ウォークインクローゼットだって、収納術次第で活用できる!

ウォークインクローゼットを活用して、服やバッグを効率よく収納しましょう

クローゼットを活用して、服やバッグを効率よく収納しましょう

クローゼットの中で最もスペースをとるのが衣類。収納方法を変えれば、無理に捨てなくてもよくなります。まずは、今できることから見直していきましょう。服、バッグ、小物収納の困りごとを解決するアイデアから、使いにくいウォークインクローゼット収納スペースの活用法まで、一挙にご紹介します!

1. 服の下を無駄にしないテク

備え付けのクローゼットの多くは、ハンガーを掛けるパイプと上段の棚だけのI字型になっています。そこに衣類を吊るしてみると、服の裾から床にかけてポッカリと大きな空間が空くはず。そのスペースこそが、収納量を増やす絶好の場所。ここを使いきるのが最大のポイントです。
クローゼット活用収納術

クローゼットを最大限活用すれば、寝室には整理ダンスがなくてもOK。部屋が広く使える。左:DAIKEN秋葉原ショールーム 右:無印良品

クローゼットの奥行きは55cm前後。そこに引き出しケースを置いて、奥行きを有効に使いきります。ハンガー掛けで吊るせる服の数には限界があるので、衣類をたたむことで収納できる数を増やします。

さらに、1ケースでも多く引き出しを置きたい場合には、吊るす服を丈の長さ順で並べるのがおすすめです。あるいは、ブランコ状のパーツを使えば、上下2段に分けられるので収納量が2倍に増えます。

2. 服のシワが気にならないテク

ハンガー掛けにしていても、ぎゅうぎゅう詰めこめばシワになったり型崩れしたりします。手軽だからといって、たためる服までハンガーに掛けて収納していませんか? たたんでもいい服は、引き出しの方へ移動させましょう。

その際に気をつけたいのはたたみ方。引き出しケースにしまったときの完成形は、上から見た時に服の色柄が分かるように、立ててしまった状態にすることです。イメージとしては、本の背表紙が並んでいるといった様子。その仕上がりを頭に入れて、服を四角い形にたたんでいきます。
服のたたみ方としまい方

積み重ねてしまうよりも収納量は3割アップ。同じ大きさできっちりとたたむなら型紙を差し込んで

身頃の中央に折りジワが残らないように、最初に身頃の両サイドを中央に向けて折りたたんで、長方形にしてから3つ折りか4つ折りにするのがコツです。ブティックでのたたみ方を真似してみましょう。

次は、高い場所、奥行のある押し入れにしまうときの収納術です。