冬なのに脱水症になる可能性があるのはなぜ?

水を飲む女性

夏でも冬でも、小まめな水分補給は大切。特に寒い冬は意識して水分を摂るように!

暑い夏は大量の汗をかくので、こまめな水分補給は当たり前のことです。しかし、じつは冬場こそ水分補給が大切だということは、あまり知られていません。なぜ「冬こそ水分補給」なのでしょうか。それは、日本の冬の空気がとても乾燥していることと関係しています。

人間の体の50~60%は水分です。そして、暑さ寒さにかかわらず、皮膚の汗腺からは水分が出ており、尿などで排出される水分と合わせると、1日に2~2.5リットルの水分を失っているといわれます。さらに外気が乾燥していると、皮膚や粘膜、呼気などから失われる水分が増えてしまうのです。この失った水分は、飲み物や食事から取り入れるしかありません。

夏であれば、熱中症対策に意識して水分を取るでしょうが、冬はよほど激しい運動でもしない限り、水分補給の必要性を感じることは少ないでしょう。また高齢者の中には、「体を冷やしたくない」「寒い夜にトイレに起きたくない」からと水分摂取を控えてしまう人がいます。さらには風邪やインフルエンザ、ノロウイルスなどの冬に流行する感染症にかかり、発熱や嘔吐、下痢などで体内の水分を失うことがあります。いずれにしても、適切な水分をとらないでいると、気づかないうちに体が乾燥している状態になり、冬でも脱水症の一歩手前である「かくれ脱水」になっていることがあるのです。

「かくれ脱水」に潜む危険と兆候

体から多量の水分が失われてしまうと、肌や髪の乾燥だけではなく、体内にも影響が出てきます。たとえば、血液の水分が不足すると、サラサラと流れるべき血液はドロドロになり、血管が詰まりやすくなってしまいます。その結果、脳血管疾患や心筋梗塞を引き起こす危険性が高まります。体内の臓器にしても同様で、血流が悪くなれば機能は低下します。

冬のかくれ脱水は、喉が渇く、尿量が少なくなる、脳の血流が減ることによる集中力の低下、消化管の血流が減ることによる食欲不振などの兆候があります。しかし見た目ではほとんど分からないので、こまめな水分補給を心がけることしか対処法はありません。

「いつもお茶を飲んでいるから大丈夫」とか、「水分はビールで補給しているから心配ない」という人もいますが、それは適切な水分補給ではありません。たしかに「水分」には違いありませんが、お茶に含まれるカフェインやアルコールは利尿作用があります。つまり、水分を補給しているつもりが、逆に水分を失っていることになるのです。また尿には水分と電解質が含まれているため、利尿作用で大量の尿を排出すると、かくれ脱水を進行させる可能性があるので注意しましょう。

脱水症予防に!正しい水分の取り方と湿度管理のコツ

かくれ脱水の予防は、やはり何といっても適切に水分を取ることです。しかし、冬の寒い時期に冷たい水を飲めば、体を冷やすことになります。おススメは「ぬるま湯」や「常温の水」を飲むことです。また風邪や感染症にかかっているときには、電解質を含む経口補水液をとるようにしましょう。

水分は一度に大量に摂取しても吸収されません。逆に体内に大量の水が入ると電解質のバランスが崩れ、体調が悪くなることがあります。1回で飲む水はコップ1杯程度(200ミリリットル)で十分です。特に運動中は身体から奪われる水分量が増えるため、プロトレーナーの解説する「脱水・熱中症予防に!知っておきたい水分補給の基本」などもあわせてご覧ください。

また、室内環境を整えることも予防になります。エアコンのおかげで寒すぎず暑すぎず、快適な空間だと感じるかもしれませんが、大切なのは室内が乾燥していないこと。加湿器を使うなどして、部屋の湿度は50~60%を保つようにしましょう。また、石油ストーブは化合物を燃やしているため、二酸化炭素と同時に水分が出ます。水を入れたヤカンを乗せておけば、蒸気が湿度を高めてくれるでしょう。ちょっとした工夫と心がけで、上手に脱水症を予防していきましょう。
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※当サイトにおける医師・医療従事者等による情報の提供は、診断・治療行為ではありません。診断・治療を必要とする方は、適切な医療機関での受診をおすすめいたします。記事内容は執筆者個人の見解によるものであり、全ての方への有効性を保証するものではありません。当サイトで提供する情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当社、各ガイド、その他当社と契約した情報提供者は一切の責任を負いかねます。
免責事項