LINEトークで自分の位置情報を相手に送信する方法

LINEで「今ここにいるよ!」と伝えたい

LINEで「今ここにいるよ!」と自分の位置を伝えたい

「今夜は食事に行こう!」「じゃあココで待ち合わせしよう!」「今ここにいるよ!」っていう時に便利なのが、LINEの「位置情報」機能。やり取りしているLINEのトーク画面上に、待ち合わせ場所を指定できるのです。そんな便利な「位置情報」の使い方をマスターしましょう。

LINEで自分が今いる場所を教える方法は簡単。まずはトーク画面のメッセージ入力時に出てくる「>」から、左にある「+」ボタンをタップ。ズラリと並んだ機能アイコンから、「位置情報」を選びます。すると地図が現れて、自分が今いるだいたいの場所に、赤色のフラッグが立っています。フラッグの上の「この位置を送信」をタップすれば、トーク画面に位置情報が表示され、相手が簡単に地図を表示できます。簡単ですね。

このとき、スマホが位置情報サービスを利用しない設定になっていると現在位置を検出できません。あらかじめ位置情報サービスをオンにしておきましょう。

・地図から自分の位置を知らせる
メッセージ入力時に出てくる「>」から、左にある「+」ボタンをタップ。「位置情報」を押すと地図が現れて、自分が今いる場所に赤色のフラッグが立っています。フラッグの上の「この位置を送信」をタップすればOK

メッセージ入力時に出てくる「>」から、左にある「+」ボタンをタップ。「位置情報」を押すと地図が現れて、自分が今いる場所に赤色のフラッグが立っています。フラッグの上の「この位置を送信」をタップすればOK

位置情報は、若干のズレがあります。もし自分が、カフェなどに入っているのなら、検索窓に店名などを入力してみましょう。正確な位置にフラッグが立つだけでなく、相手にも店名が伝わり、分かりやすくなります。

・検索して場所を教えることもできる
地図画面の上部にある検索窓に、店名やビル名を入力。お店などに赤いバルーンが表示されるので「この位置を送信」をタップすれば店名の付いた地図リンクが「トーク」画面に表示されます

地図画面の下部にある検索窓に、店名やビル名を入力。お店などに赤いバルーンが表示されるので「この位置を送信」をタップすれば店名の付いた地図リンクが「トーク」画面に表示されます

この「位置情報」機能は、検索枠で指定の場所を検索することで今いる場所とは離れた場所も送れます。待ち合わせ場所や食事する場所などを教えるのにも便利ですね。
 

会食や緊急避難する「位置情報」をノートに記録しておこう

これからすぐ待ち合わせする際には、前述のように、トーク画面に「位置情報」を載せればいいです。でも、数日後や何週間か時間が空く場合には、「ノート」で共有した方が、見たいときに、すぐに集合場所が見つけられます。

「ノート」で「位置情報」を伝える方法は、「トーク」画面とは少し違います。まず「ノート」を開き、右下の「+」マークをタップします。ここで「投稿」を選択。テキスト入力画面の下に「位置情報をシェア」があるので、そこをタップすると地図が開きます。あとは赤いフラッグを、指定したい場所に移動すればOKです。もちろん場所を検索することもできます。

「トーク」画面で場所を相談して、ココにしようと決まった「トーク」を、そのまま「ノート」として保存しておくと、より簡単。「位置情報」のリンクが付いた「トーク」を長押しし、ポップアップされる「ノート」をタップ。あとは、「ノート」に何の「位置情報」なのか分かるよう、タイトルを付けるだけです。

・待ち合わせ場所をノートに記録
「トーク」画面で決めた位置情報をのトークを長押し。ポップアップから「ノート」をタップします

「トーク」画面で決めた位置情報をのトークを長押し。ポップアップから「ノート」をタップします

・あとから待ち合わせ場所をノートで確認できる
何を「ノート」したのか分かるよう、タイトルを記入。「ノート」が作成され、いつでもすぐに確認できるようになります

何を「ノート」したのか分かるよう、タイトルを記入。「ノート」が作成され、いつでもすぐに確認できるようになります

いちいち別の地図アプリを開かなくても、相手にすぐに場所を伝えられるLINEの「位置情報」機能。友だちとやり取りだけでなく、例えば、家族や親戚とLINEを使っている場合は、もしもの時の緊急避難場所を「ノート」で共有しておくのもいいかもしれません。ぜひ活用してみてほしい便利機能です。

【LINEおすすめ記事】
LINEの裏技! 上級者しか知らない? 便利な機能3選
LINE(ライン)ギフトの使い方! スタバチケットなどを友だちに贈るやり方
恋人と別れたらすぐに使いたいLINE機能3つ
LINEで「友だち」が消えたときに考えられる理由
招待の拒否はどう見える? LINEグループ機能の使い方


■容量たっぷり20GB、国内通話5分無料も付いて、2970円(税込)



※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※OSやアプリ、ソフトのバージョンによっては画面表示、操作方法が異なる可能性があります。