あなたは運命の出会いを信じていますか?

このコラムでも頻繁に出てくる「運命の相手」という言葉。多くの女性は、その言葉を物心ついた頃から、その出会いを求めて人生を旅路している人も多いのではないでしょうか。僕もその存在を信じていますし、自分の結婚自体にもそんな瞬間を感じました。実際、結婚してからも仲良しな夫婦を見ていると、やはり出逢うべくして繋がっているんだなと確信めいたものを感じます。

//

運命の相手とは何があっても、また引き戻される?!

ボクが主催する「恋愛ライフデザインセミナー」受講者から、おかげ様でたくさんの結婚のご報告をいただきますが、今年いちばん嬉しかったひとつのストーリーを皆さんにご紹介します。人それぞれですが、やはり運命の出会いは必然であり、時空を超えてもお互いにとってのベストなタイミングできちんと繋がるんだということを改めて感じたお話です。

今回のモデルである恵(めぐみ)さんがセミナーを受講してくれたのは2年半前でした。彼女はその後も定期的に開催される参加者同士の懇親会にもマメに顔を出してくれて、会うたびに軽く近況は聞いていましたが、そのたびに彼女は「なかなかいい出会いがないですね・・・」なんて、はにかみながら答えてくれたのを覚えています。


彼女にとっての結ばれるベストなタイミングとは?

受講して1年経過した頃には、彼女は素敵な出会いがないことに「せっかく受講したのに、なかなか幸せになれなくてすみません・・・」なんていう言う始末です。そのたびに「短い時間軸の中で物事をとらえないで、必ずベストなタイミングで最高のパートナーと出会うことになるから、今は自分を信じて毎日を楽しく過ごして!」なんて彼女に伝えていました。

そんな彼女から今年の5月に連絡が入りました。そう、「無事、結婚が決まりました!」という、とっても嬉しい報告でした。話を聞けば、まさに運命のパートナーと言える彼と出逢ったのは、わずか1ヶ月前。そこからわずか3週間で結婚まで話が進んでしまったそうです。あまりに早い展開に僕も嬉しさとともにビックリしたと同時に、会うたびにまったく出会いがありません・・・なんて言ってた彼女に一体何が起こったのか知りたくてワクワクしました。

実は彼女にとっての運命の相手とは11年前に大好きだった彼なのです。しかも当時は付きあうことが叶わなかった片思いの男性。だから正確に言えば二人は11年ぶりに再会を果たして、そこから電撃的な速さで結婚に至ったということなのです、皆さんは信じられますか?

恵さんが彼と最初に出会ったのは11年前。転職した職場の先輩として第一印象は素敵な人だと思いつつ、彼の方はややそっけなくて彼女に対して愛想が良くなかったそうです。彼は東大の法学部出身のエリートであり、少し遠い存在だったので恋愛に発展するとは夢にも思わなかったそうです。彼女も当時は仕事を覚えるのに精一杯で恋愛する余裕すらなかったと振り返ります。

しかも当時の彼には社内に一回り年下の可愛らしい彼女がいて、職場でも仲良くしている姿を時々目にしたそうです。たまにその彼女とは通勤途中で一緒になって彼との話を聞かされたりして、当時の彼女にとってはちょっと苦い思い出だったそうです。


>なぜ運命の二人は、また二人を引き合わせたのか・・・?