働くママと、子供服をすっきり整理整頓・収納!

1歳3カ月のお子さんがいるSさん。育児に家事に仕事にと、慌ただしい毎日でヘトヘト。家が片付かなくて気になっているとか。特にクローゼットを何とかしたいということで、ガイドがSさん宅へ伺い、子供服の整理・収納方法についてアドバイスしました。
   

子供服・ベビー服がいっぱい! おすすめの収納方法は?

子供服の整理整頓・収納術アイディア!ママの片付けビフォーアフター

次の子用に服を残すとしても、その子が同じ時期に同じサイズとは限らないので、冷静にジャッジしたい

魔法にかかったようにぐんぐん成長して、服のサイズの入れ替わりが激しいのが乳児期。つい最近までちょうどよかったベビー服が、今はもうパツパツで「おへそが出ちゃった」というSさん。このサイズは無理だと気付いたときによけておかないと、洗濯して棚に戻していたなんてことがあるかもしれません。

また、「あちこちから貰ってきて、そのサイズになったら着せようと思っていた服が意外と多い」とのこと。自分で購入していないものだと、しまったまま忘れやすいそうです。

大人の服と違って、ベビー服はたたむと小さくなるので、自分で思っているよりもたくさん収納できてしまいます。また、広げてみないとその大きさが分からなかったり、着せてみてようやくサイズ感が分かったりなど、戸惑うことも多いはず。日に日に成長するこの時期だからこそ、ベビー服の整理が肝心。サイズと着る季節に注意して、むやみに溜めないようにしましょう。

そこで早速、ベビー服からお片付けをスタートしました。
 

子供服・ベビー服のおすすめ整理法!衣替えもらくらく

ベビー服の整理をするにあたって欠かせないのは、サイズと季節で着る服を区別することです。そこで最初に取りかかったのは、家のあちこちにしまわれていたベビー服を一堂に集めてから、種類別に分類すること。Sさんの場合は8種類に分けて、残す服と処分する服を決めていきました。
  • 長袖シャツ
  • 半袖シャツ
  • タンクトップ
  • ズボン
  • ブルマー
  • セットアップ
  • ロンパース
  • ジーンズ
ベビー服の整理収納

「さんざん着たから惜しくない」「あ~どうしよう、いいものなんだけれど~」しばし葛藤。残す服の絞り込み作業

分けてみると、種類も数もたくさんあることが分かります。すでに小さくなった服は処分して、次の子用に残す予備の服は、カラーボックス3つぶんにまとめて、クローゼットの上の棚に収納。

今ちょうど着られる服は、種類が混ざらないように、収納ケースを使って棚へ戻します。カラーボックス・収納ケースは100均や無印良品のものがシンプルでおすすめです。

四角くたたんだ服は立てて収納。棚の奥行より大きいサイズの収納ケースは、横向きにしてから本のように服をケース内に差し込んでいきます。ひと目で服のありかが分かれば、出し入れしやすくて、子どもの着替えがスムーズ。もらい物の服があったことを忘れて、「夏服を買おうと思っていたので、見直してよかった」と、Sさんは仕分けの成果にニッコリです。

さて次は、オムツとお出かけセットに取りかかりましょう。
 

ベビー服、オムツ、マザーズバッグなど、子供グッズの収納を整える

家の中でも、おもに育児の場として使われるのがリビングダイニング。Sさん宅ではキッチンと洗面所への動線が近いため、キッチンカウンターの下にある棚が、ベビー服の定位置にはうってつけです。すでにベビー服の収納は整え終わっているので、次はそのカウンター横に置いてある棚に取りかかります。
子供服、オムツ、マザーズバッグの収納

絵本とおもちゃの飾り棚、その横にあるカウンター収納には子供服、オムツ、マザーズバッグを

現状は飾り棚の中にオムツが、棚の上にはマザーズバッグが置かれた状態です。Sさんとしては、この棚に絵本を収納したいのに、「今は置けないので、袋詰めにしてクローゼットに入っているんです」と残念そう。オムツとマザーズバッグの移動先をつくりましょう。

幸いなことに、ベビー服をしまったカウンター収納の右側に空きがあります。ここを片付ければ、オムツもバッグも入りそう。というわけで、今収納されているアルバムや雑誌、雑貨などを別の場所へ移動しました。これでめでたく、飾り棚には念願の絵本が収まりました。

次は、いよいよお片付けの仕上げに入りますよ。
 

床が見える!気になっていたモノが入った!

実は、Sさんがずっと片付けたいと思っていたのは、お雛様と客布団、そして季節家電。「押入れもない、納戸もない。おまけに天井が低いから上の棚に入らない」というのが、悩みのタネでした。

クローゼットは2カ所にあるのですが、1つは天井が低くて、棚の上にお雛様が入らずに困っているとのこと。しまう場所の見つからないモノはどうしたらいいかと、クローゼットの床に置いて、入り口を布団でフタをしている状態です。

「手を伸ばせば、服が取れないわけではないし」と我慢する日々だとか。でも、もう1つのクローゼットのほうは天井が高いので、思い切って荷物を大移動することに決定。お雛様と客布団が、棚の上にちょうど収まりました。
ウォークインクローゼット収納

マタニティ服、次の子用の服、これから着るベビー服も収まりました。「住宅ローンに換算すると、残す価値があるのはどれか?と思います」(Sさん)

小さな季節家電は、天井の低いクローゼットの棚の上に載せて、扇風機は服の下にできた空きスペースに収納。大きな荷物というのは、しまえる場所が物理的に限られるので、収納スペースと折り合いをつけて収まる場所を見つけましょう。

引っ越して約4年のSさん。何とかしたいと思いつつ、育児と家事と仕事に追われていると、「へたに手を付けたら、もっと悪い状態になりそう」という不安もあって、なかなか実行できなかったようです。あちらもこちらもいっぺんに解決するのは確かに大変。

今回のように、子どものために今できることから手を付ける。それがワーキングマザーにとっては大切。たとえばベビー服を片付けるだけでも、毎日の着替えと保育園への支度がラクになります。一歩一歩進めていきましょう。決断すれば、お片付けがサクサク気持ちよくはかどりますよ。

【関連記事】

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。