ドイツ最古にして最大規模!フランクフルトのクリスマスマーケット2018

frankfurt

フランクフルトのクリスマス市はドイツ最大規模で最古のうちのひとつ。写真はメイン会場のレーマー広場

ドイツの冬の一大イベントといえば、アドベント(待降節:クリスマス前の約4週間)の時期に開かれるクリスマスマーケット(ドイツ語でワイナハツマルクトWeihnachtsmarkt)。寒くて長~いドイツの冬を温かく照らしてくれるクリスマスマーケットは、みんなが楽しみにしている大事なイベントです。この時期にはドイツ中で市が立ち、大きな町だけでもその数は2500にものぼります。
ハウプトヴァッヘ前の会場も賑やか

ハウプトヴァッヘ前の会場も賑やか

なかでもドイツの空の玄関口であるフランクフルトのクリスマス市は、世界で最も古くて(1393年から)美しい、最大規模の市のひとつとして、毎年世界中から何百万人もの人々が訪れるほどの人気です。2018年の開催期間は11月26日~12月22日。

街の中心のハウプトヴァッヘから木組みの家が並ぶレーマー広場、マイン川岸までの広い範囲で繰り広げられるクリスマス市はまさにメルヘンの世界。今回は各会場の見どころからぜひ食べたい屋台フードまで、フランクフルトのクリスマス市情報をお届けします。

こちらの記事も参考にどうぞ>>>フランクフルトの観光スポットおすすめ10選
 

うっとりするほど美しい!レーマー広場のクリスマス市

romer

クリスマスツリーやメリーゴーラウンドに彩られて一層輝く、木組みの家が並ぶレーマー広場

なんといっても一番人気は旧市街の中心、レーマー広場(Römerberg)に立つクリスマス市。切妻屋根の旧市庁舎や第2次世界大戦の爆撃をまぬがれたニコライ教会、木組みの家が並ぶ広場はフランクフルト随一の観光スポットですが、アドヴェントの時期は間違いなくふだんの何倍も美しく魅力的になります。
可愛い!木製のミニチュアパン屋さん

可愛い!木製のミニチュアパン屋さん

30mあるクリスマスツリーの周りでは、コンサートやグロッケン・シュピールなど、様々なイベントも開催。屋台ではクリスマスプレゼントやお土産にぴったりの、木やフェルトで作られた温かみある雑貨がみつかります。旧市庁舎の建物内ではアーティストによる絵や写真、オブジェ作品なども展示販売。フランクフルトならではの味、名物アップルワイン(Apfelwein)の熱燗もぜひお試しください!
 

クリスマスグルメと世界のストリートフードを楽しもう!

wein

普通のグリューワインにくわえてフランクフルト名物アップルワインの熱燗も楽しめる

フランクフルトのクリスマス市ではグリューワインや焼きソーセージ、レープクーヘンといったクリスマス市の定番フード以外にも、他の街では見られない珍しいグルメがたくさん。
伝統菓子のベートメンヒェン

伝統菓子のベートメンヒェン

リンゴ酒のグリューワイン、マジパンとアーモンドでつくられた伝統菓子ベートメンヒェン(Bethmännchen)、近郊のワインやはちみつなどご当地名物や特産品の他にも、ショッピングストリートの中心地にあるハウプトヴァッヘ(Hauptwache)会場では、アルゼンチン風ステーキ、東欧風バウムクーヘンなど世界各国のストリートフードが充実しています。国際都市フランクフルトならではの楽しみですね。
ゲイフレンドリーなローズ色のクリスマス

ゲイフレンドリーなローズ色のクリスマス

ハウプトヴァッヘから少し南に下ったところにある広場Friedrich-Stoltze-Platzでは、ゲイフレンドリーなクリスマス市「Rosa Weihnacht」が開かれます。その名のとおりバラ色(Rosa)のライトに彩られたムーディな市は、もちろん同性愛者以外もウェルカム!

フランクフルトのクリスマス市は、メイン会場のレーマー広場とハウプトヴァッヘを結ぶ小路(Neue Kräme)沿いにもぎっしりと屋台が連なっているので、中心地全体で大規模なマーケットが形成されている感じ。初めての旅行者にもわかりやすく、いろんな雰囲気のクリスマス市がいっぺんに楽しめるのでおすすめですよ。

Weihnachtsmarkt Frankfurt
2018年の開催期間:11/26~12/22
開催時間:月~土10:00~21:00 日11:00~21:00
開催場所:Römer、Hauptwacheほか
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※海外を訪れる際には最新情報の入手に努め、「外務省 海外安全ホームページ」を確認するなど、安全確保に十分注意を払ってください。