LINEの「友だち自動追加」機能とは?

「許可する」を選択するとどうなる……?

「許可する」を選択するとどうなる……?

LINEの設定の「友だち追加」にある「友だち自動追加」機能。「許可する」という緑色のボタンがありますが、選択するとどうなるのでしょうか?

友だち自動追加」とは端末のアドレス帳に電話番号の登録があり、なおかつLINEユーザーである人が、自動でLINEの友だちリストに追加される機能です。例えばLINEを始めたばかりのとき、知り合いを1人ずつLINEの友だちに追加するのは大変……。そのようなときには「友だち自動追加」機能が大変便利です。

ただ、その使い方には注意が必要なことも。今回は「友だち自動追加」機能の使い方や注意点、「友だち自動追加」と「友だちへの追加を許可」の違いを解説します。
 

LINEの「友だち自動追加」機能の使い方! 通知はされる?

使い方はとってもカンタン。友だちリスト画面の友だち追加で、自動追加“許可する”をタップするだけで設定完了です。
友だちリスト画面undefined友だち追加 ? 友だち自動追加“許可する”undefinedをタップすると、アドレス帳に電話番号の登録があり、なおかつLINEユーザーである人が自動で友だちに追加されていく

友だちリスト画面 「友だち追加」から友だち自動追加“許可する”をタップすると、アドレス帳に電話番号の登録があり、なおかつLINEユーザーである人が自動で友だちに追加されていく

または、設定画面からも「友だち自動追加」機能をONにすることができます。「設定」の「友だち」から「友だち自動追加」を選択しましょう。
設定画面undefined友だち ? 友だち自動追加undefinedをONにすると、アドレス帳に電話番号の登録があり、なおかつLINEユーザーである人が自動で友だちに追加される

設定画面 友だち ? 友だち自動追加 をONにすると、アドレス帳に電話番号の登録があり、なおかつLINEユーザーである人が自動で友だちに追加される
 

「友だち自動追加」を許可した場合、相手には「○○があなたを電話番号で友だちに追加しました。」という通知が届きます。
 

「友だち自動追加」機能の注意点

「友だち自動追加」は、一度に複数の人を友だちに追加できて便利な反面、LINEでは友だちになりたくない人でも、アドレス帳に電話番号が登録されていると自動で追加されてしまいます。アドレス帳に友だち追加したくない人が含まれている場合は、許可しないようにしましょう。
 

「友だち自動追加」を許可しない方法

アドレス帳に友だち追加したくない人が含まれている場合は、「設定」の「友だち」から「友だち自動追加」を選択し「友だち自動追加」機能からチェックをはずしてOFFにしておきましょう。
 

一度許可したあとに取り消しはできる?

一度「許可する」をしてしまった場合、そのあとに「友だち自動追加」のチェックを外しても、一度友だちになった相手を取り消すことはできません。「友だち自動追加」をオフにしたあとにアドレス帳に加わった相手は自動的に追加されない、ということになります。
 

「友だち自動追加」と「友だちへの追加を許可」の違い

似ている名前で「友だちへの追加を許可」という設定があります。「友だちへの追加を許可」は、自分の電話番号をアドレス帳などに登録している相手に、自分を友だち追加することを許可する機能です。

「友だちへの追加を許可」をONにした場合、相手が自分の電話番号をアドレス帳に登録していて、なおかつ「友だち自動追加」をONにしていた場合、思いがけず自分が友だち追加されてしまうということが起こります。また、自分がまったく知らない人でも、電話番号を何らかの方法で入手されてしまうと、勝手に友だち追加されてしまう可能性も考えられるでしょう。

この機能をOFFにすることで、勝手に友だち追加されるのを防ぐことができます。勝手に友だち追加されたくない場合は、「友だちへの追加を許可」をOFFにしましょう。
「設定画面」→「友だち」→「友だちへの追加を許可」をOFFにすると、相手のアドレス帳などに自分の電話番号が保有されていても、友だち追加されない

「設定画面」→「友だち」→「友だちへの追加を許可」をOFFにすると、相手のアドレス帳などに自分の電話番号が保有されていても、友だち追加されない


勝手に友だち追加されることが心配な人、むやみに友だちの数を増やしたくない人は、「友だち自動追加」「友だちへの追加を許可」どちらもOFFにしておくことをオススメします。本当に必要な人とだけつながりたいのであれば、手間でも1人ずつ手動で登録するのが安全で確実な方法といえるでしょう。
 

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※OSやアプリ、ソフトのバージョンによっては画面表示、操作方法が異なる可能性があります。