肌の乾燥はニキビにとって百害あって一利なし

保湿ケアでニキビができにくい肌に

保湿ケアでニキビができにくい肌に

春はニキビ肌にとって、とても過酷なシーズン。春先は冬からひきずる乾燥と、紫外線量の増加で、肌バランスを崩しやすい季節だからです。バランスを崩しがちなニキビ肌の乾燥を放っておくと、乾燥トラブルそのものも進み、肌の表面の手触りが硬くなり、毛穴もつまりやすい状態になります。

また炎症をおこしやすい敏感寄りの肌状態なので、普段ならなんともないはずの小さな毛穴の詰まりもニキビになってしまうのです。ニキビができやすい状態のまま春を迎えたくないですよね。ニキビができにくい保湿ケアで、乾燥を救済していきましょう。


ニキビができやすい肌にはベタつかない保湿が最適。

ベタつく保湿は避けたいのが本音です。そこで、注目したのが、デリケートな肌への浸透性を配慮した製法のものや、毛穴詰まりの原因になりにくい保湿成分、また、細胞内脂質の成分「セラミド」に着目している保湿アイテム。ベタつくことがないので安心して使え、肌のもちもち感もアップします。特に、日中の乾燥が気になる時には、保湿効果が長続きするものがベターです。

次は、おすすめの保湿アイテムを紹介します >>