別れても運命の彼とは必ず再会する!?

これから結婚する女性にとって、どんな人が自分の運命の相手なのかということは、本当に気になることでしょう。初めて出会った時に、自分が好きと感じても、その恋が実らずに失恋することだってあるでしょう。

淡い初恋のラブストーリーが実らなかったとしても、もしその彼と、お互いにとってベストなタイミングで、生涯を共にするパートナーとしてさらに深い関係で結ばれていくのであれば、それこそ最高に幸せな結婚を手に入れたと言えます。

/

恋愛でなく結婚で最高の幸せを手に入れましょう!

ひとつハッキリしているのは、恋の過程で別れた人が、あなたにとって本当の意味で運命の人であれば、必ずや二人は再会して結ばれ、結婚へと至っていくということです。

だから失恋したからって必要以上に落ち込まずに、今はベストな時期でないと理解し、その人に執着するのでなく、新しい恋愛や出会いを楽しんで欲しいのです。

なぜなら、その新しい出会いこそが真の運命の人である可能性も高いし、付き合っていく中で、自分にとっては本当のパートナーが誰なのかをハッキリと知ることになるので、まったく心配する必要はないからです。


二人にとってベストタイミングで運命は動く!

今回、ご紹介する女性は薫さん(仮名)。昨年末、ボクが日本に帰った時に、結婚の報告をかねて、イベントに遊びに来てくれました。

彼女からは昨夏にメールでも結婚の報告を受けていたのですが、その時に思ったのは、「やはり運命の相手とは何があってもお互いに準備ができたタイミングで必ず結ばれるんだ」ということ。

なぜなら、彼女が結婚する運命の相手とは、なんと中学時代に失恋した同級生だったからです。彼は、薫さんが初めて出会った時から気になっていた初恋の相手。当時の学級委員会の活動を通じてどんどん惹かれていったそうです。

卒業式前日、15才の彼女は、意を決して彼に自分の気持ちを伝えます。ただ残念ながら、その時は見事にフラれてしまったのでした。

それから5年後、成人式で久々に彼と再会した薫さんは、「やっぱり彼のことが好きなんだ」と確信します。そこでその後、彼に会いにわざわざ遠方まで訪ねていきますが、その時は挨拶程度の会話に終わり、それ以上の進展もなく、彼女の中では一旦、彼への想いに区切りをつけることになります。

そんな心情の区切りから長い時を経て、彼女はその初恋の相手である彼と14年ぶりに再会を果たし、アッという間に結婚へと至ります。どうしてそんなことが起こったのかを、今回は探っていきたいと思います。

>続いて、なぜ彼女は彼と再会して結ばれていくのでしょうか!?