スタンプの誤送信を防ぎたい!

top

喜びのスタンプを送るはずが、怒ったスタンプを送って誤解を招いてしまうことも……

LINEトークで楽しい話題の最中に、うっかり怒った顔のスタンプを送ってしまって慌てた……なんて経験はありませんか? スタンプの誤送信が多いのなら、「スタンプレビュー」機能がオフになっているのかもしれません。

 「スタンププレビュー」機能は、スタンプを送信する前に、こんなスタンプを送信しますよと、確認できる設定です。この機能がオフになっていると、スタンプの選択画面で、スタンプをタップすると、即送信されてしまいます。
画面右下の「……(その他)」タブから「設定」をタップ

画面右下の「……(その他)」タブから「設定」をタップ

「設定」画面の「スタンプ」を選択

「設定」画面の「スタンプ」を選択

「スタンププレビュー」をオンにします

「スタンププレビュー」をオンにします

「スタンププレビュー」をオンにしたら、友だちとトークしてみましょう。スタンプを選択すると、画面にスタンプが大きく表示されるはず。これがプレビュー表示です。

プレビューされたスタンプをそのまま送りたければ、プレビューされたスタンプをタップするか、「送信」ボタンを押します。

違うスタンプにしたければ、スタンプ選択画面で別のスタンプを押して見ましょう。スタンプを送るのではなく、メッセージを送りたいという時には、プレビュー画面の右上にある「×」をタップすれば、プレビュー画面は消えます。

画面にスタンプが大きく表示される。これが「スタンププレビュー」

画面にスタンプが大きく表示される(iOSでの操作画面)。これが「スタンププレビュー」

Androidでの操作画面はこんな感じ

Androidでの操作画面はこんな感じ

スタンプを変えたい時は、スタンプの選択画面で別のスタンプを選ぶ

スタンプを変えたい時は、スタンプの選択画面で別のスタンプを選ぶ

プレビューされたスタンプを送る場合は、プレビュースタンプをタップ。または「送信」ボタンを押す

プレビューされたスタンプを送る場合は、プレビュースタンプをタップ。または「送信」ボタンを押す

もちろん、誤送信することよりも、プレビュー表示されるのがまどろっこしくて邪魔!なんて思っている人は、逆にこの「スタンププレビュー」をオフにしちゃいましょう。スムーズにトークができて、盛り上がるかもしれません。自分に合った設定はどちらなのか、試してみてください。



※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※OSやアプリ、ソフトのバージョンによっては画面表示、操作方法が異なる可能性があります。