なぜこの発想がなかった? 鍋でそのまま炊ける炊飯器

人気のホーロー鍋、バーミキュラが炊飯器を出すと聞いて、思い浮かべたのは従来の炊飯器の形でした。ところが、2016年12月1日に発売となる商品を見てびっくり。バーミキュラが炊飯専用に作った鍋と、それがすっぽり入る機器がセットされたシンプルな作りで、これまでの「炊飯器」のイメージとはまったく違います。
ライスポット

バーミキュラライスポットは、これまでの炊飯器の概念を覆す新発想でした


でも、考えてみれば納得の発想。ガイド周辺では、最近土鍋やホーロー鍋での炊飯器に切り替える人が増えており、その理由は「美味しさ、早さ」。また、炊飯をしたら保温はせずにすぐ冷凍するという人も増えています。

一方、炊飯器は羽釜など炊飯釜の素材を利用することで、美味しさを追求する風潮に。であれば、高品質の鍋をそのままセットして炊飯をするという家電が登場するのも、不思議ではないのかもしれません。
ライスポット

人気のバーミキュラ、炊飯専用の鋳物ホーロー鍋と、それがすっぽり収まるヒーターの組み合わせというシンプルな作り

この「ライスポット」、試してみたところ、目からうろこの美味しさ、便利さ! 年間いくつもの新製品を見たり、試してきたガイドですが、使ってみてすぐ買いたいと思うものは、さほど多くはありません。

これは久しぶりに「欲しい!」と強く思う商品でした。


鍋炊飯の不満ほぼ解消で、おいしさと便利さは向上

ガイドももせは、炊飯器から圧力鍋→土鍋炊飯→ル・クルーゼ+ピピッとコンロでの炊飯を経て、結局炊飯器に戻るというプロセスを経てきました。理由は
  •  圧力鍋は早いが、米が独特にねばつきがち
  •  土鍋は炊飯後のこげつきなどの始末が面倒
  •  ル・クルーゼは吹きこぼれの管理が大変
炊飯器の性能は年々向上しているので、結局炊飯器が楽@イマココ。

今回ライスポットを使って一番うれしかったのが、
  •  吹きこぼれない!
  •  焦げつきがなく、お手入れがとても楽
  •  コンロも占領せず、炊飯器があった場所に置けば収納も楽!
白米

ボタンひとつで火加減も時間の調整も必要なし。焦げ付きも吹きこぼれもなくおいしく炊きあがりました


そして何よりも、炊きあがったごはんがおいしい! これまで最高級仕様の炊飯器も多数試してきた私ですが、正直、そのどれよりもおいしいと感じました。
おこげ

おこげが好きな人には、「おこげモード」もあるという親切さ。いい塩梅のおこげもこの通り。


なぜごはんが美味しく炊けるのか、さまざまな技術や想いが詰まっているそうです。興味がある人はWEBでチェックしてみましょう。

http://www.vermicular.jp/products/ricepot/



炊飯だけでなく、バーミキュラ調理もできる一石二鳥なお得感

低温調理

1度単位で温度設定が可能。プロレベルの低温調理もボタンひとつで簡単にできるのは、料理好きにはうれしい


このライスポットの真骨頂は、炊飯だけでなく、ホーロー鍋のバーミキュラを使っての様々な調理も、ボタン一つで可能になるということ。

炒め物、煮物、蒸し物、無水調理、さらには1度単位の温度設定機能を使ってのプロレベルの低温調理まで。パンやデザートも作れて、レシピブックも充実しています。
ローストポーク

バーミキュラの真骨頂、無水調理。かなり適当な分量で作っても、しっかりおいしく仕上がりました


ガイドが試してみたのは、レシピ集にあったローストポーク。焼き目を付けるための行程から、加熱、保温まで。使い勝手はとてもシンプルですが、加熱の微調整は完璧。お料理上手な人にとっては、ル・クルーゼやストウブ、バーミキュラのお鍋で行っていた調理がそのまま、コンロやオーブンを使うのとほぼ変わりない感覚で行えて、失敗がないというのが実感でした。

一方で、お料理があまり得意ではないという人にも、ボタンひとつで上級者向けの料理が作れてしまう、満足度の高い商品と言えそうです。


他商品との大きな違いは「炊飯+調理の同居にストレスゼロ」

現在、電気圧力鍋や電気自動調理鍋などが順調に売り上げを伸ばしています。ガイドもいくつか試しましたが、実際に使ってストレスを感じることもありました。理由は
  • 時間設定や分量がプログラムに依存するため、調理ベテラン者には習慣になっている調理方法の変更が必要
  • 内鍋以外の場所が丸洗いできず、隙間に油汚れやニオイが残ってストレス
  • 煮魚やミートソースなどニオイの強いものを作ったあとに炊飯をすると、蒸気にニオイが残ってストレス
炊飯器を使って炊飯器調理をした際にも、ニオイの問題は残ります。

日本人にとって炊飯は特別な意味を持つため、ニオイや汚れ残りの問題で、丸洗いできない調理家電で、炊飯と調理を同居させることに抵抗感がある人も多いのです。
炊きたてごはん

パッキンも必要以上の凹凸もなく、丸洗いですっきり洗いやすいのが一番のポイント


ライスポットの強みは、鍋が隅々まで丸洗いでき、調理家電や炊飯器などにあるパッキン材など、ニオイや汚れを溜め込む部材がないこと。油料理をしたあとでも、鍋をよく洗えば気持ちよく炊飯ができるのは、大きな強みだと思います。


22cmサイズなら手持ちの鋳物ホーロー鍋もセットできます

さらにうれしいのは、鋳物ホーロー鍋で22cmサイズのものを持っていれば、それもセットして使えるということ(ただし炊飯は吹きこぼれの可能性が大きいのでNGだそうです)。

ル・クルーゼ

わが家のル・クルーゼもぴったり収まり、ボタン一つで調理が可能に!


試しに家にあったル・クルーゼをセットしてみたところ、ボタンひとつで問題なく調理ができました! コンロを使うより、火加減や時間管理が必要ないので格段に楽! 

手持ちの鋳物ホーロー鍋で煮物をしてから、付属のバーミキュラ鍋で炊飯。その間にホーロー鍋をテーブルに出してポットカバーなどで保温しておけば、炊飯している間にじっくり味が染み渡ります。あとは炊きたてごはんをテーブルに運ぶだけ。とっても簡単。

従来の炊飯器や電気調理鍋では不可能なこの二段利用ワザ。楽して時短をしているのにもかかわらず、鋳物ホーロー鍋でのじっくり調理で、今までよりおいしい。忙しい人には、こうした「楽なのにおいしい」体験は、とてもハッピーなのではないかと思いました。


「まとめ炊飯+お料理好き」なら買って損はないかも!?

バーミキュラのライスポット、唯一の難点は定価79,800円[税別]という価格。通常の家電商品と違い、定価販売のために時期をずらしても価格が下がる可能性はありません。

79,800円が高いと思う人も多いかもしれませんが、高性能の炊飯器と買うと思えば、ほぼ変わりない価格です。おいしいご飯が炊けて、さらにバーミキュラでのお料理も、さらにグレードアップした内容で楽しめると思えば、設備投資としては賢い選択なのでは。
レシピ集

豊富なレシピがたくさん掲載された、おしゃれなレシピ集も同梱されていて、料理心をくすぐります


これまでの炊飯器とはちょっと違う構造のため、気になるポイントを以下にまとめておきました。ゆっくりじっくり、検討してみてくださいね!


■炊飯できる量

白米 1~5合
玄米 1~4合
白米おかゆ 1~1.5合

■炊飯時間(白米)
自動浸水30分+炊飯30分=合計60分
※自動浸水30分はカットすることも可能。

■炊飯予約 可能

■ごはんの保温
 不可
ごはんの保温には、炊飯器の蓋に断熱材やヒーターが必要。この蓋があるために内部の熱対流が起こりにくく、蒸らしでの冷却もしにくい。保温機能をなくすことで炊飯機能が高まることから、敢えて保温はしない構造

■調理の保温 可能
30℃~95℃まで1度刻みで温度設定が可能

調理モード
中火(炒め、焼き付け)、弱火(無水調理)、極弱火(煮込み)

他の鍋のセッティング
調理のみ、22cmの鋳物ホーロー鍋に限り可能

炊飯鍋のみの購入
可能。29,800円(来年春以降発売予定)


[関連サイト]
バーミキュラの公式サイト


※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。