キャップ女子が流行中!簡単アレンジでワンランク上のオシャレを

気温も上がり、紫外線も強くなり、日焼け対策も大切になってきますね。トレンドのキャップをファッションに取り入れている方も多いと思います。でも、キャップをかぶると髪が乱れてしまう、髪型がいまいちキマらないなど、悩みどころではないでしょうか?

今回は、そんなキャップに似合う髪型とバランスのよいかぶり方をご紹介。ただのおさげも、人気のアレンジ「くるりんぱ」を取り入れれば一気にアカ抜けた印象になります。前髪とのバランスも今っぽさのポイント。上手くできるアレンジのコツをレクチャーします!

メガネに似合う髪型・正面

hair make CHO


ベースのスタイル 

幅広めの前髪のミディアムレイヤーパーマスタイル。ストレートヘアの方は毛先のみワンカール程度巻いておきましょう!やや細めのアイロンでカールをつけた方がうまくいきますよ(ミディアムで26ミリくらいがベスト。クセのある方はそのままでOK)。

ミディアムレイヤーパーマスタイル

ミディアムレイヤーパーマスタイル



 おすすめのタイプ

顔型: すべてOK
髪量: 普通~多い
髪質: 柔らかい~やや硬い
クセ: なし~強め

 ヘアアレンジの方法・やり方

目立ちにくいシリコンゴムでゆるめに結ぶ

目立ちにくいシリコンゴムでゆるめに結ぶ


1. センターでざっくりと手ぐしで分けとり、おさげを作ります。根元から4~5センチくらい離して、ゆるめに結びます。
上から通した毛束を引き抜く

上から通した毛束を引き抜く

2. 結んだ毛束をそれぞれ、くるりんぱします。

センターの分け目に向かってひねる

センターの分け目に向かってひねる


3. 片方の毛束をセンターの分け目に向かって1回転ねじり、くるりんぱの下に入れるようにして、中央でアメピンを留めます。次の毛束を留める土台にもなるので、浮いてくるようであればアメピンを数本使いしっかりと固定させてあげましょう。

矢印の方向にねじりなが留めていく

矢印の方向にねじりなが留めていく

4. 逆サイドも同様に、毛先をねじりセンターでしっかりとめて下さい。ピンが見えていてもOKです。

片方の手でピンを止めた部分を支える

片方の手でピンを止めた部分を支える


5. 片方の手で毛束を留めた場所を抑えながら、耳の後ろあたりの毛を少量つまみ、引き出してあげると抜け感が出てカジュアルな印象になります。正面からも鏡を見ながらバランスを確認し、崩し過ぎに注意して下さい。
帽子で隠れる位置にピンを留める

帽子で隠れる位置にピンを留める


6. 前髪を薄く下ろします。前髪の量が多すぎると、キャップをかぶった時につぶれてしまい、厚ぼったい印象になってしまうので、前髪の表面を少しすくってハチ部分でアメピンで留めます。

前髪が潰れないようにやや浅めにかぶる

前髪が潰れないようにやや浅めにかぶる


7. キャップをやや浅めにかぶります。深く被ると前髪が潰れてしまうので、ちょこんと乗せる感じでかぶってくださいね!


 上手く仕上げるポイント

前髪をとり分ける量を調節すれば、印象チェンジも可能です!その日の気分によって調節してみて下さい。写真のように、ややおでこが透けるぐらいにすると今っぽく仕上がります。押さえている所あたりをピンで留めると帽子で隠すことができます。ワンポイントでメガネを合わせてもかわいいですよ!
シースルーバングになるくらいの透け感が今っぽさのポイント

シースルーバングになるくらいの透け感が今っぽさのポイント


逆サイド&正面

キャップに似合う髪型・後ろ

hair make CHO

キャップに似合う髪型・正面

hair make CHO



 使用したアイテム

シンプルな刺繍のつば曲がりのフェルト素材はキャップ女子におすすめです。夏はストロー素材のハットに変えてもかわいいですね!
a

使用したキャップ


※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。