もしかしてブロック?「メンバーがいません」の意味とは

「メンバーがいません」ってどういう状況?

「メンバーがいません」ってどういう状況?

トークリストに「メンバーがいません」と表示され、自分がブロックされたのではないかと疑った経験のある人はいませんか? その相手とのトーク画面を見ると、ユーザー名は「unknown」、メッセージの最後に「退出しました」と表示されます。
トークリストで「メンバーがいません/メンバーなし」と表示されている相手とのトーク画面を見ると、ユーザー名「unknown」、メッセージの最後に「退出しました」と表示されている

トークリストで「メンバーがいません/メンバーなし」と表示されている相手とのトーク画面を見ると、ユーザー名「unknown」、メッセージの最後に「退出しました」と表示されている

「メンバーがいません」と表示されるのは、どういう状況の時なのでしょうか?

パターン1. 相手がLINEを退会した、もしくはアカウントを削除した

「メンバーがいません」と表示されるのは、自分がブロックされたのではなく、相手のLINEアカウントが存在しなくなったことを意味します。つまり、相手がLINEを退会した、もしくはアカウントを削除した場合、友だちリストも消えてしまうため、「メンバーがいません」と表示されるのです。

相手がLINEを退会する理由は様々だと思いますが、スマートフォンの機種変更の際にアカウントの引き継ぎに失敗してしまったという、うっかりミスが原因となっていることが多いようです。引き継ぎに失敗すると、友だちリストも消えてしまうので、機種変更をするときはくれぐれも注意しましょう。

<関連記事>
機種変時にはLINEの新しい設定に注意!必須の操作とは

パターン2. 自分が非表示リストまたはブロックリストに入れていた相手を削除した

非表示リスト、ブロックリストは「設定」の「友だち」から見ることができる

非表示リスト、ブロックリストは「設定」の「友だち」から見ることができる


同様に、自分で非表示リストまたはブロックリストに入れていた相手を削除してしまった場合にも「メンバーがいません」と表示されます。誤って削除してしまった場合、その相手とのトーク履歴が残っていれば再び友だち追加できますが、残っていない場合は何らかの方法で友だち追加をする必要があります。

パターン3. LINEの不具合……?

また、レアなケースではありますが、LINEアプリそのものの不具合が原因で、友だちリストが消えてしまうことも考えられます。その場合、LINEアプリを再インストールしなければならなくなることがあります。万が一に備え、あらかじめメールアドレスを登録する、消したくないトーク履歴のバックアップをとるなどの対策をしておきましょう。

<関連サイト>
機種変更などでLINEのトーク履歴を引き継ぐ方法

相手にブロックされたわけではない

もし自分が相手にブロックされてしまっても、自分をブロックした相手は友だちリストに表示されたままで、トークも送信できるため、ほとんど気付かないでしょう。しかし、自分が送信したトークは相手には届かず、いつまでも既読にならないほか、通話を発信しても呼び出し音が鳴ったままの状態で、相手とは通話できません。

自分をブロックしている相手にトークを送信しても、相手に届かず、いつまでも既読にならない

自分をブロックしている相手にトークを送信しても、相手に届かず、いつまでも既読にならない

ちなみに、グループトーク内では、ブロックした側もされた側もトークの送受信及び通話の発着信を行えるため、自分がブロックされていることはわかりません。

自分がブロックされているかどうかを調べる方法もありますが……。知らない方が幸せ、ということもありますので、あまり詮索しない方が賢明です。



※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※OSやアプリ、ソフトのバージョンによっては画面表示、操作方法が異なる可能性があります。