Q:散らかったおもちゃの片づけ方

子供の遊び場はリビングと隣の和室。あっちもこっちも、散らかしっぷりが半端ではありません。子供におもちゃを片づけてもらう方法を教えて!


A:1.片づけ場所を決める

飽きたおもちゃは間引く。増え過ぎにご注意

飽きたおもちゃは間引く。増え過ぎにご注意

子供は家族の過ごす場所で遊びたがりますね。一緒に居ることで安心できたり、それがまた親子のコミュニケーションにとっても大切。とはいえ、遊んだおもちゃが出しっ放しというのも困りものです。

ときどき見かけるのは、片づける場所が決まっていないために、散乱を招いていること。部屋の隅にカゴや箱が置いてあるのに、そこから溢れるとさらに箱を増やして、他の場所に置くといったスタイル。そしていつの間にか部屋のあちこちが、おもちゃ軍団に占領されてしまうのです。おまけに、何処に何をしまうかが、次第に分からなくなってしまいます。まずは、おもちゃの片づけ場所を、部屋のどこか一か所に決めましょう。


A:2.覗きこみスタイルでお片づけ

しまい方はざっくりでいい。片づける習慣が大事

しまい方はざっくりでいい。片づける習慣が大事

場所を決めたら、片づけ方を決めていきましょう。幼児期の子供は力が足りなかったり、手が届かないなど、その子の成長にあわせたしまい方にするのが肝心。子供と同じ目線、同じ姿勢で、一緒に片づけるつもりで考えます。

最も出し入れしやすいのは、箱の中に入れるだけにすること。そして、上から覗けば何があるか分かるようにします。

例えば、カラーボックスを上向きに寝かせれば、箱として使えますね。大きなおもちゃなら、そのままポンポン入れていくだけ。迷子になりそうな小さなおもちゃは、バスケットに入れればOKです。埃よけと見た目を考えて、上から布をかぶせておいてもいいでしょう。お兄ちゃんやお姉ちゃんにも、遊んだ後のゲームは自分で片づけてもらえたら、良いお手本になります。


A:3.横入れスタイルでお片づけ

色を取り入れて楽しくお片づけを

色を取り入れて楽しくお片づけを

子供の年齢が少しあがってきたら、おもちゃを種類別に分けることもできますね。出し入れの動作もだんだんスムーズにできるようになったら、カラーボックスを縦置きに戻して使えるようになるでしょう。今度は横から出し入れする練習です。

カラーボックス用のインナーボックスが市販されていますが、きっちりと収めるのはまだ難しいかもしれません。しかも、ひとりで抱えて持つのも無理がありそうです。

むしろ、棚の中に隙間がとれるくらいの大きさで、軽い入れ物を使うといいでしょう。遊んだおもちゃは、その入れ物に入れてカラーボックスの棚に戻す。その方法が身に付いたあとには、おもちゃのサイズに合った小さなカゴを使ったり、引き出し式の箱を使うなど、徐々に高度なしまい方へと移行します。

おもちゃと同じように、子供服も自分で選んで着られるようになることでしょう。小さい時から親子一緒に片づけることができたらいいですね。小学生になったら、子供部屋で上手に収納してくれますよ。


※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。