ドイツの入浴剤はここがすごい!3つの理由

bath

バスソルトにオイル、クリーム、それにパティスリーまで!バラエティ豊富なドイツの入浴剤

ドイツの入浴剤はびっくりするほど種類が豊富。世界的に見てもこんなに充実している国はちょっとないんじゃないかと思います。これはお風呂好きな日本人にとってはとても嬉しいこと。とくに長く厳しい冬の間は、入浴剤の癒し効果は絶大です。仕事や家事で疲れ気味だったり、ストレスや悩みを抱えているみなさん、ぜひドイツの入浴剤で癒されてください!

「ドイツの入浴剤は、本当にイイ! 」と日々実感しているガイド。おすすめするそのワケは……

・自然素材なので安心して使える
bath3

ドイツはバスオイルも豊富

ドイツの入浴剤の多くは、ハーブや花々などの植物成分、天然素材にこだわってつくられています。製造者・消費者ともに環境意識が高く品質のチェックも厳しいため、安心して使うことができます。

・様々なタイプが揃っている
日本で入浴剤というと顆粒状のバスソルトが主流ですが、ドイツではバスオイル、バスクリームなど様々なタイプの入浴剤が揃っています。これは空気が乾燥しやすいうえに水が硬水なドイツならではかもしれません。乾燥肌に悩まされているガイドも、お風呂に浸かりつつ油分を補えるバスオイルを愛用しています。

・薬用効果が期待できる
古くからハーブ療法や温泉療法が盛んなドイツでは、お風呂=健康促進というイメージが強く、入浴剤にも薬用効果を謳ったものが多いのが特徴。「Erkältung(風邪に)」、「Gelenk&Muskel(関節と筋肉に)」など「○○に効く」とされる商品が揃っていて、体調に合わせて選ぶことができます。

お土産におすすめ! ドイツの入浴剤が買えるお店は?

bath2

ドイツで入浴剤を買うならドラッグストアへ。各メーカーの多種多様な入浴剤がずらり!

最近は日本で購入できる商品も増えてきましたが、当地ドイツではさらに種類が豊富。値段も安いのでお土産にぴったりです。1回分の小さいサイズも揃っているので、ホテルにバスタブが付いていたらぜひ試してみてください。旅の疲れも吹き飛びますよ。

ドイツで入浴剤を購入するならドラッグストアが一番。「デーエム dm」「ロスマン ROSSMANN」「ミュラー Müller」といった全国チェーンのドラッグストアならたいていの街で見つけられるはず。このほか、スーパーや薬局にも種類は少ないですが置いています。

ここではドイツの4つのメーカーから、ガイドが実際に愛用している入浴剤や、おすすめ商品を使用感とともにご紹介。日本で取り扱いがある商品も多いので、購入の際の参考にしていただけると嬉しいです。とはいえ好みや体質は人それぞれですから、ご自分に合ったものを見つけてくださいね。

それでは、次のページからガイドおすすめの入浴剤をご紹介していきましょう。