LINEの「ピン留め」機能って何?

LINEの「ピン留め」機能

 

彼氏や家族、進行中のプロジェクトを一緒に進めている同僚など、LINEで常にやりとりしている相手っていますよね。そうした優先度の高い相手とのトーク(またはグループトーク)を、常にトーク画面の上部に置いておければ便利。それができるのが、今回紹介する「ピン留め」機能です。現在はiPhone版LINEのみで提供。設定や解除はとても簡単です。

まずはトーク画面を見てみましょう。常にトップに表示させたいトークを、画面左側から右にスワイプすると、「ピン」と「通知ON/OFF」マークが現れます。出てきた「ピン」マークをタップすれば、「ピン留め」完了。「ピン留め」した直後に、そのトークは、画面の一番上に表示されます。
 
「ピン留め」前の画面。「ピン留め」したいトークを右にスライドさせる

「ピン留め」前の画面。「ピン留め」したいトークを右にスライドさせる

「ピン」と「通知ON/OFF」マークが現れるので、「ピン」マークをタップ

「ピン」と「通知ON/OFF」マークが現れるので、「ピン」マークをタップ

「ピン」をタップした直後に「ピン留め」したトークが画面の一番上に表示る。これで特定トークを固定できます。

「ピン」をタップした直後に「ピン留め」したトークが画面の一番上に表示される。これで特定トークを固定できます


「ピン留め」したトークは、アイコンの右下に「ピン」マークが付けられ、画面のトップに固定されます。これで、他の人から新しいメッセージが届いてもトップ画面にあるので、大事な人とのやり取りを、いつでもすぐに見つけられます。
 

「ピン留め」機能を解除する方法

解除の方法も簡単です。設定した時と同じように、「ピン留め」を解除したいトークを、画面左から右へスライドさせます。「ピン」と「通知ON/OFF」マークが現れるので、「ピン」マークをタップします。これで解除され、そのトークは、画面トップから外されます。
解除前の画面。解除したい「ピン留め」されたトークの、画面左から右へスライドさせる。

解除前の画面。解除したい「ピン留め」されたトークの、画面左から右へスライドさせる

「ピン」と「通知ON/OFF」マークが現れるので、「ピン」マークをタップします

「ピン」と「通知ON/OFF」マークが現れるので、「ピン」マークをタップします

これで元に位置に戻る

これで元に位置に戻る
 

他にもある!トークを並び替える3つの方法

LINEのトーク画面には、「ピン留め」以外にも、3つの「並び替え」方法があります。新しいメッセージを上位表示させる「受信時間」や、未読のメッセージをトップに表示する「未読メッセージ」、お気に入り設定してある人のトークを優先させる「お気に入り」です。
画面の一番上にある「トップ」をタップすると、3つの「並び替え」が選択できる

画面の一番上にある「トップ」をタップすると、3つの「並び替え」が選択できる

並び替えの選択画面がポップアップされる

並び替えの選択画面がポップアップされる

特に「ピン留め」と「お気に入り」は、用途が似ている印象がありますね。では、どちらが優先されて上位に表示されるのか

結論としては、トーク画面における優先順位は、「ピン留め」>「お気に入り」です。
例えば「お気に入り」順に並べてみる

例えば「お気に入り」順に並べてみる

「ピン留め」されたトークが最上位に表示され、その次に「お気に入り」、その下にはメッセージの「受信時間」順に並ぶ

「ピン留め」されたトークが最上位に表示され、その次に「お気に入り」、その下にはメッセージの「受信時間」順に並ぶ

他の「受信時間」や「未読メッセージ」を選んでいても、常に「ピン留め」機能は優先され、一番上に表示されるんです。

もし「お気に入り」設定している相手が少なければ「お気に入り」順を選択すればよく、「ピン留め」する必要性は少ないです。でも「お気に入り」はついつい増えていくもの。7~8人以上を「お気に入り」に設定している場合、トーク画面が「お気に入り」登録をしている相手とのトークでいっぱいになってしまいます。

「ピン留め」を、あまり増やすと、これもまた意義が薄れてしまいます。「ピン留め」はほどほどに。そして気軽に設定・解除ができるので、こまめに設定をし直せば、とても便利な機能ですよ。

【関連記事】
  • LINEアナウンス機能の使い方!ピン留めは相手にバレる
  • LINEでスタンプの押し間違いを防ぐ小ワザ
  • LINEで文字のサイズを読みやすい大きさに変更する方法
  • LINEのプロフィール画像を動画にする方法
  • トーク流出を防止!LINEに鍵をかける方法


※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※OSやアプリ、ソフトのバージョンによっては画面表示、操作方法が異なる可能性があります。