自分の「暴飲暴食」の原因と理由を知ろう

暴飲暴食の原因は「意志の弱さ」だけではなく、別の理由があります!

暴飲暴食対策はまずは自分のタイプを知ることから!

ダイエット中の暴飲暴食は、男性よりも女性に多く見られ、多くのダイエッターにとって大きな悩みの種。「食べない!」という我慢勝負のダイエットでは続きませんよね。ダイエットに成功するためのポイントは、「自分の暴飲暴食のタイプを知る」こと。タイプ別原因とダイエット方法をご紹介します。

人はなぜ食べ過ぎてしまうのでしょうか。あなたの意志の強さ、弱さにかかわらず、必ず原因があります。

たとえば、甘いものはに体のストレスを緩和させる働きがあります。甘いものを食べると分泌される「セロトニン」は、別名「幸せホルモン」と呼ばれているだけあって、その効果で「ほっ」と気持ちがリラックスします。甘いものにそのような作用があることを体は知っていて、ストレスがたまると「甘いものが食べたい!」という欲求を引き起こすのです。

その他にも、女性ホルモンの働き、習慣や癖、環境も暴飲暴食に関係しています。どの原因が自分の暴飲暴食を引き起こしているのか、早速チェックしていきましょう。


暴飲暴食の原因を知る、タイプ別テスト

ついつい食べ過ぎちゃった……それは「意志の弱さ」以外にも原因があるかも。

ついつい食べ過ぎちゃった……それは「意志の弱さ」以外にも原因があるかも。チェックしてみて!

下記に、A~Eの項目に分けたチェックボックスがあります。当てはまるものすべてにチェックを入れていきましょう。

A~Eのなかで、2つ以上チェックが付いているものが、あなたの暴飲暴食を引き起こしている原因です。複数の項目に当てはまる人もいるでしょう。まずは、チェックテストから始めてみてください。


A: 2つ以上当てはまる人はこちらへ
□いつも食べたいのに我慢して食事量を減らしている
□四六時中、食べる事ばかりを考えている
□ダイエットが嫌いで、食事制限も運動も苦手


B: 2つ以上当てはまる人はこちらへ
□仕事、人間関係、個人的な悩みなど、長期間悩んでいる事がある
□ネガティブ思考
□言いたいことをはっきり言えず、周りに流されやすい


C: 2つ以上当てはまる人はこちらへ
□排卵期になると空腹感が強くなり、たくさん食べてしまう
□月経期になると空腹感が強くなり、たくさん食べてしまう
□月経トラブルがある(不順、止まっている)


D: 2つ以上当てはまる人はこちらへ
□自宅や職場にはいつもお菓子のストックがあり、食べたい時にいつでも食べられる
□ご飯を食べ終わったあとは、必ず何か甘いものを食べないと落ち着かない
□イライラした時、暇な時、口寂しいときなどに、ついお菓子を食べてしまう


E: 2つ以上当てはまる人はこちらへ
□ダイエットを続けられる環境ではない。
(例:一緒に住む家族の嗜好や食事作りの関係から、ダイエット食に切り替えることが難しい、仕事の関係で、断れない付き合いによる外食の機会が多いなど)
□ダイエットをしたくても時間の確保ができず、いつも計画倒れ
□ダイエット食品やスポーツジムなど、ダイエットは何かとお金がかかるため実践できない


 >>A~Eのどれに多くチェックが入りましたか? すべての診断結果は次のページです