レジャー感覚で楽しめる温泉、カラカラ・テルメ

caracara

隣国フランスやスイスをはじめ世界中から観光客がやってくる人気の温泉 (C)CARASANA

1874年に発見され、古代ローマのカラカラ帝も訪れたというカラカラ浴場。1985年に現在のような近代的クア施設がオープンし、世界中から観光客を集めています。

約4000平米という広大な敷地に、各種温泉プールやサウナ、カフェなどが集まるカラカラ・テルメは、お隣の温泉施設「フリードリヒスバード」にくらべて、よりレジャー感覚の強い施設。プールゾーンは水着着用なので、グループや家族みんなでわいわい楽しむことができます。

カラカラ・テルメはサウナも大充実。ドイツのサウナは男女混浴が基本ですが、これが日本人にはハードルが高いようで、サウナではあまり日本人を見かけません。だけどサウナ好きの人には、ぜひともドイツの素晴らしきサウナを体験してほしい! 観光客が多く設備も整っているカラカラ・テルメは、初心者でもトライしやすくサウナ・デビューには最適ですよ。

こちらの記事も参考にどうぞ>>>ドイツの温泉・サウナ

バーデ・ゾーンの楽しみ方

caracara2

屋外の流れるプールも広々として開放感たっぷり。夜になると湯煙に包まれてムーディな雰囲気 (C)CARASANA

カラカラ・テルメは、1階のバーデゾーン(水着着用)と2階のサウナゾーン(水着着用不可)に分かれています。脱衣ブースで水着に着替え、荷物をロッカーに入れたら、まずは1階の浴室へ向かいます。浴槽に入る前にシャワーを浴びましょう。

ガラス張りの浴室は、自然光がたっぷり入って明るく開放的な雰囲気。ヨーロッパ最大という屋内温泉プールのほか、打たせ湯のある洞窟風呂、アロマ・スチームバスなど揃い、屋外にも流れるプールやジャグジーがあります。ドイツの温泉は全体的に水温が低く、日本人にはぬるく感じられると思いますが、ここの洞窟風呂は比較的温かくておすすめです。

サウナゾーンの楽しみ方

caracara3

ドイツのサウナの充実度はすごい! 森に囲まれた山小屋風サウナはぜひ体験してみて! (C)CARASANA

温泉を堪能した後は、いよいよサウナゾーンへ。螺旋階段を上がり、2階の入口付近で水着を脱ぎます。サウナゾーンでは、休憩や移動時に体を冷やさないためにバスローブが必需品。また、サウナに入る時は汗が木材に付かないよう、体の下にバスタオルを敷くのがマナーです。タオルやバスタオルは有料で借りることもできますが、ホテルにある場合は持参しましょう。

サウナゾーンには、スチームサウナやアロマサウナなど8種類ものサウナが揃います。屋外の山小屋風サウナは、すぐそこに森があって開放感たっぷり。屋外サウナへ行く途中には露天風呂もあって、日本人としては嬉しい限り(※入る前にシャワーを忘れずに)。サウナ好きなら片っ端から試してみたくなると思いますが、適度に休憩を挟みつつ、水分補給を忘れずに。温かいベッドが並ぶソラリウムやリラックススペースで、ゆっくり体を休めましょう。

ドイツのサウナでは、スタッフがストーブにアロマウォーターをかけて蒸気を発生させ、タオルを振り回してゲストに熱風を送ってくれる「アウフグース」というサービスがあります。だいたい1~2時間ごとに行われるので、プログラムをチェックしてみてくださいね。

<DATA>
Caracalla Therme
住所:Römerplatz1, 76530 Baden-Baden
TEL:07221-275940
営業時間:8:00~22:00
入場料:14ユーロ(2時間)~
アクセス:レオポルド広場から徒歩5分
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※海外を訪れる際には最新情報の入手に努め、「外務省 海外安全ホームページ」を確認するなど、安全確保に十分注意を払ってください。