ヨーロッパ屈指のドイツの温泉保養地、バーデンバーデン

バーデンバーデン/ドイツの温泉保養地

しっとりと優雅な雰囲気の漂うバーデン・バーデンの街。ヨーロッパ屈指の温泉保養地で身も心も癒されよう!

「バーデン」はドイツ語で入浴や温泉を意味します。バーデン・バーデン(Baden-Baden)はその名のとおり温泉リゾートとして知られる町。この地で温泉が発見されたのはおよそ2000年前の紀元前後のこと。ホテルや温泉施設が整った18~19世紀になると世界中から王侯貴族や文化人がこぞって訪れるようになり高級温泉保養地として発展しました。

バーデン・バーデンは世界中からゲストを迎える高級リゾートにふさわしく、ホテルやレストラン、ショッピングにエンターテインメントまで質の高いものが豊富に揃っています。スパ施設完備の超一流ホテルに泊まって星付きのレストランで食事、夜はドレスアップして観劇に出かけたりカジノで運だめし……と思いっきり優雅な世界を体験することも可能です。
hotel

質の高いホテルが多いバーデンバーデン。写真の「ホテル・マグネットベルク」は手頃な価格で絶景付き

高級なイメージがあるバーデン・バーデンですが、温泉施設でのんびり一日過ごしたり周辺のぶどう畑や森歩きを楽しんだりと、あまりお金をかけなくても贅沢な時間を過ごすことができます。バーデン・バーデンを楽しむ秘訣は、急ぎ足で観光せず「ゆっくり休む」を目的にすること。できれば2~3日は滞在して豊かな自然とすばらしい温泉を満喫し身も心も癒されてください。

<目次>  

ドイツ・バーデンバーデンへのアクセス

フランクフルト中央駅からバーデン・バーデン駅までは2時間ごとにある直通のICEで約1時間20分。その他の列車はカールスルーエで乗り換えて約1時間40分。シュトゥットガルト中央駅からICでカールスルーエ駅で乗り換えて約1時間20分。バーデン・バーデン駅下車後は201番のバスで街の中心のレオポルド広場まで約10分。
 

風情ある温泉街を散策しよう

center

レストランやショップが集まる中心地。高級保養地らしい雰囲気たっぷりの街をのんびり散策しよう

バーデン・バーデンは規模からすると小さな街。主な見どころは街の中心のレオポルド広場から徒歩圏内にあります。

ショップやレストランが集まるのは歩行者天国のランゲ通り(Langestr.)周辺。レオポルド広場から北東に伸びるゾフィーエン通り(Sophienstr.)は高級ブランド店が並ぶシックな道。広場を南西に進んでオース川を渡るとクアハウスが見えます。ここからオース川に沿って南に伸びるのがリヒテンターラー・アレー(Lichtentaler Allee)。美術館や瀟洒なホテルが点在する並木道はお散歩にぴったりです。

バーデン・バーデンはグルメな保養地として人気の黒い森エクスカーションの拠点ともなる街。森林浴や山歩き、冬はスキーと楽しみがいっぱいです。自然の恵みを享受して心も体もリフレッシュしましょう!

観光客でも利用しやすいバーデン・バーデンの温泉施設をご紹介します。
 

極上の温泉を堪能しよう!

baden

温泉めぐりで心身ともにリフレッシュ!写真は「フリードリヒスバード」(C)Baden-Baden Kur&Tourismus GmbH

バーデン・バーデンには様々な温泉が楽しめる大きなクア施設が二か所あります。「カラカラ・テルメ」は、屋内外の温水プールなど7種類の温泉施設と各種サウナに加えてマッサージなどのウェルネスプログラムも充実した近代的な施設。隣接するもう一つの施設「フリードリヒスバード」はルネッサンス様式の豪華な浴場。レジャー感覚のカラカラ・テルメに対して、より療養的要素のある大人のための温泉です。どちらも素晴らしい施設なのでできることなら両方体験することをおすすめ! 温泉好きならやはり二日は滞在したいところですね。

<DATA>
Caracalla Therme
住所:Römerplatz1
TEL:07221-275940
営業時間:8:00~22:00
入場料:1,5時間15ユーロ~
アクセス:レオポルド広場から徒歩5分

Friedrichsbad
住所:Römerplatz1
TEL:07221-275920
営業時間:9:00~22:00 ※火・水・金・日祝日と2/14は混浴
入場料:基本パック25ユーロ(3時間) ウェルネスパック37ユーロ(3.5時間利用で石鹸マッサージ付き)ほか
アクセス:レオポルド広場から徒歩5分
 

湯治客のための社交場、クアハウス

casino

カジノの入口は建物に向かって左側。一歩足を踏み入れると豪華絢爛な別世界が広がっています

街の中心で一際目立つ白亜の建物はバーデン・バーデンの顔ともいえるクアハウス。カジノやコンサートホール、レストランなどが完備された温泉宿泊客のための娯楽施設です。

「世界で最も美しいカジノ」とマレーネ・ディートリッヒが絶賛し、ドフトエフスキーが通ったことでも知られる豪華絢爛なカジノは一見の価値あり。見学ツアーもありますがここはひとつ、本物のカジノの雰囲気を味わうために夜のゲーミングタイムに入場してみましょう。実際に賭けなくても見るだけでも十分楽しめます。ガイドも一度潜入してみたのですが、想像を絶する別世界が繰り広げられていておもしろい社会科見学ができましたよ。

カジノに入場する際はパスポートが必要です。男性はジャケットとネクタイもお忘れなく。女性は服装規定が無いのでラフな服装の人もいますが、せっかくの機会なのでちょっとオシャレして気分を盛り上げたいですね。

<DATA>
Casino Baden-Baden(カジノ)
住所:Kaiserallee 1
TEL:07221-30240
営業時間:日~木曜14:00~翌2:00 金・土曜 14:00~翌3:30 午前中はガイドツアーあり
入場料:5ユーロ 賭け金2ユーロ~
アクセス:レオポルド広場から徒歩3分
 

トリンクハレ

trink

壁に描かれたフレスコ画が見事なトリンクハレ。観光案内所では各種チケット手配もしてもらえます

クアハウスに隣接する古代ギリシャ風の建物、トリンクハレ(飲泉場)。入口の回廊にはこの地方の伝説を描いたフレスコ画があり、古くから飲泉健康法があったことがうかがえます。中には温泉水が出る水道があるのでぜひ飲んでみましょう。しょっぱくて変わった味ですが、17000年もの昔から湧き出ていると聞くとなんだか効きそうな気がしてくるから不思議。館内には観光案内所のほかウィーン風のカフェも併設されています。

<DATA>
■Trinkhalle
住所:Kaiserallee 3
TEL:07221-275200
営業時間:(観光案内所)月~土曜 10:00~17:00 日祝日14:00~17:00
アクセス:レオポルド広場から徒歩3分

続いては、美術館やオペラハウスなどバーデン・バーデンの観光スポットをご紹介します。
 

フェストシュピールハウス(オペラハウス)

opera

駅舎の建物をいかした設計のオペラハウスは規模の大きさだけでなく音響設備も世界一との評判

1998年にモダンなコンサートホールとして生まれ変わった建物は、かつてはバーデン・バーデンの駅だったもの。ネオ・ロマネスク様式の駅舎の建物はそのままに、ベルエポックと現代のアヴァンギャルド建築が見事に融合。客席数2500席というヨーロッパ第二の規模を誇るオペラハウスには最新の音響設備が整い世界中の著名な音楽家から称賛されています。

<DATA>
Festspielhaus
住所:Beim Alten Bahnhof 2
TEL:07221-30130
アクセス:レオポルド広場から徒歩10分
営業時間と入場料は演目によって異なる
 

フリーダー・ブルダ・コレクション美術館

museum

自然光をふんだんに取り入れたリチャード・メイヤー設計の建物はモダン建築の傑作と評判

2004年にオープンして以来国際的に高い評価を受け、バーデン・バーデンの新名所ともなっているフリーダー・ブルダ美術館。出版社のオーナーであるブルダ氏が私財を投じて作ったという美術館には、近代から現代まで550点もの見ごたえある作品が収められています。なかでもゲルハルト・リヒター、ゲオルグ・バーゼリッツ、ジグマー・ポルケといった戦後ドイツのコレクションが充実。ピカソの晩年の作品も揃います。

<DATA>
Museum Frieder Burda
住所:Lichtentaler Allee 8b
TEL:07221-398980
営業時間:火~日曜10:00~18:00 月曜休館
入場料:14ユーロ
アクセス:レオポルド広場から徒歩3分
 

世界初のファベルジェ美術館

faberge

贅を尽くしたファベルジェの世界。入場券(写真右上)は本物の紙幣のようにセキュリティ入りで作ったという徹底ぶり

帝政ロシア時代の宝石デザイナーでロシア皇室御用達だったファベルジェの、世界初の美術館が2009年にオープン。有名な『ファベルジェの卵(※)』(※オークションで数十億円で取引されるという金銀宝石で装飾されたイースター・エッグ)をはじめ、精巧な宝飾品や工芸品など贅を尽くした作品が約700点も展示されています。これらはすべてロシアの大富豪、イワノフ氏の個人コレクションというからびっくり仰天!

<DATA>
Faberge Museum
住所:Sophienstr. 30
TEL:07221-970890
営業時間:10:00~18:00
入場料:18ユーロ
アクセス:レオポルド広場から徒歩3分
 

絶景が望めるアルテス・シュロス(旧城)

schloss

がんばって歩いて良かった!と思える絶景が待っているアルテス・シュロス。廃墟好きにはたまりません

街を見下ろす岩山の上に廃墟となって残るのは、かつてのバーデン・バーデン辺境伯の居城。壁や骨格だけが残された姿はどこか神秘的な美しさがあり、人気の観光スポットとなっています。城壁の上はバーデン・バーデンの市街地や黒い森、ライン川の向こうのフランス・アルザスまでもが一望できる絶景ポイント。城内にはカフェ・レストランがあり食事もできます。街の中心から車で5分、歩いても1時間半くらいなのでハイキング・コースとしても最適です。

<DATA>
■Altes Schloss
住所:Alter Schlossweg 10
TEL:(カフェ)07221-26948
営業時間:(カフェ)11:00~22:00 月曜定休
アクセス:レオポルド広場から徒歩で1時間強
 

バーデンバーデンのクリスマスマーケット

markt

バーデン・バーデンはクリスマスマーケットもおすすめ。しっとり大人の雰囲気でグルメも楽しめます

バーデン・バーデンはクリスマスマーケットもとても素敵です。規模はそれほど大きくありませんが、しっとりと落ち着いた雰囲気は保養地ならではの魅力。ドイツでは珍しく年末年始も開催されているのも嬉しいポイントです。フランスとの国境に近いので、ストラスブールのクリスマスマーケットまで足を伸ばしてみるのもおすすめですよ。

■BADEN-BADENER CHRISTKINDELSMARKT
開催期間:2019年11月28日~2020年1月6日

取材協力:バーデン・バーデン観光局 バーデン・ヴュルテンベルク州観光局

【関連記事】
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※海外を訪れる際には最新情報の入手に努め、「外務省 海外安全ホームページ」を確認するなど、安全確保に十分注意を払ってください。