手軽に取り入れられるフード&ドリンクで美しさをキープ!

手軽に取り入れられるフード&ドリンクで美しさをキープ!


朝から晩まで怒涛の仕事大会。ものを食べる余裕すらまったくない…! そんなあなたのレスキュー美容食を紹介します。どんなに忙しいときでも手軽に美を摂取できますよ。

乾燥肌には食べるモイスチャー美容液「ヨーグルト」

潤い肌にヨーグルト

潤い肌にヨーグルト


肌がカサカサ、メイクののりも最悪……。そんなときに、すかさず食べたいのが「ヨーグルト」。

しっとりした、うるもちプリ肌の要となるのは、中医学でいうところの「肺」という臓器。肺は皮膚との関連が深く、肌に潤いを与えたり、その表面をガードすると考えられています。よって、肺の働きが弱ると肌にその状態が現れて、肌がカサついたり、シワができやすくなるのです。要は、いくら顔面に高級クリームを塗っても、肺が潤っていなければ意味がない! ということ。

ヨーグルトは、肺を潤してみずみずしい肌に導きます。まさに食べる「モイスチャー美容液」食材。朝食やおやつに取り入れて、こまめな保湿を♪

アンチエイジングに貢献するスーパー食材「海苔」

アンチエイジングの強い味方・海苔

アンチエイジングの強い味方・海苔


最近、なんだか老けこんだ気が……。 「エイジレス美女」を目指すなら「海苔」に注目!

老化は、中医学で「腎」とよばれる臓器との関わりが深いとされています。腎は全身のエネルギーをためておく臓器。ここが弱るとシワ、白髪、足腰の衰えなど一気に老化が加速するのです。

腎の働きを強化するのにおすすめなのが、海藻類。生命力や気力を養い、若々しさを保つ大きなパワーがあるのです。海藻類で「キング・オブ・てっとり早い」といえば、海苔! 朝食でごはんのおともに、昼食にはおにぎり、おやつにはコンビニの韓国海苔、夕ごはんにはもみのりを料理に散らすと、本当に便利に使えます。日本が誇る「若返りシート」で時計の針を逆回ししましょう。

顔色アップ、肌のくすみを解消。モテ顔をつくる「レーズン」

イキイキした肌をつくるならレーズン

イキイキした肌をつくるならレーズン


顔色が悪い、肌のくすみや肌荒れが気になるときは「レーズン」がおすすめ。

血は女性にとって肌や髪に栄養を与える「体内美容液成分」。顔色が悪かったり肌があれていると、幸の薄そうな「非モテ顔面」一直線! 湯あがりのような天然チーク入りのうる肌になりたいなら、造血ビューティーを忘れずに!

ぶどうは血を増やすパワーがあるフルーツ。シーズンでなくても、レーズンならいつでも食べられます。おやつに造血サプリとして常備して、イキイキした美肌を目指しましょう。

シミ、そばかすを撃退する白活フード「らっきょう」

美白に役立つ、らっきょう

美白に役立つ、らっきょう


これからの季節、憎きシミ、そばかすは外からのケアも大切ですが、身体の中から食べる「白活」も大切!

中医学では、シミ、そばかすは血の巡りの悪さが原因であるとしています。血が身体のすみずみにまで行き渡らないと、新陳代謝が下がって老廃物がたまり、シミ、そばかすができやすくなってしまうのです。

シミ、そばかすに効果的なのは薬膳でいうところの「活血」食材。文字通り、滞った血の巡りを改善してくれます。おすすめは「らっきょう」。血を散らして巡らせるというパワフルな効果があるのです。カレーの薬味にどっさりのせたり、家飲みのおつまみにと、美白の友としてポリポリ摂取を♪

緑のパワーをまるごと手軽にチャージできる「青汁」

乳酸菌と緑のパワーを取り入れられる「乳酸菌が入った青汁」

乳酸菌と緑のパワーを取り入れられる「乳酸菌が入った青汁」


食べるのもさることながら、もっともお手軽なのが「ドリンク」! 忙しすぎる毎日、オフィスでも、外出先でも体内に美を投入するなら飲むのが一番です。

おすすめは「青汁」。手軽に緑のパワーを身体にチャージできます。

世田谷自然食品の「乳酸菌が入った青汁」は、農薬や化学肥料を一切使わず力強く育った、ビタミン、ミネラルが豊富な国産大麦の若葉と、食物繊維が豊富な北海道産クマザサをブレンドした青汁です。

青汁には、さらに植物性乳酸菌・ラクトバチルスカゼイ菌もプラス。乳酸菌と野菜の栄養素が一気に取り入れられる凄ワザドリンク♪ 抹茶粉末も入っているので、さわやかな飲み口で、毎日美味しく続けられそうな味わいです。詳しくはこちらをご覧ください!

取材協力:世田谷自然食品

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※個人の体質、また、誤った方法による実践に起因して肌荒れや不調を引き起こす場合があります。実践の際には、必ず自身の体質及び健康状態を十分に考慮し、正しい方法で行ってください。また、全ての方への有効性を保証するものではありません。