大人ニキビの正しいケア方法は?

undefined

やさしく丁寧な洗顔で、皮脂を取り過ぎず毛穴をキレイに!

大人ニキビを治すため、皮脂を取り去ろうとして顔を洗い過ぎたり、ベタつきを嫌って少ししか化粧水を使わなかったりと、間違ったケアをしてニキビを悪化させているケースも少なくありません。そんなニキビの悪循環を断つために、正しいお手入れのコツを知りましょう。

1.洗い過ぎに注意!
実は乾燥も、大人ニキビの立派な原因の一つ。過度な洗顔でうるおいが奪われると、肌は乾燥から自らを守るために皮脂を過剰に分泌しようとして、毛穴詰まりを招くのです。洗顔は、朝と晩の1日2回で十分。刺激の少ないマイルドな洗顔料を選びましょう。

ニキビを防ぐには毛穴の汚れをきちんと落とすことが大切ですが、だからといってゴシゴシ洗うと、摩擦ダメージが肌にとって大きな負担になります。洗顔料はしっかりと泡立て、泡のクッションでやさしく包むように洗いましょう。


2.うるおいをしっかり与える
肌が乾燥すると角質が厚くなり、毛穴の入り口も詰まりやすくなります。化粧水でうるおいをたっぷり与え、肌を柔軟に保つことが大切です。さらに、乳液を重ねて、水分と油分のバランスを整えましょう。しっかりとした保湿で肌のバリア機能を高め、ニキビを繰り返さない、しなやかな肌作りを!


3.肌に触れるものはいつも清潔に
タオルや枕カバー、シーツなど、肌に直接触れるものは常に清潔に保ちましょう。また、見落としがちなのがメイクツール。汚れたメイクブラシやスポンジは、雑菌の温床になります。そのまま使い続けていると、大人ニキビの原因になることも。こまめにお手入れをして、清潔な状態をキープして下さいね。



※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※個人の体質、また、誤った方法による実践に起因して肌荒れや不調を引き起こす場合があります。実践の際には、必ず自身の体質及び健康状態を十分に考慮し、正しい方法で行ってください。また、全ての方への有効性を保証するものではありません。