話題のシンガポール麺をお家で!簡単ラクサうどん

所要時間:10分

カテゴリー:ご飯・麺・粉物うどん

 

人気のエスニック麺ラクサを、稲庭風細うどんで簡単アレンジ

カップ麺やインスタントラーメンが発売されて、今話題の「ラクサ」。海外の人気ブログ上で世界で一番おいしい麺に輝いたことも話題になり、日本でも本格的なラクサを味わえるお店が増えてきました。ラクサはシンガポールやマレーシア、インドネシアなどで広く愛されているカレー味のスープ麺で、地域によって種類がたくさんあります。日本でいえば、ラーメンのようなものでしょうか。ピリッと辛くてスパイシーなのに、ココナッツ風味でマイルド。ライムやレモンを搾れば、爽やかな酸味が加わり、食欲をそそる絶妙な味わいに。辛すぎないので日本人の舌にもあいますよ。

一般的には米粉で作った麺が使われますが、お家で再現するなら、ぜひ冷凍『稲庭風細うどん』で作ってみてください。冷凍うどんとエスニック、実は相性抜群なんです。その理由は、稲庭風細うどんならではのなめらかな舌触りとのど越し、そして強いコシ。レンジ調理できるので湯切りの必要がなく、スープの味が薄まることもありません。コクのあるスープとコシのある麺がよく絡み、噛むごとに深い味わいへと変化していきます。


簡単ラクサうどんの材料(1人分

ラクサうどんの材料
冷凍うどん テーブルマーク冷凍『稲庭風細うどん』1玉
えび 4尾(背わたを取り除く)
厚揚げ 1/4枚(湯通しして5mm厚に切る)
ラクサペースト (※市販のもの)約大さじ2
ココナッツミルク 100cc
サラダ油 小さじ1
【A】調味料
鶏ガラスープの素 小さじ2
200cc
砂糖 ひとつまみ
【B】トッピング
もやし 適量(茹でたもの)
紫たまねぎ 適量(薄切り)
パクチー 適量
レモン 適量(櫛切り)
ライム 適量(櫛切り)
ゆで卵 1/2個

簡単ラクサうどんの作り方・手順

簡単ラクサうどんの作り方

1:えびとラクサペーストを炒める

えびとラクサペーストを炒める
鍋にサラダ油を熱し、えびを炒めます。色が変わったらラクサペーストを加え、さらに炒めてください。 えびは背わたと尾の汚れを取り除き、よく洗って水気を拭いておきます。殻付きで炒めることで旨味が出ます。

2:調味料の【A】とココナッツミルクを順に加える

調味料の【A】とココナッツミルクを順に加える
【A】を入れてひと煮立ちさせ、続けてココナッツミルクを加えます。

3:2に厚揚げを入れて温める

2に厚揚げを入れて温める
2がひと煮立ちしたら厚揚げを入れて温め、味を調えます。 厚揚げはあらかじめさっと湯通ししておくと余分な油が落ち、味が馴染みやすくなります。また、えびは一度取り出して殻を剥いておくと食べやすいです。

4:冷凍『稲庭風細うどん』をレンジ加熱する

冷凍『稲庭風細うどん』をレンジ加熱する
冷凍『稲庭風細うどん』を皿にのせ、電子レンジ600wで3分20秒加熱します(500wの場合3分30秒)。

5:うどんを合わせ、【B】をのせる

うどんを合わせ、【B】をのせる
レンジ加熱済みのうどんとスープを合わせて器に盛り付け、【B】のトッピングをのせます。


ラクサペーストが見つからないときの代用法

ラクサペースト以外でも作れるラクサうどん

ラクサペースト以外でも作れるラクサうどん


ラクサペーストは輸入食材を扱うスーパーやネット通販などで購入できますが、タイ料理などに使われる「レッドカレーペースト」を使って作ることもできます。おろしにんにく、しょうが、細かく切った干しえび、レッドカレーペーストを油で炒めればOK。市販のラクサペーストとは多少辛さが異なるため、辛さを確認しながら分量を調節しましょう。
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※衛生面および保存状態に起因して食中毒や体調不良を引き起こす場合があります。必ず清潔な状態で、正しい方法で行い、なるべく早めにお召し上がりください。また、持ち運びの際は保存方法に注意してください。