毎日たくさん出る洗濯物。洗って干して、取り込んで運んでたたんで収納。1日で数回洗濯機を回すという家庭もあって年中無休。その繰り返しに疲れ果てていませんか? 無駄な動きを省いて、洗濯に要する時間を減らしましょう。


ハンガー干ししてそのまましまう

衣類やタオルなどをたたむという行為は、意外と時間がかかります。たたむことが苦手でも、そうではなくても、ハンガー干しにして乾いたら、そのまま収納するのが時間節約の最短コースです。
家族のウォークインクローゼット

家族で使うクローゼットがあると収納がいっぺんに終わる。脱いだ時に裏返しになっていることもありますが、そのまま干すと縫い目の乾きが早いというメリットが。本人に表に戻して着てもらいましょう

また、吊るす収納というのは一目瞭然で、選びやすいしまい方です。きれいにたたんで引き出しに収納しても子どもが引っ張り出すと、ぐちゃぐちゃで徒労感だけが残ったりしませんか? 子どもの手が届く所に吊るしてあれば、自分で選んで着替えることもできます。そうなれば、洗濯だけではなく衣類管理がラクになるわけです。


下着はマルっとカゴに入れる

下着は毎日交換するので、きれいにたたむ必要はないと割り切ることも考えたいものです。子どもが自分で出し入れできるようになったら、性格にもよりますが、たたんでからしまってもすぐに乱れてしまいます。でもカゴを用意して、その中に入れるだけなら子どもでもラクにできます。
カゴ収納トラベリング

一容器一種類に区別して収納。ポンポン入れるだけで片付け終わる

たとえば、プラスチックケースを使って、ケースごとにソックス用、シャツ用、パンツ用に。そして、ケースの正面にはラベルを貼っておきます。また、引き出し収納にこだわらず、棚にケースを置いて使うスタイルにしてみてはいかがでしょう。

そもそも、子どもが必要とする下着の数は、それほど多くないのでは? 成長と消耗の度合いを考えると、予備をいくつも持たずに新品に入れ替えながら更新するという方法が現実的です。

洗濯するときに、サイズと傷み具合を点検して、着られそうにないものは処分。なるべく一定数に保ちながら、詰め込まずに済むようにしておきたいものです。さらに、しまい方も見直してみましょう。子どもの下着類は、大人のものとは違って小さいので、小さい入れ物で小分けにしておくのがおススメです。


各所のタオルは交換するだけ

洗面所やトイレなどでは、タオルをパイプやフックに掛けたり吊るしたりしているはず。そんな各所にある使用中のタオルは、乾いたタオルと交換して洗濯機に入れるようにします。毎日洗濯するなら、タオルを使う場所ごとに使用中と洗濯・乾燥中の2枚でOK。ということは、余分なタオルをストックする必要がありません。

家族がスポーツ用に使う、海辺で使うといった特定の用途があるタオル以外、日常使いのタオルというのは意外と少なくて済むものです。また、入浴後のバスタオルの使用をやめてフェイスタオルに切り替えればかさ張らないため、洗濯量と収納量を減らすことができます。


仕分けネットを使って家族で協力

着替えたら洗濯することになるのですが、脱いだあとに仕分ける作業は家族それぞれに行ってもらいましょう。トップスは洗濯機へ、ボトムスとソックスは洗濯ネットへ。あるいは白物と色物に分けておくなど、洗濯スタイルに応じて仕分けてもらいます。
洗濯の仕分け法

壁面を使って仕分け用のバッグを吊るしたり、洗濯カゴにピンチで洗濯ネットを留めたりしてもいい

洗濯カゴを使うのが一般的ですが、マグネットフックで洗濯機に大きな洗濯ネット袋を吊るしておくと、場所をとらずに洗濯物を入れておけます。

家事というのは毎日同じことを繰り返します。その中身を見直して、手間を減らす方法を取り入れましょう。それは手抜きではなく効率アップにつながります。


※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。