【編集部からのお知らせ】
このたび「31歳からの恋愛相談室」がスタートいたしました。
オトナ女子の恋活・婚活にまつわる悩みに、恋愛のプロが、無料でお答えします。
ご応募はこちらからどうぞ!

記事例:「なんで結婚しないの?」に答え続けるのにもう疲れました

結婚する人は「運命の人」と言われるソウルメイト?

トントン拍子に恋愛が進む彼はソウルメイトか?見分け方や共通点など。

ソウルメイトに出会う前兆と、見分けるポイントは?

多くの女性が幸せな結婚へ導かれていくまでには共通点があります。そのひとつに、ソウルメイトと言われる「運命の彼」と出会いがあります。

ややスピリチュアルな視点に思えるかもしれませんが、本当の意味のソウルメイトは、前世からの繋がりと今世でお互い学びあった結果が結びついて出会うべき人のことだと言われています。

ただ、「結婚する人=運命の人」と思われがちですが、恋愛でも結婚しても価値観の相違で別れることもありますし、運命の人に出会うまでの「学びのため」の出会いだった場合もあります。
   

恋愛における「ソウルメイト」とは?

先日、私の主催する恋愛セミナー「マリッジコーチングセミナー」を受講する女性Mさんから、結婚報告が入りました。3月に付き合い始めた彼と約半年の交際ですんなりと結婚に至ったと言います。

彼女は恋愛セミナーに参加する2週間前の12月下旬に、すでにその彼と出会っていました。ただ、その時点では、まったく恋愛対象ではなく、その時点では彼と結婚するなんて全く意識していなかったそうです。それがなぜ半年というわずかな期間でトントン拍子に話が進んだのでしょうか? 

本人もその意味を自覚しておらず、お祝いの言葉を伝えても、「ふと冷静になると、こんなにスムーズに結婚が決まっていいのかと怖くなることも……」とも漏らしていました。でも、そんなことを心配する必要はないと思っています。

なぜなら彼女は、ソウルメイトと言われる、本物の運命のパートナー=運命の人と出会ったからこそ、スムーズにスピード結婚に進んだだけだからです。今回は過去の事例から、あなたが出会ったその人が本物のパートナーか否か見分けるためのポイントをお伝えします。
 

ソウルメイトかどうか確かめたい……出会う前兆やその後の共通点

本人も驚くほどスムーズに進む恋愛は、ソウルメイトとの出会いかもしれません

本人も驚くほどスムーズに進む恋愛は、ソウルメイトとの出会いかもしれません

彼女のように出会ってすぐに幸せな結婚へ導かれていった女性たちのケースから、ソウルメイトと出会う前兆や共通点をお伝えします。



1: 出会う前に大きな失恋があった!

ほとんどの人がソウルメイトと出会う直前に大きな失恋をしています。今回の彼女のMさんも、今のパートナーと出会う前に失恋をしました。だから彼と初めて出会った時も、恋愛感情は湧かず、むしろ失恋の影響で「自分の人生には、幸せな恋愛や結婚はない。もう一生恋愛なんてできないのではないか」と落ち込んでいたと言います。


2:  自分がどんな人生を送りたいかを決断する

多くの人が大失恋をきっかけに、精神的に落ち込みきったとき、「何かを変えたい」と行動を起こします。それがMさんにとっては恋愛セミナーでした。そこで、今まで「結婚すること」自体を目的に考えていたということに気づき、自分の価値観を見直すことになります。これから自分は人生をどう進みたいのかを決断することで、根拠はなくても「必ず私は幸せになれる!」と信じられるようになり、過去の不安から解放されたと言います。


3:  ソウルメイトとは、出会った瞬間に恋愛感情が起こらない

Mさんもそうですが、ソウルメイトと結婚した多くの女性が言うのは、出会いのシーンで、「ドキドキするような恋愛感情が湧かない」ケースが多いということです。結婚する相手は、今までの恋愛以上に燃え上がれるほど好きな人を探さなければいけないという思い込みで、ソウルメイトとの出会いを見落とす場合もあるのです。ただ、もしタイミングがズレて、見落としてしまったとしても、本当に結ばれる相手とは、また時期が訪れた時に導かれていくことでしょう。


4:  小さな共通点や考え方がシンクロする

でも不思議なもので、恋愛感情が沸かなかった彼なのに、二人っきりで会うタイミングが訪れ、会うたびにお互いの共通点や価値観が合致していき、いつのまにか「この人と一緒にいたら人生が楽しくなりそう」と思えるようになったそうです。それを彼も同時期に感じていたようで、出会って3か月後の3月に、自然と交際をスタートさせました。このように二人の気持ちの変化に時間的なズレもなく同時進行していくのも特徴です。


5:  ビックリするぐらい話がスムーズに進む

Mさんの場合、付き合い始めて1か月後の4月には、自然と結婚の話が出たそうです。それならばと、お互いの家族に会ったり、婚約指輪を買ってもらったりして、一緒に暮らし始めたのが7月。本当にあっという間の出来事です。このように、出会いから結婚へ至るまで邪魔が入ることはありません。彼女自身もビックリするほど話がスムーズに進み、こんなことって本当にあるんだ……と驚くばかりだったそうです。逆に言えば、ソウルメイトではない相手と付き合っていると、いろいろな問題が出てくるとも言えます。


6:  恋愛で悲しむことはなくなり、安心感だけを感じる

ソウルメイトと付き合い始めると、ストレスや衝突がなく、二人の間には愛情以上の安心感が生まれます。逆にそうでないカップルの場合、彼のことが大好きなのに、なぜか安心できず、疑心暗鬼からケンカが多発したり、悲しい思いをさせられ、ストレスが表面化していきます。恋愛していて苦しさや悲しさがあること自体、「その人はソウルメイトではない!」というサインなのかもしれません。出会ってすぐに付き合い始めた人を、「本当にこの人でいいの?」と思ったときの見分け方になるはずです。

 

恋愛の苦しみは、ソウルメイトと出会うために課された課題

ソウルメイトとの出会いには意味があります

ソウルメイトとの出会いには意味があります

実は、私自身もMさんと同じような体験をしています。

当時大きな失恋をしたすぐあとに、現在の奥さんと出会い、その2か月後には結婚を決めて、その半年後には結婚式を挙げました。出会ってからの期間が短いいわゆるスピード結婚でしたが、すでに結婚して13年が経過し、今も変わらずに結婚生活を仲良く楽しんでいます。

人はそれぞれベストなタイミングで出会います。出会うための準備は常にしておいたほうがいいですが、出会えないことや恋愛に発展しないことを不安視しすぎて、焦ってしまうのもよくありません。単に結婚することを目的や義務にしてしまうと、相手選びを打算的に考えてしまいがちなのです。

ソウルメイトとの出会いには、必ず意味があります。ソウルメイトと出会って幸せになっていった女性の皆さんが必ず言う言葉があります。それは、「今までの恋愛って何だったんだろう」です。ソウルメイトに出会うまでの恋愛では、誰しも傷ついたり泣いたり、大きな失恋を味わったり、恋愛関係で悩み苦しみます。でも、ソウルメイトと出会うと、それがウソのようにスムーズにいくのです。

失恋などの辛い過去も、振り返ってみればソウルメイトという本物のパートナーと出会って、より幸せになるために必要な時間であり、課題だったと考えてみてください。


▼ガイドからの最新のお知らせ
11月、久野浩司の「1年以内に結婚へ導くマリッジコーチングセミナー」開催!
12月、「恋するバンクーバー~クリスマス編」開催決定!問い合わせはコチラ

【関連記事】
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。