ペンドルトンならぬしまドルトンが品切れ続出!

ソファーにしまドルトン

インテリアにもばっちり

一昨年ごろから「しまドルトン」なるものがインテリア好き、アウトドア好き主婦の間で人気のワードとなっています。なんじゃそりゃ?という感じられる方が多いでしょうが、アウトドア好きならピンとくるはず。そう、しまドルトンとはあのペンドルトン風のしまむらアイテムのことなのです。ペンドルトンは米国オレゴン州ポートランド生まれのウール製品メーカー。すでに19世紀にはプロダクトの前身が存在したというトラディショナルな存在。とりわけウールシャツはアウトドアでは伝説的な名品として知られています。それと並んでもうひとつ有名なのがネイティブアメリカン調のデザインがイニシャルのブランケットです。
左の2枚がしまドルトン右の2枚が本家ペンドルトン

左の2枚がしまドルトン右の2枚が本家ペンドルトン

「しまドルトン」とはだれが名付けたのかはわかりませんが、このペンドルトンブランケットを彷彿とさせるネイディブアメリカン風デザインが目を引く生地を使ったクロス、カーペット、クッションなどなどの愛称。すでにインテリアブロガーやインスタグラムなどで主婦を中心に大ブレイク中で入荷しても人気のアイテムはすぐに品切れになるほどです。2016年も新アイテム店頭に並び、すでに品切れも続出しているとか。

洗えて軽い!テントマットにも最適

こちらのフリークロスはフリース生地の肌触りが心地よいサイズ190センチ四方。1500円で購入しました。ソファーでの使用はもちろん、こたつカバーやベッドカバーにも重宝しそう。お店にはもうワンサイズ大きな長方形バージョンもありました。同シリーズのクッション780円と合わせれば男前インテリアなスタイルがすぐに完成します。こうしてインテリアでパッと映えるデザインですがテントマットにもぴったり!
テントのグランドにしまドルトンを敷く

テントマットに最適なしまドルトン

しかし、おすすめなのはアウトドアでの使用です。本家のウールに比べてフリース生地なので軽く、汚れても洗えるからテントやチェアのマットに最適。僕が使用しているモンベル社製ムーンライトV型にサイズ的にジャストマッチでした。

僕自身ペンドルトンはかれこれ26、7年愛用していますがオートキャンプの時はテント用マットの上に敷いて居住性を向上させています。ただ、どうしても本格的なヘビーウルーは防寒性の高さや耐久性と引き換えに重くかさばるのが玉にきず。その点しまドルトンは軽量コンパクト。ライトフリースなので保温性もばっちりのようです。

こちらはリビングカーペット。185センチ四方で2900円。しっかりとした裏地があるためフリークロスよりもシワになりにくくフローリングのラグやホットカーペットカバーとしても使い易い仕上がり。これで2900円はかなりお得感あふれる商品です。
切り株の上にしまドルトン

野外にネイティブアメリカンテイストが映える

目を引くカラーリングでリーズナブルにテントサイトをぐっとおしゃれに演出できるしまドルトン。本当にいつも予想を超えるセンスあふれる商品をリリースしてくれるしまむらからはまだまだこれからも目が離せませんね。


※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。