日本人ののっぺり顔、海外風にホリを深く見せるには?

憧れのセレブ顔が手に入るかも!?

憧れのセレブ顔が手に入るかも!?

あこがれのハリウッドセレブの顔を観察してみると、目と眉の間隔がとても狭いことに気づきます。一方私たち東洋人の顔は、目と眉の間隔が離れていることが多く、顔をのっぺりと見せてしまう原因に。

その間隔、実はメイクで狭めて見せることができるんです! ちょっとしたテクニックだけど、目の錯覚を利用して、目と眉の距離を近く、目の彫が少し深くなったように見せるヒミツの美ワザをご紹介します。


眉頭を描き足して、眉全体の印象を下げる

たったこれだけで、ぐっと彫が深い顔立ちに!

たったこれだけで、ぐっと彫が深い顔立ちに!


いつものように眉を描いたら、眉頭から黒目の上くらいまでの部分にプラスαで眉を描き足します。自分のもともとの眉頭よりも、2~3ミリ下げて描くのがポイントです。

眉頭は眉毛が薄いので、意外と描き足しができて、後ろの眉となじませることでうまくつながります。描くときは、ペン先が丸い繰り出し式のアイブロウペンシルがおすすめ。自然な仕上がりを簡単につくることができますよ。

参考書籍

朝5分でできる簡単美ワザが55個紹介しています。ちょっとの工夫でキレイを格上げできる方法が盛り沢山なので、書籍もチェックしてみてください!

 関連記事

【特集】簡単キレイを叶える!整形レベルのメイクの小ワザ


※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※個人の体質、また、誤った方法による実践に起因して肌荒れや不調を引き起こす場合があります。実践の際には、必ず自身の体質及び健康状態を十分に考慮し、正しい方法で行ってください。また、全ての方への有効性を保証するものではありません。