「wahine」は女子、「kane」は男子

「wahine」は女子、「kane」は男子。男女の案内がハワイ語で表記されていることが多い

「wahine」は女子、「kane」は男子。男女の案内がハワイ語で表記されていることが多い

日本人にとって公共トイレが快適なのは当たり前の環境。では、ハワイのトイレはキレイなの? 安全なの? 子連れハワイで気になるおむつ替え台についても事前にチェックしておきましょう。ちなみにハワイ(アメリカ)では、公共のトイレを「レストルーム(restroom)」と呼びます。

公共施設のトイレ

おむつ替え台、休憩コーナーもあるアラモアナセンター4階のトイレ

おむつ替え台、休憩コーナーもあるアラモアナセンター4階のトイレ

空港やショッピングセンター、博物館など公共施設のトイレは、日本ほどこまめに掃除はしていないものの、比較的清潔。トイレットペーパーと紙の便座シートが用意されています。便座が高いため、小さなお子さんは敷いた便座シートの上に上手く座ることができないかも。除菌のウエットティッシュを携帯すると安心です。ちなみに、トイレットペーパーは流せるのでご安心を。

安全面について心配することはありませんが、ハワイも外国。ひと気のない奥まった場所にあるトイレは避け、利用者の多いトイレを選びましょう。防犯のため個室のドアは上下があいて、足元が見えるようになっています。

ハワイのおむつ替え台のこと

柔らかいシートが付いたおむつ替え台は珍しい。こちらは、ワイキキの「T ギャラリア ハワイ by DFS」

柔らかいシートが付いたおむつ替え台は珍しい。こちらは、ワイキキの「T ギャラリア ハワイ by DFS」

多くの公共施設の女子トイレ、そして、家族で利用できるファミリートイレの壁には、折り畳み式のおむつ替え台が設置されています。ただし、プラスチック製の簡易的なものなので、シートが固かったり衛生面も気になるところ。スポーツタオルなどを敷いて利用することをおすすめします。>>>子連れハワイ旅行のノウハウ・現地編

ワイキキのトイレ事情

1927年開業「ロイヤル・ハワイアン」のクラシカルなレストルーム。ホテルのトイレを見学するのも楽しいもの

1927年開業「ロイヤル・ハワイアン」のクラシカルなレストルーム。ホテルのトイレを見学するのも楽しいもの

ワイキキの大通り、カラカウア通りでトイレに困ることはありません。通りに連なるホテルやショッピングセンターのトイレを利用しましょう。おむつ替え台付きのトイレはホテルロビーにもありますが、入りやすいのは、ロイヤル・ハワイアン・センター2階「パイナラナイ」(フードコート)の女子トイレとファミリートイレ、T ギャラリア ハワイ by DFSの女子トイレ。いつも清潔なので、覚えておくと便利ですよ。

リピーターはここを利用する! アラモアナセンターの豪華トイレ

ニーマン・マーカス3階の女性トイレは、ソファが置かれたラウンジコーナー付き。ベビーカーを押したまま入ることができる広い個室も完備

ニーマン・マーカス3階の女性トイレは、ソファが置かれたラウンジコーナー付き。ベビーカーを押したまま入ることができる広い個室も完備

誰もが一度は訪れるアラモアナセンター。センター各階にトイレはあるものの、リピーターが利用しているのは、デパートのゴージャスなトイレです。おむつ替え専用スペースやソファが置かれたラウンジコーナーもあり、授乳もOK。ゆっくり過ごすことができます。>>>アラモアナセンターの豪華おむつ替え・授乳スポット

鍵を借りて入るトイレもある

ローカルタウンの小さなスーパーやレストランでは、防犯のためトイレに鍵をかけている場合があります。使用したいときは、店の人にひと声かけて鍵を借りましょう。

ビーチ、公園などの公衆トイレ

旅行者に人気のカイルア・ビーチパーク。トイレを利用する時は、ひとりで行かないようにしよう

旅行者に人気のカイルア・ビーチパーク。トイレを利用する時は、ひとりで行かないようにしよう

ビーチや公園の公衆トイレは衛生的ではありませんし、治安上気を付けなければならない場所です。ビーチの駐車場では、日常的に車上荒しが起きている状況です。万一トイレを利用する際には、周囲の環境をよく確認して利用すること。ドライブ途中にショッピングセンターやレストランなどで済ませておくのが良いでしょう。

保存

「子供だけでトイレ」はタブー!

ハワイでは、12歳以下の子供を13歳以上の付添い人なしでひとりにすることがタブーとされています。もちろん子供だけでトイレに行かせるのもNGなので気をつけて。詳しくはこちらで紹介しています>>>子連れハワイ旅行のノウハウ・現地編