【編集部からのお知らせ】
このたび「31歳からの恋愛相談室」がスタートいたしました。
オトナ女子の恋活・婚活にまつわる悩みに、恋愛のプロが、無料でお答えします。
ご応募はこちらからどうぞ!

記事例:「なんで結婚しないの?」に答え続けるのにもう疲れました

愛する人の死で学ぶこと

愛する人との死別で学ぶこと

愛する人との死別で学ぶこと

愛する人との別れは、自分自身を引き裂かれるような痛みを感じるものです。それが「死別」である場合は尚更でしょう。
愛する人とはもう会えないどころか、もうこの世にはいないという事実は、人に絶望させるものです。

でも、人は皆、いつかは死にます。つまり、愛する人との「死別」は、誰もが必ずと言ってもいいくらいに経験する悲しい出来事なのです。
私たちは大切な人との死別を通して、どんなことを学べばいいのでしょうか。

実は、私の友人でも、2人がパートナーに先立たれています。1人は自殺、1人は心不全による急死です。どちら人も急なお別れになったこともあり、心はパニックになり、現実をなかなか受け止められなかったようです。

そんな友人を通して、私が気付いたことがあります。それは、「死別」の出来事は、亡くなったのはパートナーの方ではあるけど、実は、「残された者にとっての試練」なのだということです。

スピリチュアル的には、肉体は死んでも、魂は永遠だと言われています。他界した人は肉体的な死を迎えることで、痛くもかゆくもなくなり、また肉体を持つ故の、物質的な不安や苦しみからも解放されます。その上で、私たちを見守ってくれることも多いでしょう。

だからこそ、亡くなった人を心配したり、可哀想がったりする以上に、残された私たちが、その出来事を通して、「今後、どんな生き方をするのか?」「どうやってこの悲しみを乗り越えるのか?」の方に目を向ける必要があるのです。

では、「死別」が、“残された者にとっての試練”なのであれば、一体その出来事を通して、私たちは何を学ぶべきなのでしょうか?


学ぶこと1:命は永遠ではないこと

愛する人の死を悲しんでいる私たちですら、いつかは必ず死にます。普段は死とは無関係に生きていても、自分の死がいつ訪れるのかは、誰にも分かりません。それは、もしかしたら明日かもしれないのです。

でも、死があるからこそ、「どう生きるのか?」が問われます。死んでから、「あれをやっておけばよかった!」なんて後悔しないためにも、日々、出来ることはやっておいた方がいいし、老後ばかり不安がって日常を楽しまないで生きるよりも、「今も楽しむ」ように生きることは大事でしょうしね(だからって、「貯金をするな」と言っているわけではないですよ?)。

人は死を意識するようになると、目先のことではなく、「人生というレベル」で物事を見るようになります。そうなったときに、「人生において、大切なこと」に気付くことも多いものです。

自分にとって「“生きる意味”とは何なのか?」というのを考えてみることは、とても大切なことです。
「家族を愛すること」「自分の能力を通して、世の中を良くすること」「死ぬまで作品を作り続けること」「ただただ寿命まで、この命を全うすること」……など、答えは人によってそれぞれ違うでしょう。正解はありません。“自分にとっての答え”を見つけることが大切なのです。

例えば、もし今、「人生がつまらない」と行き詰っている人は、「もし自分が半年後に死ぬのだとしたら、今、何をするのか?」を考えてみて、実際に行動を起こしてみるのもいいでしょう。それこそが自分の“本心”なのです。
普段は、目先のことばかりに追われていても、“人生というレベル”で物を見たときには、大切なことが変わってきます。そこには、「自分がどんな人間として、この世界で存在していたいのか」というのも問われるものでしょう。

死があるからこそ、生があるもの。大切な人が自らの死を通して、「死の身近さ」を教えてくれたのであれば、残された私たちはどう「生きる」のか?それこそが、私たちが学ぶことなのです。

他にも、大切な人との死別を通して、私たちが学べることがあります。次のページで紹介します。