夏のアウトドアにおすすめ!麦わら帽子に似合うロングヘアアレンジ

紫外線対策のために麦わら帽子をかぶる機会が増える夏。これからのアウトドアシーズンに最適な、簡単ヘアアレンジをご紹介します。くるりんぱの位置を工夫することで、ツバ広の帽子をかぶっても崩れにくく、バランスのよい髪型に! シリコンゴムだけでできてしまう簡単ヘアスタイルですので、日差しの強い日にぜひ活用してみて下さい。
麦わら帽子に似合う簡単ヘアアレンジ

hair&make RIKUSHI(anti)

 ベースのヘアスタイル

モデルは、胸上のセミロングスタイル。予め、32ミリのヘアアイロンでランダムにカールをつけておくとアレンジしやすいです。※ヘアアイロンの巻き方が分からない方は「アレンジ前のベースの巻き方」を参照下さい。
胸上のセミロングスタイル

胸上のセミロングスタイル

 おすすめのタイプ

顔型:すべてOK
髪質:すべてOK
毛量:すべてOK
クセ:直毛~ややクセ毛

麦わら帽子ヘアアレンジの方法・やり方 

手ぐしでざっくりまとめる

手ぐしでざっくりまとめる

1. まずは、前髪以外の髪を後ろでひとつにまとめます。低めの位置でゆるめにざっくりまとめておきましょう。

シリコンゴムでゆるめに結ぶ

シリコンゴムでゆるめに結ぶ

2. 髪色に近いシリコンゴムで結びます。この時も髪をひっぱらないようにして、ゆるさを残しておきましょう。写真では見えやすいように白いシリコンゴムを使用していますが、実際は髪色に近いものがベストです。

上から下に向かって一度くるりんぱ

上から下に向かって一度くるりんぱ

3. 結び目に穴をあけ、毛束を上から下に向かって通し、くるりんぱをします。

同じ毛量に分けて左右に引っ張る

同じ毛量に分けて左右に引っ張る

4. 毛束を2つに分けて、左右に引っ張りたるみをとります。

10cmほど離れた位置で結ぶ

10cmほど離れた位置で結ぶ

5. 先ほど作った「くるりんぱ」から10cmほど下の位置で、毛束を結びます。髪の長さに応じて、位置を変えてもOKです。

左右に引っ張りたるみをとる

左右に引っ張りたるみをとる

6. 同じように2つ目のくるりんぱを作り、毛束を左右2つに分けて、キツめに引っ張ります。

結び目を10cm下にスライドさせる

結び目を10cm下にスライドさせる

7. 崩れないように片手でしっかり押さえながら、もう片方の手で、先ほどくるりんぱした結び目のシリコンゴムだけを持ち、あと10cmほど毛先に向かってスライドさせます。

a

毛先が約10センチ程残っていると良いバランス


 
8. 最後にスライドさせた位置で、もう一度くるりんぱをします。3回くるりんぱすることで編み込み風に見え、こなれた印象に。毛先が約10cm残っていると、帽子をかぶったときにもバランスよく仕上がります。ミディアムヘアの場合は、手順5で結び目の位置を調節しましょう。

帽子アレンジを上手く仕上げるポイント

立体的に見せるために表面の毛を指でつまみ出します。細い毛束をつまみ出すとやわらかい印象になり、より立体的でオシャレに見えます。
崩しすぎないよう指で少しずつ、つまみ出す

崩しすぎないよう指で少しずつ、つまみ出す


赤い点の位置を崩すとバランスよく仕上がります。頭の形を立体的に見せたり結び目がピッチリした印象になりやすい部分をやわらかく見せたりするポイントです。
帽子を被る場合はむすび目の所だけでOK

帽子を被る場合はむすび目の所だけでOK


 バックスタイルと帽子アレンジの仕上がり

最後に崩しを入れることで、このように立体的で柔らかい印象になります。夏にぴったりの爽やかでオシャレな帽子アレンジ、ぜひ挑戦してみて下さい!
簡単くるりんぱアレンジ・ロング

hair&make RIKUSHI(anti)

麦わら帽子に似合う簡単くるりんぱアレンジ・ロング

hair&make RIKUSHI(anti)

麦わら帽子に似合う簡単くるりんぱアレンジ・ロング

hair&make RIKUSHI(anti)


※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。