットからの音もクリアで、10人ほどのオーケストラは特に弦楽器と打楽器の音色が程よいバランスです(音楽監督・指揮=浅川寛行さん)。
 

『アダムス・ファミリー』撮影:引地信彦

『アダムス・ファミリー』撮影:引地信彦

本作の台本は構造的に、(異なる)二人の人物の会話が続き、見せ方によっては平坦な芝居になってしまうのですが、白井晃さん演出では“ご先祖様ゴースト”を演じるアンサンブルがさりげなく場をアシスト、場面転換にも参加することで常に舞台が立体的に、流麗に進行しており、観客を飽きさせることがありません。
 

『アダムス・ファミリー』撮影:引地信彦

『アダムス・ファミリー』撮影:引地信彦

実力派の揃ったキャストもそれぞれに魅力的で、橋本さとしさんは娘に秘密の共有を強いられ、彼女と妻との間の板挟みで右往左往するゴメス役をパワフルに演じつつ、娘への思いを歌うナンバーではほろりとさせ、“愛すべきパパ”として観客を魅了。

この日の妻・モーティシア役の壮一帆さんはセクシーな物腰とちょっぴり気が強く、さっぱりとした口跡がそこはかとないユーモアを醸し出しており、クールなエレガンスを漂わせるもう一人のモーティシア役・真琴つばささんとは全くカラーが異なりますが、どちらも魅力的なのがこの演目の面白さです。

『アダムス・ファミリー』撮影:引地信彦

『アダムス・ファミリー』撮影:引地信彦

人間のボーイフレンド・ルーカスとの結婚を決め、騒動の起点となる娘ウェンズデー役の昆夏美さんは歌声、演技がいっそうくっきり。ルーカスに“究極の決断”をさせる存在に説得力を持たせ、そのルーカス役を演じる村井良大さんも一見クレイジーな決断をしてしまう姿を“意外”ではなく“彼ならありうる”と思わせる役の造型で、二人が起点となるビッグ・ナンバー「くるってる(Crazier Than You)」は本作で最も躍動感に溢れます。

『アダムス・ファミリー』撮影:引地信彦

『アダムス・ファミリー』撮影:引地信彦

またルーカスの両親役・戸井勝海さんと樹里咲穂さんは期待を裏切らない弾けっぷりを見せ、対立しかけた人々の間をさりげなく取り持つフェスタ―おじさん役・今井清隆さんは“和みキャラ”にさらなる磨きが。彼の、“行くところまで行ってしまっている”恋愛ソングは、ある意味この上ない純愛を歌い、観客を不思議な幸福感で包みます。

そして今回、作品のスパイス的な存在となっているのが、“グランマ(おばあちゃん)”役の梅沢昌代さん。その絶妙の台詞術でウェンズデーの弟・パグズリーに含蓄ある人生訓をぽんぽんと放ちながらも、しっかりピンでとめるように聞き手の胸に届け、単なる“大騒動”というわけではない、この作品の奥深さを伝えています。

『アダムス・ファミリー』撮影:引地信彦

『アダムス・ファミリー』撮影:引地信彦

“人は見かけによらない”かもしれないし、“絶対に相いれない”と思われた相手とも案外、うまくいくかもしれない。2017年版『アダムス・ファミリー』は風変りな賑々しさのなかで、そんな気付きを与えてくれるミュージカルに仕上がっています。




■All Aboutで「お金」について、アンケートを実施中です!
回答いただいた内容をAll About記事企画の参考にさせていただきます
※2021/7/1~2021/7/31まで

・【誰でも回答可】「毎月の家計についてのアンケート」に回答する
抽選で10名にAmazonギフト券1000円分プレゼント

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。