海外旅行がもっと身近に LCCを利用してお財布に優しい旅を

ホーチミンのオプショナルツアーundefinedベルトラ

一気に近くなったベトナムへ気軽に出かけましょう

昨今では日本での利用者も増加したLCC。LCCとは「ローコストキャリア」の略、すなわち格安航空会社を意味します。でも、今までの航空会社と何が違うの? と、思われる方も多いはず。LCCは、機内食や預入荷物の有料化や機内サービスの簡素化などによってコストを削減し、価格の安さを実現しています。ベトナム、ホーチミンへのフライトはさらにリーズナブルになり、現地で2日間観光しても、2泊4日、あるいは3泊4日での往復旅行が可能になりました。現在出ている便はホーチミン到着が深夜0時頃の便のみなので、到着後はホテルへ直行。夜の観光はできませんが、しっかり休んで翌日から観光できるので、時差ボケなどの体力的な面での心配もいりません。また、台湾で乗り継ぎ時間があるので、台湾観光も可能です。空港出発のツアーに参加したり、ショッピングをするなど賢く楽しむことができます。



安いからこそ、すぐ行きたい! 弾丸旅行でも十分満喫できるホーチミン

2016年9月より本邦初LCC「バニラエア」の成田-ホーチミン線(台北経由)が就航し、ますます便利になったベトナムの旅。濃密な数日間を過ごすにうってつけのホーチミンの楽しみ方をご紹介します。

■パクチーたっぷり! ベトナム料理で腹ごなし
ホーチミンのオプショナルツアーundefinedベルトラ

フォー・ボーと呼ばれる牛肉入りが定番。

安価でおいしいベトナム料理。フォーをオーダーすれば、一緒に出てくるのが山盛りのパクチー、ライム。パクチーは日本でも若い女性を中心に流行していますが、やはり本場は量が違います。他の香草と一緒にたっぷりのせて、お好みの味に調整して召し上がれ。フォーの他にも、バインミーと呼ばれるベトナムスタイルのバゲットサンドも忘れずに食べたいメニューです。


■メコンデルタ川でリアルジャングルクルーズ
ホーチミンのオプショナルツアーundefinedベルトラ

水面から高く伸びる茂みの間を小舟が進む!

ホーチミンから2時間ほど車で移動すると、メコン川のほとりへたどり着きます。小舟に乗り換え、うっそうと茂るマングローブの間をめぐる、メコンデルタクルーズへ出かけましょう。小舟がすれ違うのがギリギリな幅の川さえスイスイと抜けていく現地の舟漕ぎの手さばきや、自然の中の生活を垣間見ることができます。夜の時間帯を選べば、岸辺に生息するホタル観賞も可能です。


■夜は水上人形劇でほっこり気分
ホーチミンのオプショナルツアーundefinedベルトラ

人形たちがコミカルに動きます

こちらの人形劇のステージは、なんと水上! 1000年以上の歴史を誇るのこのショーでは、人形つかいが腰まで水に浸りながら人形たちを操ります。人間の赤ちゃんほどのサイズの人形たちは、ちょっとシュール、だけれどどこか憎めない顔。ストーリーは伝統的な民話などを題材としていて、言葉がわからなくても楽しめる内容です。心が和むひとときを。


■東洋のパリと呼ばれる所以! フランス統治時代の面影探し
ホーチミンのオプショナルツアーundefinedベルトラ

聖マリア大聖堂とも呼ばれるサイゴン大教会

美しいステンドグラス、赤レンガの外壁、天使の装飾……。19世紀にフランスの統治下にあったホーチミンには、美しいフランス風の建築物が点在しています。中でもおすすめは、ステンドグラスの美しいサイゴン大教会、そして内部のアーチが素敵な中央郵便局。郵便局は、駅のような佇まいで昔の切手などの展示もしています。ぜひ細部にも注目して、フランスのエスプリを感じてみてくださいね。


■人気レストラン「サフラン」でホーチミンの今の味を楽しむ
ホーチミンのオプショナルツアーundefinedベルトラ

ローカルでも人気のお店

せっかくなので、現地の色濃い観光の後は最近のブームも楽しんでから帰国しましょう。おすすめは「サフラン」という地中海料理レストラン。パスタなどのイタリアンも美味しく、チーズにコニャックをふりかけ火をつけるチーズサガナキは絶品。チーズの香りが店内中に広がります。ランチ、ディナー問わず気軽に立ち寄れますが、人気店なので予約を忘れずに出かけましょう。  

【関連記事】
LCCが大活躍!イマドキの弾丸旅行【台湾編】
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※海外を訪れる際には最新情報の入手に努め、「外務省 海外安全ホームページ」を確認するなど、安全確保に十分注意を払ってください。