冬物

セーター、手袋、マフラー、ストール……気づいたら穴だらけ……一体、なぜ?

ヒメマルカツオブシムシ」という虫の名前を聞いて、「知ってる知ってる!」という人は、既にこの虫による甚大な被害――ウールやシルクの衣類が食われて穴だらけ――に遭ってしまったことがあるか、よほど近しい人が困っているのを見聞きしたような場合なのではないでしょうか。

その名を知らずに済むなら、それに越したことはない。「ヒメマルカツオブシムシ」とはそんな害虫です。


ヒメマルカツオブシムシとは?種類って?

テントウ虫

※写真はテントウ虫です※

ヒメマルカツオブシムシ。漢字で書くと「姫丸鰹節虫」、こう見るとなんとなく可愛いっぽい字面ですが、この虫の及ぼす被害は甚大になりがちで、かつエグいものなので決して侮ってはいけません。

ヒメマルカツオブシムシは、節足動物門 昆虫網 コウチュウ翅目 カツオブシムシ科 マルカツオブシムシ属の昆虫。成虫は体長3ミリほどで、一見したところ「小さくて茶色いまだらのテントウ虫っぽい」外見をしています。

全世界に広く分布しており、衣類(特に羊毛、絹製品)の代表的な害虫として知られています。

また、同様に羊毛や絹によるじゅうたん、毛皮、羽毛、毛ブラシ、毛筆。またその名にもあるように鰹節、干し魚、蚕繭(蚕が作る繭)、生糸、皮革、小動物の標本(昆虫、剥製)など、広く乾燥物質を食い荒らし、家庭以外に貯蔵食品や製粉、飼料工場などでも多く見られる虫です。

この成虫はよく初夏、マーガレットなどの白い花に集って蜜を吸っているのが見られますが、私たち(の服)に害を及ぼすのはこの成虫そのものではなく、産卵され孵化したあとの幼虫です。


ヒメマルカツオブシムシの生態(卵、幼虫、成虫)

マーガレット

マーガレットなどの中央部にたくさん集っている小さい虫、それがヒメマルカツオブシムシであることが多いのです

ヒメマルカツオブシムシは、幼虫の姿で加害物(衣類など)の中や近くに潜んで越冬。春から初夏にかけて蛹、成虫となって産卵、孵化し、幼虫のまま8~10ヶ月を過ごします。

基本的に1年1世代ですが、幼虫期間の栄養状態によっては幼虫のまま2年近く過ごすこともあります。

成虫の寿命は1ヶ月程度で、1匹のメスによる産卵数は80~90。加害物1カ所につき10粒程度ずつ産卵します。卵を守るためか、毛羽だってふっくらした暗い場所を好んで産卵することが確認されています。

孵化したヒメマルカツオブシムシの幼虫は、茶色っぽい太目の毛虫(体長4~5ミリ)といった外見で、こういった細長い虫に弱い人には、目にしただけでも心が折れかねない嫌な雰囲気があります。

孵化後、潜みつつ羊毛や羽毛、生糸(動物性繊維)のほかレーヨンやキュプラ(再生繊維)も食害されやすいのですが、綿や麻(植物性繊維)、ポリエステルやアクリル(合成繊維)は多くありません。幼虫に消化されにくいためと言われています。