理想の眉の形を作るには?基本のやり方と注意点

眉山・眉尻・眉頭の位置は?眉のガイドラインの決め方

(左)眉山を頂点に上がって下がる基本の眉の形、(右)自眉

眉の形を整えるために、まず基準となるガイドラインを描きましょう。眉山を頂点に上がって下がる“への字”形が基本。ラインは後で消してしまうので、柔らかくて濃い色のペンシルが◎。眉の形を左右する重要なプロセスなのでバランスに注意!

眉のガイドライン(眉山・眉尻・眉頭)の決め方



1.眉山、眉尻、眉頭を決める
基点となる眉山、眉頭、眉尻に印を。眉頭は目頭の真上への延長線上。眉山は黒目の外側と白目の外側の間に。

2.上のラインを描く
眉頭の印から眉山、眉尻へと上のラインをつなぎます。

3.下ラインを描く
眉頭のやや外側から、眉頭に向かって線が細くなるように描き、さらに眉頭から眉尻に向かって、上のアウトラインとつながるように、描きます。

4.残した眉頭の部分を描く
眉頭を鼻筋につなげます。やや太めに形をつくっておくのがポイントです。

眉山と眉頭の位置がポイント!うれしい小顔効果も

実際の仕上がりより外側にラインを描きます。そうすることで線を消した後でも微調整が可能に。顔は眉山のあたりから奥まっています。眉山をつくることで顔の奥行きをはっきりと出し、キュッと引き締まった小顔に見せます。また、顔の中心である鼻筋のラインから左右均等の位置に眉頭をつくります。顔全体のバランスが整って美人度アップ!
理想の眉バランスで小顔効果もアップ!

理想の眉バランスで小顔効果もアップ!




 

山本浩未さん プロフィール
さまざまなメディアで大人気のヘア&メイクアップアーティスト。取り入れやすいメイクテクが、幅広い年代の女性に支持される秘密。


※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※個人の体質、また、誤った方法による実践に起因して肌荒れや不調を引き起こす場合があります。実践の際には、必ず自身の体質及び健康状態を十分に考慮し、正しい方法で行ってください。また、全ての方への有効性を保証するものではありません。