うなぎ料理に匹敵する! 「なまず料理」が有名な埼玉県・吉川市

厳しい暑さが続く夏には滋養強壮のため、うなぎを食べる食文化が日本には根づいています。毎年、土用の丑の日にうなぎを味わうことを習慣としている人も多いことでしょう。うなぎは川魚ですが、川を覗くと様々な魚が水の中で暮らしています。うなぎのようにポピュラーではありませんが、鯉やなまずも食材となります。

なまずの天婦羅(福寿家)

なまずの天婦羅(福寿家)


都心から約20キロ、埼玉県南東部の吉川市の中川東岸には、わずか徒歩1分足らずのエリアに数軒のなまず料理店が寄り集まる珍しいエリアがあります。今回は、「なまずの里」埼玉・吉川市のなまず推しな町の様子と、バラエティー豊かななまず料理をご紹介。

なまずをシンボルとした街づくりをする、吉川なまずの里

吉川市は江戸川や中川の水の恵みによって、稲作をはじめとして農業が盛んに行われました。市内には用水路や小川が張り巡らされ、かつては水辺でなまず捕りをする子どもの姿が絶えませんでした。網にかかったなまずは、自宅の台所に運ばれ食材となったのです。

吉川市西部を流れる中川

吉川市西部を流れる中川


吉川市の人々にとってなまずは極めて身近な存在であったため、なまずをシンボルとした街づくりが進められました。市内を流れる大場川の東岸には、なまずの養殖池があります。1995年にはJR武蔵野線吉川駅の前に日本一大きな金色のなまずモニュメントが完成し、2010年にはイメージキャラクターなまりんが誕生しました。

大場川の東岸に設けられたなまずの養殖池

大場川の東岸に設けられたなまずの養殖池


JR武蔵野線吉川駅前の大きな金色のなまずモニュメント

JR武蔵野線吉川駅前の大きな金色のなまずモニュメント


2000年に埼玉新聞社が行った「21世紀に残したい埼玉ふるさと自慢の百選」では、吉川市のなまず料理がナンバーワンに輝いています。また、毎年4月上旬には、吉川なまずの里マラソンが開催されています。

なまずの養殖池で空気を送り込む水車

なまずの養殖池で空気を送り込む水車


JR武蔵野線美南駅で乗降客を見守るイメージキャラクターなまりん

JR武蔵野線美南駅で乗降客を見守るイメージキャラクターなまりん


驚きのメニューが並ぶなまず料理

なまずは、血抜きがうなぎに比べて容易であるため、生でも食べることができます。刺身はとても柔らかな歯ざわりで、ほのかな甘みをもっています。

なまずの刺身(糀家)

なまずの刺身(糀家)


クセのないあっさりとした味わいは酢味噌、南蛮漬、マリネなどでひきたてられます。

なまずの酢味噌(福寿家)

なまずの酢味噌(福寿家)


なまずの南蛮漬(ますや)

なまずの南蛮漬(ますや)


なまずのマリネ(糀家)

なまずのマリネ(糀家)


天婦羅、蒲焼、照焼などにも利用され、オールマイティーな食材です。

なまずの蒲焼(ますや)

なまずの蒲焼(ますや)


なまず照焼(糀家)

なまず照焼(糀家)


産卵の時期には卵の煮付けのようなユニークなメニューも登場します。

なまずの卵の煮付け(ますや)

なまずの卵の煮付け(ますや)


そして、なまずの料理で最も個性的なのが、たたき揚げでしょう。なまずの中落ちや、骨、頭、肝を包丁で叩き、味噌で味付けし油で揚げた料理。吉川の代表的な家庭料理だったのですが、今では市内の惣菜屋で買い求めることが多くなったようです。

なまずのたたき揚げ(福寿家)

なまずのたたき揚げ(福寿家)


一品料理ばかりでなく、身や骨、肝を包丁で叩いて作った団子を味噌汁に入れた団子汁も、格好のご飯のおともとなります。

なまずの団子汁(糀家)

なまずの団子汁(糀家)


次のページではなまず料理店と土産をご紹介します。